Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社VARK_会社紹介資料 for 採用候補者様

16297d2286f6e07bd286313cffb9fd82?s=47 VARK
February 08, 2021

株式会社VARK_会社紹介資料 for 採用候補者様

採用候補者様向けの会社紹介資料です。(2021年2月15更新)

【絶賛採用強化中】
少しでもご興味のある方、ぜひぜひご応募ください♪
カジュアル面談も可能です、お気軽に!!
▼採用のご応募
https://www.wantedly.com/companies/vark

【事業紹介】
バーチャルライブプラットフォーム「VARK」を作っています。

▼VARK HP
https://vark.co.jp/

▼サービス紹介動画
https://youtu.be/yJ9ZVbWl3F0

▼VARKのMVV(from CEO加藤のnoteより)
https://note.com/kato_actevo/n/ndbb3135c94cd#yQVn6

▼事例紹介
・【VARK】ライブ「Kaede Higuchi VR LIVE Gekka-Bijin」ダイジェスト映像
https://youtu.be/kewy2Xu8ieE
・劣等上等/天音かなた(VARK LIVE version)
https://youtu.be/dPJ4VLowoMA
・brilliant/常闇トワ(VARK LIVE version)
https://youtu.be/jB6hedTamVk
・プロジェクト『B.L.A.C.K.』- Wonderful Future -(MV)
https://www.youtube.com/watch?v=RI-tnhXYrjY
※SEGA様新作アプリケーション「サクラ革命」ライブ映像制作

16297d2286f6e07bd286313cffb9fd82?s=128

VARK

February 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. 会社紹介 ~ for 採用候補者様 ~ 2021.02

  2. 目次 1. 会社概要 2. 何をやっているのか 3. 組織について 4. 働く環境について 5.

    VARKからのメッセージ
  3. 1.会 社 概 要

  4. 会社名 株式会社 VARK HP https://vark.co.jp/ 設立 2017 年 8 月

    事業内容 バーチャルライブ事業、法人向けコンテンツ制作事業 代表者 加藤卓也 資本金 9,000 万円 住所 東京都豊島区高松 1-1-11 東京ファーストシティビル 従業員数 20 名 主要株主 gumi, ANRI, 三菱UFJキャピタル, KLab, NOW, 他 主要取引先 Facebook Technologies Ireland Limited いちから株式会社 エイベックス株式会社 株式会社 KADOKAWA カバー株式会社 株式会社ドワンゴ 松竹株式会社 その他多数 会社基本情報
  5. ざっくり沿革 日本橋にて ActEvolve 設立 2017.08 オフィス移転(シェアオフィス) 2018.01 「Blitz Freak」リリース 2018.08

    オフィス移転(gumi オフィス内) 2018.09 「VARK」正式リリース 2018.11 「YuNi 1st VR LIVE! ~VeRy Merry X'mas~」開催 2018.12 「Vサマ!」開催 2019.08 オフィス移転(要町) 2020.04 ActEvolve から VARK に社名変更 2020.05 「Cinderella switch ~ふたりでみるホロライブ~」開催 2020.09 取締役に石川就任 2020.10
  6. 役員紹介 1991 年生まれ。 新卒で株式会社カプコンに入社。 某人気ゲームタイトルシリーズの 新規事業企画等を担当。 また VR タイトル開発の立ち上げにも 携わる。

    その後独立し、株式会社 VARK を設立。 代表取締役CEO 加藤 卓也 1989 年生まれ。 東北大学卒業、同大学院修了後、 新卒で株式会社カプコンに入社。 人気ゲームシリーズ等の開発の後、 別の大手ゲーム会社に転職。 一貫して 3D ゲーム開発の 最前線で活躍。 その後株式会社 VARK へ転職し、 VARK アプリ立ち上げを行う。 取締役 開発統括 石川 宣永
  7. 2. 何 を や っ て い る の か

    • VARK 事業内容 • なぜ「バーチャルライブ」に挑戦するのか • 音楽ライブ市場の動向
  8. VARK のミッション 「 新 し い 活 躍 の 場

    所 を 創 り 、 新 し い 人 生 を 届 け る 」 私達のミッションは、 「 仮想世界で新しい活躍の場所を創り、 いままでの世界ではなしえなかった 新しい挑戦を提供することで、 多くの人々に新しい人生を届ける」ことです。 何 か に 熱 中 し て 、 そ れ が 世 の 中 に 認 め ら れ る 。 そんな世界を目指して、 私たちは多くの人が活躍できるエンターテインメントの場所 VARK を創っています。
  9. 事業内容 バーチャルライブプラットフォーム VARK および VARK LIGHTSTAGE の開発・運営 をしています。 また、VARK を用いた

