Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Rook v1.1を使おう!新機能の紹介

Cd891a89dfec6ca7bd278b5f5bd87c90?s=47 tzkoba
November 26, 2019

Rook v1.1を使おう!新機能の紹介

【前夜祭】CloudNative Days Kansai 2019 MeetupのLT用スライドです。

Cd891a89dfec6ca7bd278b5f5bd87c90?s=128

tzkoba

November 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. @tzkb Rook v1.1を使おう! 新機能の紹介 CloudNative Days Kansai 2019 Meetup ,

    2019/11/27
  2. 2 最近やっていること • Cloud Native Days Tokyo 2019 “Cloud Native

    Storageが拓く Database on Kubernetesの未来” • PGConf.Asia 2019 “Building PostgreSQL as a Service with Kubernetes” + =∞
  3. 3 知ってますか?

  4. 4 (念のため)Rookとは • マルチなストレージ・プロバイダに対応した、データストア・ オーケストレータ。 Storage Provider 種別 ステータス 概要

    Ceph ストレージ Stable 分散ストレージ (Block/File/Object) Cockroach DB DB Alpha OSS版Spannerを目指す分散DB Minio ストレージ Alpha 簡素なオブジェクトストレージ EdgeFS ストレージ Stable Gitに似たGeoスケールのFS Cassandra KVS Alpha NoSQLの代表格、分散KVS NFS FS Alpha 共有ファイルシステム Yugabyte DB DB Alpha PostgreSQL互換の分散DB
  5. 5 :Ceph(RBD)をdeployした際の構成例 • Rookは以下の3つのレイヤで構成される。 operator agent/discover agent/discover agent/discover osd osd

    osd mon mon mon CSI csi-provisioner csi-rbdplugin csi-rbdplugin csi-rbdplugin Rook [Orchestration] • Storage Providerの管理 [Storage Provisioning] • CSIドライバが、Podとスト レージの接続を媒介 [Storage Provider] • Block/File/Objectストレージ やデータベースを構成
  6. 6 9/13、Rook v1.1がリリース! 以下の新機能が追加された。 • PVC-based OSDs/MONs • external Ceph

    cluster • Dynamic Bucket Provisioning • EdgeFS to v1 stable • YugaByte DB 現在、最新版はv1.1.7
  7. 7 (新機能①)PVC-basedとはどういうことか? Node Node (右) PVC-based • v1.1から。 • MON/OSDは

    PVC経由で外部 ストレージを アタッチ。 • 特別なNodeは 不要になる。 • Pod移動時にPVが 追随できる。 OSD MON OSD MON operator agent/discover operator agent/discover (左) Host-based • 従来型。 • MON/OSDは Node上のdirを 参照。 • Workerに RAWデバイスが 必要。 • dirは移動できず、 Podも移動不可。
  8. 9 やってみた、PVC-based Rook/Ceph(1) $ kubectl get -n rook-ceph pvc NAME

    STATUS VOLUME CAPACITY ACCESS MODES STORAGECLASS AGE rook-ceph-mon-a Bound pvc-54e63d13-d0b5-XXX 10Gi RWO gp2 2d rook-ceph-mon-b Bound pvc-42a7bdb4-5caf-XXX 10Gi RWO gp2 2d rook-ceph-mon-c Bound pvc-b1c81bca-000f-XXX 10Gi RWO gp2 2d set1-0-data-mfp9t Bound pvc-7942ac5e-765a-XXX 10Gi RWO gp2 2d set1-1-data-2shjq Bound pvc-1042ebf7-c194-XXX 10Gi RWO gp2 2d set1-2-data-pcjqd Bound pvc-586ae884-d853-XXX 10Gi RWO gp2 2d • MONで3つ、OSDで3つのPV/PVCが作成される。
  9. 10 やってみた、PVC-based Rook/Ceph(2) $ kubectl describe -n rook-ceph pvc set1-0-data-mfp9t

    Name: set1-0-data-mfp9t Namespace: rook-ceph StorageClass: gp2 Status: Bound Volume: pvc-7942ac5e-765a-409f-xxx Labels: ceph.rook.io/DeviceSet=set1 ceph.rook.io/DeviceSetPVCId=set1-0 ceph.rook.io/setIndex=0 Annotations: pv.kubernetes.io/bind-completed: yes pv.kubernetes.io/bound-by-controller: yes volume.beta.kubernetes.io/storage-provisioner: kubernetes.io/aws-ebs Finalizers: [kubernetes.io/pvc-protection] Capacity: 10Gi Access Modes: RWO VolumeMode: Block Mounted By: rook-ceph-osd-1-5dd48685fd-48tj8 rook-ceph-osd-prepare-set1-0-data-mfp9t-nw48q • Raw Block Volumeが使われている。 普通はここがFileSystem
  10. 11 (参考)Raw Block Volumeとは https://qiita.com/tzkoba/items/fb9ccab311b8d7956a6f

  11. 12 PVC-basedなRook/Cephのユースケース • KubernetesによるStorage as a Serviceの実現に近づく。 • Storageを抽象化、CSIで外部 へVolumeを提供。

    • STaaS内ではNodeとVolumeが 分離され、復元力が高い。 << 課題 >> • Storageが機能過多(=高コスト) • コントローラはCephが担当、 データを冗長化&分散。 STaaS
  12. 13 (新機能②)Yugabyte DBとは? • ACIDなトランザクションをサポートし、Geoスケールに分散が 可能な、スケールアウト型のデータベース。 tablet3 tablet2 tablet1 tablet4

    tablet2 tablet1 tablet4 tablet3 tablet1 tablet4 tablet3 tablet1 Distrbuted Txn Mgr Distrbuted Txn Mgr Distrbuted Txn Mgr Distrbuted Txn Mgr syscatalog syscatalog syscatalog [yb-tserver] • Spanner Serverと同義と 考えて良さそう。 • データはtablet単位で冗長 化され、Raftでリーダ選出。 [yb-master] • メタデータの管理。 • 3重に冗長化、Raftでリー ダ選出。
  13. 14 (さらに詳しく)YugaByte DBのアーキテクチャ • YugaByte DBは階層化された分散データストアとなっている。 クエリレイヤと分散ドキュメントストア に分かれている。 • クエリレイヤは2つのAPIを提供。

    – PostgreSQL互換のSQLを介するAPI – Cassandra起源の独自API • DocDBにデータを格納。 – RocksDBを拡張したLSM(Log Structured Merged Tree)のストレージエンジン。 – ShardingやReplicationなどの機能を提供、 トランザクション機能を実装。
  14. 15 (告知) Japan Rook Meetup、やります!!