学び方のデザイン

3eb9e13543e1ac9ab8938be5de9360b5?s=47 Miki Ishijima
April 23, 2019

 学び方のデザイン

4/23 Goodpatch designers Gymのオフライン会で行われたセッションの内容です。

オンラインサロンをより活用してもらうために、自身の学びの姿勢を客観視してもらい、オンラインサロンがその中でどういう役割を持つのかを意識してもらえるよう。学び方の基本的な「型」を紹介 / 提案しました。

3eb9e13543e1ac9ab8938be5de9360b5?s=128

Miki Ishijima

April 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. の デザイン イシジマミキ 学び⽅

  2. w ࣗ෼͕ड͚ೖΕΒΕΔࣾձΛ
 ࣗ෼Ͱ࡞ΕΔਓΛ૿΍͍ͨ͠ w ʮࣗओֶशʯΛே׆Έ͍ͨʹ޿͍͛ͨ 
 ֶͿ͜ͱ͕޷͖ͳɺ͓͠Ό΂Γ͞Μ άϥϑΟοΫ8FCίϛϡχςΟ
 ݱࡏɿڭҭɾ૊৫ ˙σβΠϯͨ͠΋ͷ

    ࠷ऴֶྺɿߴߍ イシジマ ミキ
  3. #foobaa

  4. 学び とは

  5. “より良くなろう”とする ⾃⽴した働き

  6. 専⾨領域を学ぶとき

  7. lv.3 lv.2 lv.1 ਅࣅΛ͢Δ ࣗओ੍࡞ डୗ੍࡞ ಈ ը Λ ݟ

    Δ ຊ Λ ಡ Ή τ Ϩ ʔ ε ࡞ ඼ ෼ ղ ࡞ ඼ ൷ ධ ษ ڧ ձ ࢀ Ճ ઐ ໳ Ո ΁ ͷ ࣭ ໰ ϓϥΠϕ ʔτϫʔΫ - - - - - - - - ιϑτཧղ දݱɾ఻ୡجૅ ཧ࿦ཧղ ཧ࿦࣮ફ ࣗओֶशະܦݧ άϥσβະܦݧ ۦ͚ग़͠ʙϓϩ ஈ֊͝ͱʹशಘ͕ ๬·͍͠΋ͷˠ グラフィックデザインの場合
  8. - - - - - - - - - -

    - - - - lv.3 lv.2 lv.0 lv.1 ͻͱΓͰ࣮ફ αϙʔλʔͱ࣮ફ ΫϥΠΞϯτͱ࣮ફ ه ࣄ Λ ಡ Ή ຊ Λ ಡ Ή Φ ϯ ϥ Πϯ α ϩ ϯ ษ ڧ ձ ΁ ͷ ࢀ Ճ ஥ ؒ ʹ ձ ͏ ઐ ໳ Ո ΁ ͷ ࣭ ໰ ϝ ϯ λ ʔ ϓϥΠϕ ʔτϫʔΫ ମܥΛ၆ᛌ ࠶ݱྗମܥԽ ࣾ಺Ͱ࣮ફ ϓϩδΣΫτϚωδϝϯτ ݴޠԽɾཧ࿦ཧղ デザイン レベル別学習⽅法
  9. 専⾨領域の前に 学ぶ⼒を整えよう

  10. lv.3 lv.2 lv.1 ਅࣅΛ͢Δ ࣗओ੍࡞ डୗ੍࡞ ಈ ը Λ ݟ

    Δ ຊ Λ ಡ Ή τ Ϩ ʔ ε ࡞ ඼ ෼ ղ ࡞ ඼ ൷ ධ ษ ڧ ձ ࢀ Ճ ઐ ໳ Ո ΁ ͷ ࣭ ໰ ϓϥΠϕ ʔτϫʔΫ - - - - - - - - ιϑτཧղ දݱɾ఻ୡجૅ ཧ࿦ཧղ ཧ࿦࣮ફ ࣗओֶशະܦݧ άϥσβະܦݧ ۦ͚ग़͠ʙϓϩ ஈ֊͝ͱʹशಘ͕ ๬·͍͠΋ͷˠ ࣗओֶशະܦݧ ࣭໰ͷ࢓ํ ݕࡧͷ࢓ํ ษڧͷ࢓ํ ֶͼͷجૅΛ ೖ೦ʹ஁͑ͯ ܦݧ஋ഒՃ
  11. lv.3 lv.2 lv.1 ਅࣅΛ͢Δ ࣗओ੍࡞ डୗ੍࡞ ಈ ը Λ ݟ

