Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

成果を出し続けるエンジニア組織を目指してやってること

 成果を出し続けるエンジニア組織を目指してやってること

・VP of Engineering とは成果を出し続けられるエンジニア組織を作っていくこと

・成果を出し続けるエンジニア組織を目指してやってること
 →問題に当たったら、先人の知恵をお借りして物事を進めてます。

yasuhiro1711

April 02, 2018
Tweet

More Decks by yasuhiro1711

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 成果を出し続ける エンジニア組織を目指して やってること 先人の知恵から大いに学んで 1 株式会社ウエディングパーク @yasuhiro1711 Yasuhiro Nishiwaki

  2. ・自己紹介 ・ウエディングパークについて ・VPoE(今後、VP of Engineering=VPoEと表記)の捉え方 ・エンジニアリングマネージャーとしてやってるVPoE的なコト   メンバーとの対話/チーム作り/その他 ・まとめ 今日話すこと 2

  3. Yasuhiro Nishiwaki @yasuhiro1711 所属:株式会社ウエディングパーク@表参道 メディア開発本部:    技術ボード   SREチーム エンジニアリングマネージャー Wedding Park AI

    Lab:   Labマネジャー 書籍: →を監訳・監修 自己紹介 3
  4. 株式会社ウエディングパーク 4 ・通称「ウエパ」 ・インターネット X ブライダル で事業 ・実はアメブロと同い年 ・可愛いキャラクターが  最近生まれたよ

  5. http://www.weddingpark.net/ http://foreign.weddingpark.net/ ウエパのサービス紹介 5

  6. マネージャー = VPoE的役割 技術ボード  = CTO的役割 CTO、VPoE の役職はありません。 ウエパのエンジニア系組織 6

  7. VP of Engineering の捉え方

  8. VP of Engineering とは 成果を出し続けられる エンジニア組織を作っていく こと 8

  9. じゃあ、 それ目指して 何をやるもんなの? 今日はこの話をお伝えできればと。 9

  10. 成果を出し続けられる エンジニア組織 10 = ビジネス的動きが取れる   (仕事が出来る)   エンジニアチーム

  11. 私のマネージャー業務  一例 11 ・全体、チームの目標やKPI設定 ・目標達成のための各種施策実施 ・それらの定期的な進捗確認 ・他部署のマネージャや、  担当執行役との定期的な情報共有やMTG ・目標やKPIの振り返りと改善 ・エンジニア採用(私は少ない)

    ・全社横断的な課題について、解決策の提案 etc…
  12. 成果を出し続ける エンジニア組織を目指してやって ること →問題に当たったら、  先人の知恵をお借りして  物事を進めてます。  (多分、自分一人の力で解決できたことは一度もないくらいに、先人の知恵万歳!) 12

  13. エンジニアリングマネジャーとして やってるVPoE的なコト

  14. エンジニアリングマネジャーとして やってるVPoE的なコト メンバーとの対話ポイント

  15. メンバーとの対話ポイント 15 1on1   ・週に1人20分   ・メンバーとの会話時間   ・No雑談。 (雑談はアイスブレイクだけ)   ・目標進捗を話すことは少ない   ・週ごとに、テーマを決めての会話   ・コーチング時間であることを意識

  16. 参考:「技術スキルと人間スキルが     成長のための両輪である」 16 エンジニアの成長、 会社の成長。 いかに成果をあげ、成長するか。 「技術スキルと人間スキルが     成長のための両輪である」 と心得よう。 「ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣」より引用

  17. 参考:内発的動機を加速させる役割 17 ・内発的動機と外発的動機  「モチベーション3.0」にて ・エンジニアはアメとムチの管理では  内発的動機を壊してしまう ・メンバーの内発的動機を  1on1を通じて加速させよう 「ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣」より引用

  18. メンバーとの対話ポイント 18 権限委譲   ・言葉の解釈は奥深くて難しい。     → 自分がやるべき仕事をするために、       人にできる仕事(ゴール)を渡すこと。   ・上司→部下だけでなく、チーム内外でやろう。   ・自発的な組織を作る第一歩   ・若手ほど権限委譲で「伸びる!」   ・不満のあるメンバーは、自分の仕事の領域で

       権限がない(orゴールがない)状態であることが 多い。
  19. 参考:メンバーに「生き生き」    仕事してもらう 19 ・自分がやるべき仕事をするために、  人にできる仕事(ゴール)を渡すこと ・仕事を「人」に合わせること ・適材適所 ・メンバーに生き生きと  仕事をしてもらう事がつまり大事  「経営者の条件」より一部を引用