    バーチャルライブの企画・演出、ライブ運営 も行っています。 VARK スタッフによる圧倒的なライブ演出力で、 最高のバーチャルライブを提供します。 定期ライブを開催しており、バーチャルライブ開催実績は 30 件以上! 毎回ユーザ満足度 95% 越えの人気ライブサービスです。 ※画像をクリックする動画が再生されます ※サービスサイト:https://vark.co.jp/ バーチャルライブプラットフォーム VARK バーチャルライブプラットフォーム VARK LIGHT STAGE Oculus Quest 2 を使って だれでも手軽にバーチャルライブが開催できるサービスです。 β 版リリースから 2 週間で既に 100 件以上のライブが開催! これから更にアップデートを掛ける予定の新サービスです! ※サービスサイト:https://account.vark.co.jp/light_stage/events
  10. ユーザー にとっての VARK VARK の魅力 バーチャルだからこそできる、 リアルとは違うライブパフォーマンスで、 新しい活躍の場所となる バーチャルライブプラットフォームを提供。 アーティスト

    にとっての VARK 「目の前で自分に歌ってくれる」「オンラインで一緒に盛り上がれる」 「現実ではあり得ない演出を味わえる」 「キャラクターそのもののライブに行ける」など、 『バーチャルならではのライブ体験』を享受。 移動やチケット争奪戦の手間が無いという点も大きい。 VARK が提供する「バーチャルライブプラットフォーム」としてのバリュー
  11. VARKの魅力 「バーチャルライブプラットフォーム」としての 3 つの強味 VARK が 2 年間で手がけたバーチャルライブの開催実績は 30 回以上!

    また、VARK LIGHT STAGE ではリリース 2 週間で 100 回以上開催されています! 「ガチ恋」「連番ライブ」など VARK ならではのこだわりぬいたオリジナル演出と、 こだわりを実現できる高い技術力、企画力でこれまでにない最高のライブを創っています! ホロライブさんやにじさんじさんなど VTuber さんや、 SEGA 様などゲームキャラクターでのライブの実績多数。 最近ではアーティストのファンの方々から「VARK でライブをしてほしい!」という声も聞くようになりました! 圧倒的ライブ開催数 信頼される品質 「楽しい」をどこまでも追求
  12. VARKの魅力 ~数字でみるVARK~ これまで開催した全てのイベントで ユーザー満足度 95% 以上 を記録しています。 圧倒的ユーザ満足度高 VRでライブ参加した人の 過半数以上

    が 「VARK ライブのために」VR デバイスを購入しています! 国内の VR 市場への影響力
  13. 事例紹介①フェス形式イベント 日本 VR ライブ史上最高の売り上げ樹立!! Twitter トレンド 1 位獲得!! 人気 VTuber

    が多数出演し、ゲストに初音ミクさんを招いた大規模フェスイベント。 Oculus Go 及び Oculus Quest 、ニコニコチケット放送にて 2019 年 8 月に開催。 開催前から大いに話題となりチケット売上数千枚超、配信視聴者7万人超!! Twitter トレンドを 24 時間テレビと争い、開催中は Twitter トレンド 1 位を獲得!! ユーザー満足度も非常に高く、ニコ生アンケート(有料視聴者のみ)でも 非常に高い評価を記録しました。(下図参照) V サマ!~史上最大バーチャルフェスライブ!~ 人気 VTuber 多数出演!大規模フェスイベント
  14. 事例紹介②単独ライブイベント ホロライブ所属タレント様 連番ライブ 「連番ライブ」と称した、 片方の演者が自分の隣で一緒にライブを鑑賞するという新企 画のもとにライブイベントを開催。 発表時点から大いに話題となり約 1 万枚のチケット販売!! ユーザー満足度

