Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リモートワークを支えるヘルプデスクの現在と今後の挑戦 / Current and future challenges of help desks that support remote work

リモートワークを支えるヘルプデスクの現在と今後の挑戦 / Current and future challenges of help desks that support remote work

弥生株式会社 もくテク
快適なフルリモート弥生生活を支えるインフラ・ヘルプデスクの挑戦(2023/07/13)
https://mokuteku.connpass.com/event/286881/

yayoi_dd

July 13, 2023
Tweet

More Decks by yayoi_dd

Other Decks in Technology

Transcript

  1. リモートワークを支えるヘルプデスクの現
    在と今後の挑戦
    自己紹介
    弥生歴9年目
    元々弥生会計デスクトップのエンジニア
    現在はヘルプデスク
    技術だけでなく人とも接することが多い環境が好き
    現状
    SplashtopよりもVPNが主流になりつつある
    入退場が複雑になっている
    使用するツールが増えた
    PCの要求水準が高くなった
    フルリモートでほとんど出社しない人も増えた
    現状
    SplashtopよりもVPNが主流になりつつある
    入退場が複雑になっている
    使用するツールが増えた
    PCの要求水準が高くなった
    フルリモートでほとんど出社しない人も増えた
    入退場が複雑になっている
    入場時に下記の2つの要素を考慮する必要がある
    1. 初日出勤の場所
    2. 勤務形態(フルリモートかどうか)
    1.初日出勤の場所

    View full-size slide

  2. ※開発本部正社員の場合
    出社場所 PC受け渡し
    東京オフィス 人事総務部経由による手渡し
    リモート出社 郵送
    他拠点 担当チームPMによる手渡し
    これだけではなく・・・
    雇用形態の違い
    部署の違い
    ノートPCかデスクトップPCか
    網羅した形だと
    2.勤務形態
    フルリモート or 非フルリモートの2種類
    フルリモートの定義
    「部門で定められたオフィス」から100km以遠
    基本オフィスに出社しない
    オフィスに出社する場合は出張扱いになる
    PCが壊れた際は郵送

    View full-size slide

  3. 非フルリモート
    リモートメインで必要な時のみ近くの拠点に出社
    PCが壊れた際は近くの拠点へ持っていく
    各拠点の状況
    東京
    東京ヘルプデスク在籍
    大阪
    大阪ヘルプデスク在籍
    札幌
    札幌ヘルプデスク在籍
    席なし
    事前にビルへの入場申請必要
    他拠点(名古屋、仙台、福岡・・・)
    ヘルプデスク不在
    フルリモートも加えると
    東京
    東京ヘルプデスク在籍
    大阪
    大阪ヘルプデスク在籍
    札幌
    札幌ヘルプデスク在籍
    席なし
    事前にビルへの入場申請必要
    他拠点(名古屋、仙台、福岡・・・)
    ヘルプデスク不在
    フルリモート
    PCトラブル時は郵送か遠隔で対応
    パターンが多い

    View full-size slide

  4. 使用するツールが増えた
    使用するツールが増えた
    Slack
    小規模で使われていたが、1200ユーザーまで爆増
    backlog
    DocBase
    Splashtop
    Zoom
    etc...
    問題児
    Slack
    小規模で使われていたが、1200ユーザーまで爆増
    backlog
    DocBase
    Splashtop
    Zoom
    etc...
    Slack
    管理側で手動操作になることが非常に多い
    一括操作は管理側はWebアプリ作成が必要
    APIが非常に使いにくい
    管理画面のUIや機能を知らぬ間に変更
    事前告知ほぼ無し
    Slackのサポートすら知らないことも多い
    最上位権限の「契約者」でないと、アカウントの削除が不可能
    無効化で凌いでいる
    どうしても削除必要な場合:情シス部長が実施
    毎年1億円かかっている
    Zoom

    View full-size slide

  5. GPUへの負荷が特に高い
    Intel第11世代以降(Xe) or Ryzenでないと無理・・・
    現状の標準スペックノートはRyzenに
    Zoom
    自宅回線の問題が出やすい
    VPN使用時は帯域を狭めるのでより細く・・・
    弱めのインターネット問題
    マンション付属のWi-Fi
    CATVインターネット
    ADSL
    混雑したVDSL
    古いモバイルルータ
    etc...
    PCの要求水準が高くなった
    共通の要件
    GPU
    常時Zoomに耐えることができる
    Iris Xe
    内蔵Radeon
    重量
    出社時を考慮すると軽いほうが・・・
    1kg切るのが望ましい
    ハイスペックノート
    CPU
    第11世代以上i7
    Ryzen 7 6XXX以上
    まだ採用実績なし
    メモリ
    32GB以上

    View full-size slide

  6. ストレージ
    SSD
    2TB以上
    標準スペックノート
    CPU
    第11世代以上i5
    Ryzen 5 6XXX以上
    メモリ
    16GB以上
    ストレージ
    SSD
    512GB以上
    今後どうするか
    「入退場が複雑になっている」
    入退場の複雑さはシンプルにするのは難しい
    代わりとして・・・
    1. 想定できるパターンやシナリオを洗い出し、明確化する
    オペミスや物品返却忘れも無くなる
    明確化することで迷うコストも負荷も減る
    2. 入場時作業での負荷を減らす
    アカウント作成の負荷軽減
    手順の部分的なコマンド化/スクリプト化
    一部の手順にPowerShell導入など
    ソリューション導入
    PCキッティングの負荷軽減
    Intune/Autopilot
    「使用するツールが増えた」

    View full-size slide

  7. 対抗策として・・・
    統括できるソリューション導入
    ツールの見直し/統合
    「PCの要求水準が高くなった」
    根本的な解決法はなし
    今後
    1. PC選定の機会を重視する
    PC選定できる人を増やす
    選定法の定型化
    トレーニング
    新しい概念が入ってきたらすぐ対応する必要あり
    2. 良さそうな機種がないか情報収集
    アンテナ張っておく
    各ベンダーの営業さんから情報を得る
    3. 時間による解決
    ご静聴ありがとうございました

    View full-size slide