Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Re_ゼロから始めるNuxt生活

 Re_ゼロから始めるNuxt生活

1efc38c4e5d9d6b2f05f082afe89f049?s=128

Hiromasa Kakutani

February 18, 2019
Tweet

More Decks by Hiromasa Kakutani

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Nuxt.jsでWEBサイトをリニューアルしている話

  2. ◆目次 - 自己紹介 - サイトリニューアルの経緯 - なぜNuxt.jsを選んだのか - TypeScriptの導入について

  3. ◆自己紹介

  4. ◆氏名 ・角谷 太雅(Hiromasa Kakutani) ・@xKxAxKx ◆自己紹介 ・株式会社 nana music 所属

    ・音楽コラボアプリの開発/運営をやっています ・得意分野はサーバサイド(Python/Django) ・Nuxt.js歴は1ヶ月ちょっとくらい ◆趣味・関心事 ・音楽、サッカー、アニメ、写真、VTuber等...
  5. None
  6. ◆サイトリニューアルの経緯

  7. ◆アプリの紹介ページがあったり

  8. ◆ニュースとかキャンペーンとかのブログ記事があったり

  9. ◆投稿された楽曲のページがあったり

  10. ◆ユーザページとか...

  11. ◆アプリ内コミュニティページとか...

  12. ◆歌詞ページなどなど

  13. ◆問題点 ①データ取得にアプリ用APIが使用しているDBに直接接続している • WEBサイトのフレームワーク(Djangoを使用)でもモデルを定義してしまっている ため密結合がすぎる ②SEO的に貧弱 • 今まで何もやってこなかったので、クソ雑魚状態 • このサイト自体をアプリDLの動線にしたいが、そもそも検索に引っかかりにくい

    ③Python2を使っている • 今時、Python2系を使っていると小学生にも煽られる
  14. None
  15. None
  16. ◆なぜNuxt.jsを選んだのか

  17. ◆ところで、このLTのタイトルについて • 「Re:ゼロから始めるNuxt生活」 • 実は今回がNuxt.js採用が初ではない • 昨年末、とある企画用に特別サイトを構築することになった • 保守がそれほど発生しない、作ったら終わりなサイトの予定だったのでトライアル的 なノリでNuxt.jsを採用

    ◦ SSRも簡単にしたかった • しかし、ちょっと開発を進めたところでその企画自体がポシャった... ◦ componentを少し開発したり、vuexのさわりの部分だけ探り探り開発したくらいで終わった • そういうわけで今回の開発はまさに「Re:ゼロから」
  18. ◆プロジェクトメンバーのスキルセット • エンジニア2名 • エンジニアY ◦ 得意分野はフロントエンド ◦ Vue.jsとNuxt.jsの経験あり ◦

    Vue.jsのコミュニティのメンバー ◦ マークアップ得意 • @xKxAxKx ◦ 得意分野はサーバサイド ◦ フロントは前職でAngularをちょこっとやっていた ◦ JavaScript、雰囲気で書ける ◦ マークアップは苦手(わからない) ◦ サーバサイドの開発と兼務
  19. ◆フレームワーク選定基準 ①教育コスト低い • スケジュールにめちゃくちゃ余裕があるわけではない ②Server Side Rendering • どのフレームワークでもやれるけど、楽にやりたい ③TypeScriptが使える

    • メンテナンスしやすく、バグの発生を最小限にしていきたい • 長く使いたいと思っているので、それなりのメンテは発生しそう ④WEBアプリケーションとして拡張しやすい • 将来的にはネイティブアプリと同等レベルのことをする、かもしれない • その場合、状態管理が非常に重要になるため、そのためのデータフローが用 意されていてほしい
  20. ◆リニューアル後の構成(今のところの予定)

  21. ◆TypeScriptの導入について

  22. ◆typescript-templateは使わない! • https://github.com/nuxt-community/typescript-template • Nuxt.js公式だけど、更新が止まっている • 型定義とかtsconfigについても不十分 • なのでwebpackを拡張してTSを入れていく必要がある(2.4.0以降はnuxt-tsが使え る)

  23. ◆ところで、Vuexを皆さんは使ってますか?

  24. ◆Vuex、良いと思う • 導入がものすごい楽 ◦ 割とこれに尽きるかもしれない ◦ $create-nuxt-app を使えば何も考えずに使える ◦ 先人たちはVueに苦労して自力でReduxを導入していたと考えるとものすごい

    恩恵を受けている • Fluxライクなデータの流れが一方通行で明確 ◦ AngularでもFluxっぽいアーキテクチャで開発したことがあったので、すんなりと 理解できた ◦ ロジックとデータが分離されているので、保守しやすい(まだ保守の段階まで やってないので想像だけど)
  25. ◆現時点でTypeScriptとVuexがあんまり相性良くない印象 • v2.4.0でTypeScriptが公式対応されたけれど、その相性は変わらなさそう • TS入れてコードを書いてみたけれど型any地獄に陥ったし、可読性が著しく悪くなっ てしまった(特にaction) • ちゃんと導入しようと思えばできるっぽいけど、Vuexによる状態管理を含む最高に 快適な Vue.js

    + TypeScript の開発環境を目指す話を読んでここまでしてまでTS いれるモチベーションがわかなかった
  26. None
  27. ◆だけど将来的にはTS対応していきたい • そのためにモジュールと処理を細分化 • TS移行する時に少しずつ対応できるようにする store ├── index.js ├── posts

    │ ├── actions.js │ ├── getters.js │ ├── index.js │ └── mutations.js ├── users │ ├── actions.js │ ├── getters.js │ ├── index.js │ └── mutations.js …..
  28. ◆モジュールと処理を細分化する • store/index.js

  29. ◆モジュールと処理を細分化する • store/posts/index.js

  30. ◆モジュールと処理を細分化する • store/posts/actions.js • namespaced=true なので componentやpageからは await store.dispatch(posts/fetchPostByPostId', {

    postId: 10 }) のような感じで呼 ぶ
  31. ◆全面的なTypeScriptの導入は見送った • しかし、将来的にはやっていくぞという気持ちがある • page/componentの.vue内部のJavaScriptに関してはTypeScriptに移行できそう • また、Vuexの内部に関してもstateの変数をまずは型定義をしていきたい ◦ どういう型のデータが入るべきであるか、型として明示されているだけで、開発 効率がめちゃくちゃ上がる、と思う

  32. ◆まとめ

  33. • TypeScriptの導入以外にもまだまだ課題がある ◦ axiosを複数回呼ぶactionのテストコードのmockをどうすればいいのか ◦ mutationとかaction内部の処理の共通化とかよくわかっていない ◦ ほかにも色々ある... • トライアンドエラーと先人の知見を元にやっていくしかない

    • あと、久しぶりにフロントエンド を開発するのもなかなか楽しい • 春には良いものが完成するようにやっていく所存
  34. お し ま い