$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

競プロへの誘 -いざな-

競プロへの誘 -いざな-

WASD Inc. LT会(仮)
2022-03-25

U76NER

May 16, 2022
Tweet

More Decks by U76NER

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 競プロへの誘 -いざな- LT会(仮) 2022/03/25 u76ner

  2. 競プロとは 2 - 競プロとは
 - 「競技プログラミング」の略
 
 - 競技プログラミングでは、参加者全員に同一の課題が出題され、より早く与えら れた要求を満足するプログラムを正確に記述することを競う。

    
 (Wikipedia)

  3. 競プロとは 3 - 有名なやつの例
 - AtCoder


  4. 競プロとは 4 - 有名なやつの例
 - AIZU ONLINE JUDGE(AOJ)


  5. 競プロとは 5 - 問題の入力に対して解答に制限時間内に解答する 
 - だいたい2秒とかが多い気がする(↓ AtCoderでの例)
 


  6. 競プロとは 6 - 問題の入力に対して解答に制限時間内に解答する
 


  7. 競プロとは 7 - 問題の入力に対して解答に制限時間内に解答する
 
 - 問題を解くこと自体は原理的にできるが、 
 ナイーブに実装すると現実的な時間で解くことが不可能 であることが多い


  8. 計算量の例 8 - 例)
 - a n+2 = a n+1

    + a n ,
 a 1 = 1,
 a 2 = 1
 - このとき、a 40 , a 100 を求めよ
 
 - いわゆるフィボナッチ数列

  9. 計算量の例 9 - ナイーブな実装
 
 
 


  10. 計算量の例 10 - ナイーブな実装
 
 
 - a 100 が計算できない


    
 - 計算時間
 - a 40 : 604 ms
 - a 45 : 6,808 ms
 - a 50 : > 1 min

  11. 計算量の例 11 - 改善点
 
 - a 50 = a

    49 + a 48 
 = (a 48 + a 47 ) + (a 47 + a 46 )
 = (a 47 + a 46 ) + (a 46 + a 45 ) + (a 46 + a 45 ) + (a 45 + a 44 )
 = …

  12. 計算量の例 12 - 改善点
 
 - a 50 = a

    49 + a 48 
 = (a 48 + a 47 ) + (a 47 + a 46 )
 = (a 47 + a 46 ) + (a 46 + a 45 ) + (a 46 + a 45 ) + (a 45 + a 44 )
 = …
 
 - 重複した計算を上手く記憶しておくことで速くできそう 

  13. 計算量の例 13 - 途中計算を記憶しておく実装


  14. 計算量の例 14 - 途中計算を記憶しておく実装
 
 
 
 - 計算時間
 -

    a 40 : ≒ 1ms
 - a 100 : ≒ 1ms
 
 - ちなみにこういうアルゴリズムを総称して動的計画法(DP)という 

  15. エンジニアの視点から 15 - 競プロをやることの利点


  16. エンジニアの視点から 16 - 競プロをやることの利点
 - 処理を軽くすることに目が向きやすい 


  17. エンジニアの視点から 17 - 例)


  18. エンジニアの視点から 18 - ナイーブにやる
 
 
 - 二重ループは改善できそう


  19. エンジニアの視点から 19 - 連想配列を使う
 
 
 
 
 
 -

    二重ループが解消できる

  20. まとめ 20 - 競プロでは、計算方法自体はすぐわかるけど、 
 それを現実的な時間で計算できるかが求められる 
 
 - 普段の実装でも、細かい計算量の削減に目が行き届くようになる

  21. 21