    99% 超(※)を達成!! ※hololive Virtual LIVE seriese Cinderella Switch ~ふたりでみるホロライブ~実施後アンケート結果 とても多くのユーザー様からご好評いただき、2021 年春に第 2 シーズンも開催 発表しております。 hololive Virtual LIVE seriese Cinderella Switch ~ふたりでみるホロライブ~
  15. 事例紹介③ライブ映像制作 SEGA 様新作アプリケーション「サクラ革命」ライブ映像制作 SEGA 様新作アプリケーション 「サクラ革命」ライブ映像 株式会社 SEGA 様より、ライブ映像コンテンツ制作ご依頼をいただ き

    3D ライブを制作の上カメラワークとともに撮影し、 ライブ映像として納品。 VARK のライブをご覧いただいた上でご発注頂き、 ライブクオリティを高くご評価頂いた形となりました。 【当該映像】 https://www.youtube.com/watch?v=RI-tnhXYrjY
  16. なぜ「バーチャルライブ」に挑戦するのか

  17. 17 なぜ「バーチャルライブ」に挑戦するのか • エンタメ業界としての需要 • リアルライブが抱える様々な課題 VARK の持っている テクノロジー •

    エンタメ・ゲーム業界出身 Confidential 最高の体験価値を生み出せる新しいエンターテインメント 「バーチャルライブ」 エンターテインメント × バーチャルのテクノロジーで 「新しい活躍の場所を創り、新しい人生を届ける」 VARK のビジョン 「バーチャルエンターテインメントカンパニー」 • ライブという最高の『晴れ舞台』 • 「音楽」は言語の壁を越え、 新しいスターを生み出しやすいエンターテインメント
  18. 売上・コストの限界 • キャパシティや会場数 • 演出や大道具の費用 • etc… アーティスト 音楽ライブ市場からみたバーチャルライブの可能性 •

    全員が最前列で体験 • 世界中どこからでも参加 • チケット売り切れの心配無し ユーザー 体験の限界 • 演者が見にくい • 音が聞こえない • etc… • 大型ライブを低コストで何度も開催可能 • 大規模演出も容易 • 「バーチャルの存在」として出演可能 「バーチャルライブ」でリアルライブの デメリット解消 アーティスト ユーザー
  19. 音楽ライブ市場の動向

  20. ライブ市場の現状と課題:リアルライブ 国内ライブエンタテインメント市場規模は年々増加 → 「ライブ自体の需要」が近年増加 → 9 年で倍増、さらにコロナの影響で一気にオンライン化へ

  21. ライブ市場の需要:バーチャルライブ バーチャルライブは近年のトレンドもありもともと伸びてきていたが、 コロナ禍で一気に脚光を浴びる → 今後もさらに 急成長を続ける見通し

  22. 3. 組 織 に つ い て • VARK のミッション・ビジョン・バリュー

    • 今後の展望 • 社員数と職種 • メンバー紹介
  23. MISSION VARKのミッション・ビジョン・バリュー ミッション・ビジョン・バリューの詳細は 加藤の note をぜひ! https://note.com/kato_actevo/n/ndbb3135c94cd#yQVn6 VALUE VISION

  24. 今後の展望(直近の注力ポイント) 事業拡大に伴い「組織強化」が必要 ・バーチャルライブ定期開催&収益化 ・VARK LIGHT STAGE の β 版リリー ス

    現在 ・ライブ開発のライン増加 ・マーケットの拡大 ・新規機能追加 バーチャルライブプラットフォームの 事業拡大に向けて組織強化 ネクストステージ
  25. 将来 今後の展望(直近の注力ポイント) 事業拡大に伴い「組織強化」が必要 ・バーチャル経済圏の成立 ・SNS化/オープン化 ・バーチャルライブ定期開催&収益化 ・VARK LIGHT STAGE の

    β 版リリー ス 現在 ・ライブ開発のライン増加 ・マーケットの拡大 ・新規機能追加 ネクストステージ 新たなVARKの挑戦に向けて さらに組織強化
  26. 社員数と職種

  27. クライアントエンジニア 小宮山瑛鉄 1993 年生まれ。 電気通信大学情報理工学部卒業後、 大手ゲーム会社に入社。 PSVR アプリやゲームエンジン開発に携わった後、 2019 年

