$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

InvokeVBAを使おう!

 InvokeVBAを使おう!

UiPath Friends

March 05, 2020
Tweet

More Decks by UiPath Friends

Other Decks in Technology

Transcript

  1. InvokeVBAを使おう! @きのっぴ

  2. アジェンダ ✓ 自己紹介 ✓ InvokeVBAについて ✓ 使い方 ✓ 引数を渡す場合 ✓

    戻り値を受け取る場合
  3. 自己紹介 RPAエンジニア 職業 きのっぴ 情シス → 事務員 → RPA キャリア

    UiPath WinActor BizRobo! ツール きのっぴ(ロボ猫) Kinoppi_RoboNeko
  4. InvokeVBAについて 拡張子が.xlsxでもマクロ処理を 可能にするアクティビティ! ※日本語名「VBAの呼び出し」

  5. InvokeVBAについて ここが素敵! ・自動化の案件の大部分がExcelがらみ ・ユーザーが現在運用中のエクセルをマクロに置き換える のはハードルが高い ⇒RPA側では使えないExcel各機能も InvokeVBAならゴニョゴニョできちゃう!

  6. InvokeVBAについて ! Execute Macro (マクロを実行) ロボット マクロブック Invoke VBA (VBAの呼び出し)

    (拡張子が.xlsm .xls) エクセルブック (拡張子が.xlsx .xls) メモ帳 (コードが書かれてる) ロボット ①マクロ実行せよ! ①マクロ実行せよ! ②コード教えて! ②おりゃー! ③おりゃー!
  7. 1.セキュリティ設定(最初だけ) ロボットを動かすPCのExcelのセキュリティ設定をマクロOK状態にする これやらないとロボが止まるかも 使い方

  8. 2.Excel アプリケーションスコープ内に設置 使い方

  9. 3.VBAコードはメモ帳に記入 VBEditorで動いたものをコピペ 使い方

  10. 4.必要なところを設定 エクセル メモ帳 マクロ名 使い方

  11. 5.ロボ実行! 使い方

  12. 1.配列っぽく渡します{”引数”, “引数”, …} ※配列とは少し違うみたいだけど、まあいいじゃん 引数を渡す場合

  13. 2. VBAコードはこんなかんじ 引数を渡す場合

  14. 3.ロボ実行! 引数を渡す場合

  15. 1.数字を2つVBAに渡して、戻り値を受け取る 出力値に設定したObject変数にVBAの戻り値が格納されます 戻り値を受け取る場合

  16. 2.戻り値をメッセージボックスで表示 ★ポイント1 戻り値はObject型なので、CTypeとかで 変数型をゴニョゴニョして取り出します 戻り値を受け取る場合

  17. 3.VBAコードはこんなかんじ ★ポイント2 戻り値を受け取る場合は Function を使います 戻り値を受け取る場合

  18. 4.ロボ実行! 戻り値を受け取る場合

  19. おしまい ニャーン