    Δ ຊ Λ ಡ Ή τ Ϩ ʔ ε ࡞ ඼ ෼ ղ ࡞ ඼ ൷ ධ ษ ڧ ձ ࢀ Ճ ઐ ໳ Ո ΁ ͷ ࣭ ໰ ϓϥΠϕ ʔτϫʔΫ - - - - - - - - ιϑτཧղ දݱɾ఻ୡجૅ ཧ࿦ཧղ ཧ࿦࣮ફ ࣗओֶशະܦݧ άϥσβະܦݧ ۦ͚ग़͠ʙϓϩ ஈ֊͝ͱʹशಘ͕ ๬·͍͠΋ͷˠ ൃ৴͢Δ ൃ৴͢ΔͨΊʹ ϩάΛ੔ཧ͢Δͱ ৼΓฦΓ΋Ͱ͖Δ ܦݧ஋ഒԽ ϩάΛ࢒͢
  12. 学びの構え 学びに 健全な環境を作る 部屋 / ⼈ / コト

  13. •オフィス •家 •カフェ ूதͱϦϥοΫεͷઃܭ 部屋

  14. 学びに 健全な環境 を作る ⼈ 4/4λΠϜϥΠϯͷઃܭ •友だち •同僚 •SNSのフォロー

  15. •仕事 •家事 •普段の遊び コト ೔ৗʹςʔϚΛབྷΊΔઃܭ

  16. 学べた! は、どんな時?

  17. アウトプット

  18. アウトプットの種類 •SNS / クローズドコミュニティでの発⾔ •ブログ •動画 •作品 •レポート 後から⾒返せる、他⼈が閲覧できると栄養価⾼し

  19. オフライン会に⾏ってきた! Aさんの話 1. UIトレースはオススメ 2. Cocodaを利⽤しよう 3. 記録をブログにつけよう 良い話でした! Daily

    UI 3⽇⽬ 勉強会で教わったのでさっそ く作ってみました。 メモ 成果
  20. 得た知識を 元に、 実践して出⼒

  21. アウトプットを定期的に⾏おう

  22. どうデザインすると、 実践と発信のサイクルが 当たり前になる?

  23. 学びを設計

  24. 実践と発信のサイクルを作る

  25. あなたのサイクルは?

  26. ⾃分で作ってみよう Day1 iteration

  27. 守破離 ֶͼํͷώϯτ

  28. 守破離 ֶͼํͷώϯτ

  29. –Johnny Appleseed “ここに引⽤を⼊⼒してください。”

  30. ޮ཰తͳےτϨํ๏  ৯ࣄ΁ͷΞυόΠε Ϟνϕʔγϣϯͷҡ࣋ ϓϩʹظ଴͢Δ͜ͱ ͜͜Ҏ֎͸τϨʔφʔ͞Μʹ͓೚ͤʂ ໨తɿ݈߁ʹͳΓ͍ͨ "͞Μͷ৔߹ γφϦΦ ࡞੒

    ࣮ߦ ਐߦ؅ཧ ه࿥ ๙ΊΔ
  31. Lv.1 プロと作る 1week -JOFͰ࣭໰ ࣗओ࿅ ࣗओ࿅ ࣸਅΛࡱΔ τϨʔφʔͱϨοεϯ Day1 iteration

  32. 守破離 ֶͼํͷώϯτ

  33. ྖҬମܥɾܥ౷Λ஌Γ͍ͨιϑτͷ࢖͍ํܦӦΞυόΠε ϓϩʹظ଴͢Δ͜ͱ ࣗ෼ͰγφϦΦ΋࡞੒͢Δ ໨తɿձܭΛֶͼ͍ͨ #͞Μͷ৔߹ γφϦΦ ࡞੒ ࣮ߦ ਐߦ؅ཧ ه࿥

    ๙ΊΔ
  34. Lv.2 ⾃分でシナリオを設計する 1month .FTTFOHFSͰ ࣭໰ ࢓༁࡞ۀ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH ຊΛಡΉ ࢪࡦ࣮ߦ

    Day1 iteration
  35. Lv.2 ⾃分でシナリオを設計する 1month .FTTFOHFSͰ ࣭໰ ࢓༁࡞ۀ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH ຊΛಡΉ ࢪࡦ࣮ߦ

    Day1 iteration 1month .FTTFOHFSͰ ࣭໰ ࢓༁࡞ۀ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH ຊΛಡΉ ࢪࡦ࣮ߦ Day1 iteration
  36. 守破離 ֶͼํͷώϯτ