    12 月に VARK に入社。 メンバー紹介(一部) 技術チーフ 牧寺優 1982 年生まれ。 長年ゲーム会社のサーバーサイド開発に携わり、 大手ゲーム会社ではソーシャルゲームの サーバーサイド開発サブリーダーを務める。 2019 年 7 月に VARK に入社。 ライブプランナー 我喜屋駿介 1994 年生まれ。 2016 年大手ゲーム会社に入社。 有名ゲームタイトルシリーズの企画・開発を行う。 2019 年 1 月に VARK に入社。 採用担当 かほりん 19?? 年生まれ。 高専卒業後、様々な経歴を経て、 2020 年に VARK にたどり着く。 VARK で働く傍ら、 42Tokyo という学校にも通っている。 「いつか VR の中に住みたい」と思っている。
  28. 4. 働 く 環 境 に つ い て •

    主な労働条件と福利厚生 • 評価制度 • 社内の雰囲気・社風 • 採用計画 • 募集ポジション
  29. 主な労働条件と福利厚生 主な労働条件 • 裁量労働制(ただし、11 時からのミーティングが多いです) • 完全週休二日制 / 年末年始休暇 /

    産前産後休暇 / 有給 10 日~ • 副業 OK • 他、法律順守 福利厚生 • 業務に必要なものは全て基本会社負担(テレワーク用 Wi-Fi や書籍、オーディオ機器など) • ライブイベントのチケット代は業界分析のため、基本会社負担 • 社内筋トレスペースあり • 社内ゲームスペースあり • ゲーム購入補助制度あり • 懇親会費は高めです(ただし、コロナ禍の会食は基本自粛)
  30. 評価制度 年 2 回の評価結果に応じて「給与改定」「成果給を付与」 年 2 回の評価 月 1 回、役員との面談の中で自己評価を行い、自身のバリューを振り返ります

    月 1 回の役員面談 半年に一度それぞれのバリューを最も発揮したメンバを投票で選び、表彰する 「For Future 賞」「FULL Respect 賞」「Be Crazy 賞」という制度があります 3つのバリュー賞
  31. 社内の雰囲気・社風 メンバ間の仲も良く、話しやすい環境です。 また、トップダウン型ではなく、ボトムアップ的に ひとりひとりがカルチャーを作っていくスタイルで、 みんなの「これをやってみたい!」という挑戦の意思を大切にしています。 フラットでオープンな環境 社内コミュニケーションツールは Slack を利用しています。 アイデア出しで悩んだ時は「案募集チャンネル」などでアイデアを募集したり、

    個人の times チャンネルなどを活用して、 活発なコミュニケーションを図っています。 活発なコミュニケーション 休憩スペースにはハンモックがあったり、 Oculus Quest などを使って最新の VR ゲームで遊んでいます。 遊び心満載なので、エンターテインメントが大好きな人にとっては ぴったりの職場環境です♪ エンタメに必要な遊び心満載
  32. 採用計画(2021 年上期 採用強化ポジション 2021 年上期は下記ポジションを特に積極採用中です • 営業担当者 • ライブ企画者(プランナー) •

    クライアントエンジニア • CG アートディレクター
  33. そのほか募集ポジション • バーチャルライブのプロデューサー • バーチャルライブのディレクター・PM • 3DCG デザイナー • 2D(UI

    デザイナー) • バックエンドエンジニア • マーケティング責任者候補 • 人事・採用担当 • インターン そのほか下記ポジションも募集中です
  34. 応募者数 2021年1月~の採用状況 出身企業 内定者

  35. 5. V A R K か ら の メ ッ

    セ ー ジ
  36. VARKからのメッセージ 新しいバーチャルの未来を一緒に切り開きませんか? 私たち VARK は 2017 年の創業以来、 「バーチャル」上でのエンターテインメントを粘り強く追い求め、 着実に成功を積み重ねてきました。 昨今ではコロナの影響もあり、「バーチャル」という

    言葉が注目を集めるようになりました。 この技術はこの先さらに発展し、 バーチャル上でのアイデンティティもより重要視されるようになり、 私たちの身近な技術へと進化していきます。 そのようなワクワクする未来が待ち構えている中既に 「バーチャルライブ」という新しいエンターテインメントを提供している VARK は バーチャルエンターテインメントのマーケットリーダーとして、 この先さらに高みを目指し、 「世界一のバーチャルエンターテインメント企業」になるべく 組織拡大を図ろうとしています。
  37. VARKからのメッセージ