  20. メンバーとの対話ポイント 20 成果へのありがとう   ・メンバーの成果への感謝の気持ち。   ・感謝は「ありがとう」の言葉より、同調。 ・褒めることは重要じゃない。 ・マネージャーは誰にでも真摯になれないと、    同調できない。(大事)

  21. 参考:(マネジャーには)根本的な素質が    必要である。真摯さである。 21 ・ドラッカーは、  マネジャーに必要不可欠な資質は  「真摯さ」だと言っている。 ・何が正しいかだけを考え、  誰が正しいかを考えない。 ・VPoEの視点でも同様。  野球チームとも同じ。

    ドラッカーの言う「真摯さ」とは何かを考えてみた を参照 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1609/07/news020.html
  22. メンバーとの対話ポイント 22 個人ビジョンに沿う目標の設定   ・目標設定は、3ヶ月(Q)毎に実施   ・将来の個人ビジョンとの連動目標を1つは入れる   ・1つも入れれないなら、入れれるように、    マネージャーが道を作る。   ・決定した個人目標はメンバー同士で共有

  23. 参考:それは「強みに集中する」    目標設定か? 23 ・弱みの改善より、強みを伸ばす ・より仕事を楽しみ、  集中できるようになる。 「不得手なことの改善にあまり時間を使ってはな らない。自らの強みに集中すべきである。まった くの無能を平均以下の水準にするには、 一流を

    超一流にするよりも、はるかにエネルギーと努 力を必要とする。」 「ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣」より引用
  24. メンバーとの対話ポイント 24 コトに向かう   ・私が最近、大事さを再認識してるワード   ・「自分に向かわず、他人に向かわず、コトに向かう」     (DeNA南場智子さん)   ・組織をつくること = コトに向かうこと   ・人と自分に向いすぎずに、    仕事に向かう。コトに向かう。    コトを成すことに精一杯取り組む。

    DeNA南場智子さんの講演「ことに向かう力」がいい話だった【全文】 - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2137283171836034701 より、一部引用
  25. エンジニアリングマネジャーとして やってるVPoE的なコト チームづくり

  26. チームづくり、どうしてますか? 26 ・どうやって団結させよう? ・エンジニア組織の活性化施策を何やろう? ぜひこれらより先に、 「カンバン方式」の導入をオススメ。 なぜって? 次のスライドからそのお話です。

  27. 書籍「カンバン仕事術」 27 2016年発売

  28. 「カンバン方式」が効果を発揮する状況 28 納期によく遅れる 見積もりが不正確なことが多い チームは仕事に追われている 優先度がよく分からない 色々なところからチームに仕事がくる 誰が何をやっているのかよくわからない

  29. うちの「カンバン方式」導入時のルール 29 ・会社で時間を使う事を全てをチケット化しよう。 ・定例ではやってることを語り合おう。  周りに刺激を与え合おう。 ・予定工数と工数の記録を適当でいいのでつけよう。

  30. 「カンバン方式」を導入した結果 30 ・仕事が見える化された。 ・タスクの流れが明確になった。 ・メンバーの自主性が大きく伸びた。 ・変化していくことを楽しめるようになった。 ・チームメンバー間の信頼度アップ。 詳細はブログにも載せてます。 https://engineers.weddingpark.co.jp/?p=1091

  31. 「カンバン方式」の導入により 31 導入前よりも、   ・チーム力アップ   ・仕事力アップ        が図られているでしょう! せっかくならこの状態になってから活性化施策や、エン ジニア施策を考えるのをオススメです。 ウエパでは、、、

  32. エンジニアリングマネジャーとして やってるVPoE的なコト その他

  33. その他 33 経営層の考えをメンバーに伝達  ・経営層の端的な言葉を、まず自分が噛み砕く。  ・それを自分の言葉にしてメンバーに伝える。  ・エンジニア視点に置き換えることが重要。  自分が誰よりも強い意思を持って動き、魅せる! メンバーからの信頼を得る  ・「好かれなくても、信頼される」になる。

  34. その他 34 エンジニア組織外の人に エンジニアを理解してもらうことの 難しさ  ・気合いを重視する割と営業寄りな文化はある。  ・それを押し付けられると萎える。  → マネージャーが社内に理解を 広める役割もってる。

     → 話す、話す、話す。
  35. まとめ

  36. VPoEを進める人に伝えたいこと(まとめ) 36 1, 先人の知恵は凄い!借りれるだけ借りよう → 本を沢山読もう。 2, 先輩方の経験を聞けば、そのまま力になる   →

    話を聞きに、会いに行こう。   自分から率先して、経験を話そう。
  37. VPoEを進める人に伝えたいこと(まとめ) 37 というか、 ドラッカーすげーから読んでみてください。

  38. 完 38 エンジニア絶賛募集中!