  37. (PPHMFʹೖࣾʹ޲͚ͨӳޠྗΛ޲্ٴͼϝϯλϦϯά ϓϩʹظ଴͢Δ͜ͱ ໨ඪୡ੒ͷͨΊࣗ෼Ͱ໖ີʹઃܭ ໨తɿӳޠྗΛ͋͛Δ $͞Μͷ৔߹ γφϦΦ ࡞੒ ࣮ߦ ਐߦ؅ཧ ه࿥

    ๙ΊΔ
  38. Lv.3 サイクルの密度をあげる 1month .FTTFOHFSͰ ࣭໰ ࢓༁࡞ۀ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH ຊΛಡΉ ࢪࡦ࣮ߦ

    Day1 iteration ೔ӳ؀ڥͷϓϩδΣΫτ΁ͷࢀՃɺ೔ৗʹ৮ΕΔ΋ͷ 04จষͳͲ Λӳޠ؀ڥʹ Day3 ӳจϨϏϡʔΛ MBOHͰड͚Δ ࢓ࣄͰ ӳจΛॻ͘ $BNCMZͰ ӳձ࿩ ӳޠͰ χϡʔεΛ ಡΉ ϝϯλʔͱͷ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH Day2 Day1
  39. ⾃分で作ってみよう ͋ΒͨΊͯʜ  ༻ࢴʹॻ͘NJO w ࣭໰͕͋Ε͹͢Δ  ౡάϧʔϓͰൃද͢Δ w ਓNJO

    w άϧʔϓ ਓఔ౓ w ಛੑΛத৺ʹ࿩͢ͱྑ͍͔΋
  40. 1month .FTTFOHFSͰ ࣭໰ ࢓༁࡞ۀ ΦϯϥΠϯ .FFUJOH ຊΛಡΉ ࢪࡦ࣮ߦ Day1 iteration

    େɿਓʹձ͏ → ձ͏·Ͱʹ࡞඼΍Ϩϙʔτͷ४උΛ͢Δ தɿͭͿ΍͖ → Ϩϙʔτ࡞੒தͷॴײ΍εΫγϣΛ౤ߘ খɿຊΛಡΉ → ͻͱΓͰ͍ͭ΋ग़དྷΔ΋ͷ͕ͪΐ͏Ͳྑ͍ 1サイクルの中に
 ⼤中⼩のアウトプット ポイントを配置する
  41. サイクル作りで必要なコト

  42. 学びは 航海と似てる w ໨త஍͸  w ԿͰߦ͘ʁ w ΞυόΠεΛԿͰಘΔʁ w

    ೩ྉ ಈػҡ࣋ ͸Կʁ
 Ͳ͜Ͱิڅ͢Δʁ GOAL START
  43. どこへ⾏くのか

  44. 成⻑⾒込のある市場から考える https://note.mu/mikiishijima/n/neea768ab4dd8

  45. ⾃分の特性を最⼤化する構造とは https://note.mu/mikiishijima/n/neea768ab4dd8 教育事業で起業 教育業務を請ける

  46. ⼀⽣考え続けられるテーマとは 「学び」では⼿段が⽬的になるくらいの⽅が楽しい https://note.mu/mikiishijima/n/neea768ab4dd8

  47. 何を学ぶか そもそも本当にデザイン学ぶ必要あるのか

  48. ⾔語化してみよう

  49. ⾔語化の基本的な流れ • 過去を振りかえる • 共通するモノを⾒つける • それに名前をつける

  50. (ZN΁ೖձ σβΠϯΛֶ΅͏ͱࢥͬͨ Now Origin ΦϑϥΠϯձʹདྷͨ why? why? why? 過去を振りかえる

  51. (ZN΁ೖձ σβΠϯΛֶ΅͏ͱࢥͬͨ Now Origin ΦϑϥΠϯձʹདྷͨ why? why? why? もやもやを出す ײ

    ৘ ΍ ࢥ ߟ ͷ அ ย ݴ ༿ ʹ ͳ Δ લ ͷ Ξ Ϩ ί Ϩ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ
  52. (ZN΁ೖձ σβΠϯΛֶ΅͏ͱࢥͬͨ Now Origin ΦϑϥΠϯձʹདྷͨ why? why? why? 共通する思念に名前をつける ײ

    ৘ ΍ ࢥ ߟ ͷ அ ย ݴ ༿ ʹ ͳ Δ લ ͷ Ξ Ϩ ί Ϩ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ
  53. ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ σβΠϯʹ

    ڵຯ͕ ͋Δ কདྷɺ ඞཁʹ ͳΔ͔Β σβΠφʔ ͱͷ࢓ࣄ͕ ૿͑ͨ ࣮ફత ʹ ֶͼ͍ͨ ৘ใΛ ޮ཰తʹ ಘ͍ͨ ϨϏϡʔΛ ड͚ͯ ޲্͍ͨ͠ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ (ZN΁ೖձ σβΠϯΛֶ΅͏ͱࢥͬͨ Now Origin ΦϑϥΠϯձʹདྷͨ why? why? why? 共通する思念に名前をつける
  54. ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ σβΠϯʹ

    ڵຯ͕ ͋Δ কདྷɺ ඞཁʹ ͳΔ͔Β σβΠφʔ ͱͷ࢓ࣄ͕ ૿͑ͨ ࣮ફత ʹ ֶͼ͍ͨ ৘ใΛ ޮ཰తʹ ಘ͍ͨ ϨϏϡʔΛ ड͚ͯ ޲্͍ͨ͠ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ why? why? why?
  55. ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ σβΠϯʹ

    ڵຯ͕ ͋Δ কདྷɺ ඞཁʹ ͳΔ͔Β σβΠφʔ ͱͷ࢓ࣄ͕ ૿͑ͨ ࣮ફత ʹ ֶͼ͍ͨ ৘ใΛ ޮ཰తʹ ಘ͍ͨ ϨϏϡʔΛ ड͚ͯ ޲্͍ͨ͠ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ why? why? why? Ϟνϕʔγϣϯҡ࣋ ϨΞͳ ৘ใΛ ٻΊͯ εΰ͍ ਓʹ ձ͍͍ͨ ༑ͩͪ Λ ࡞Γ͍ͨ ࣮ફత ʹ ֶͼ͍ͨ ৘ใΛ ޮ཰తʹ ಘ͍ͨ ϨϏϡʔΛ ड͚ͯ ޲্͍ͨ͠ σβΠϯʹ ڵຯ͕ ͋Δ কདྷɺ ඞཁʹ ͳΔ͔Β σβΠφʔ ͱͷ࢓ࣄ͕ ૿͑ͨ ਓʹձ͍͍ͨ ࣮༻తͳྗΛ ୹ظؒͰ͚͍ͭͨ σβΠφʔ धཁͷߴ·Γ ⾔葉を抽出 → 抽象化
  56. –Gym オフライン会への参加理由 デザイナー需要の⾼まりを感じて、 実⽤的な⼒を短期間でつけたいと思ってGymに⼊会。 先⼈や同⼠に会うのを楽しみにオフライン会へ参加した。 “ ”

  57. 航海⼠を雇う

  58. 本 • 買う前に「はじめに」を読む • 全部を読まなくていい
 アウトプットのために必要な箇所を拾い読みする • 少し読んで分からない単語が5つ以上出た場合は
 前提知識が⾜りない可能性がある

  59. 専⾨家 • 動機を維持できるなら会うことが⽬的でもいい • オンラインmeetingでも⼗分 • 気⼼のしれた相⼿なら
 Twi er DMでアドバイスをもらうのもいいね

  60. 同⼠ • 勉強会 / オンラインサロンで会った⼈たちと繋ろう • SNSなどでイイネしあう • ⼩さなグループで成果物を出し会い触発しあう

  61. インターネット • 体系的でない探し⽅になりやすい
 はじめのうちは「答えのあるもの」に限定する • 例:
 ⾔葉の意味 / 英訳 /

    対義語
 ソフトの操作⽅法フレームワーク SNS/動画/ブログ/学術記事
  62. 燃料は体内で作る

  63. 学びエコシステム「まなむーぶ」 ࠛ̒ ԩժ ͥ;ͥ;

  64. 学びエコシステム「まなむーぶ」 ࠛ̒ ԩժ ͥ;ͥ; ⾒返すことができる 他者が閲覧できる 批評の材料

  65. 学びエコシステム「まなむーぶ」 ࠛ̒ ԩժ ͥ;ͥ; 動機を思い出す やる気を回復する 次への施策を考える

  66. あなたは学びを、 どうデザインしますか? Day1 iteration

  67. の デザイン イシジマミキ 学び⽅

  68. credit • @alexdndz • @freepik • @macrovector このスライドはFreepickの⽉額制ライセンスを元にイラストをダウン ロードして作成しました。 良い作品をありがとうございます。