Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Primer of Information Architecture 2018

Primer of Information Architecture 2018

21st Apr. 2018 @MeetUp! UXD #00
#xdunit
情報設計から始める UXデザイン UX × IA

980365ab463cc17e9b1a390573515649?s=128

Kazuki YAMASHITA

April 21, 2018
Tweet

More Decks by Kazuki YAMASHITA

Other Decks in Design

Transcript

  1. から始める UXデザイン Kazuki Yamashita 21st Apr. 2018 @MeetUp! UXD #00

    情報設計
  2. 山下 一樹 メーカーの IT 部門にてソフトウェアの企画、UI 設計、 開発に従事。その後、株式会社インパスを設立。 インフォメーションアーキテクト、 ユーザビリティを専門とするアプリデザイナー。 人間中心設計推進機構、 ヒューマンインタフェース学会所属。

    @yamashitakazuki
  3. UI と UX デザインを専門 デザインと web・アプリ開発 情報設計、改善、UX コンサルティング、 クライアントは大手・スタートアップが中心

  4. から始める UXデザイン 情報設計

  5. 情報設計

  6. 情報アーキテクチャ

  7. Information Architecture

  8. 2003 2011 2015 IA Google Trend UI/UX

  9. IA の目的って?

  10. Text Hogehoge Text Hogehoge Text Hogehoge Basically, creating a wireframe

    sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with Basically, creating a wireframe sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with Basically, creating a wireframe sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with Text Hogehoge Text Hogehoge Text Hogehoge Basically, creating a wireframe sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with your design by being a prototype you can work off of. Basically, creating a wireframe sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with your design by being a prototype you can work off of. Basically, creating a wireframe sketch saves you time by reducing the number of revisions you’d need to do, and it helps you stay on track with your design by being a prototype you can work off of. ワイヤーフレームを描く?
  11. 利用状況把握 要求分析 要求への評価 調査・評価設計能力 ユーザー調査 実施能力 専門知識に基づく 評価実施能力 ユーザーによる 評価実施能力

    定性・定量データの 分析能力 現状の モデル化能力 ユーザー体験の 構想・提案能力 ユーザー要求仕様 作成能力 新製品・新事業 企画提案能力 システム・サービスの 要求仕様作成能力 情報構造の設計能力 デザイン仕様 作成能力 プロトタイピング 能力 プロマネ チーム 運営能力 プロジェクト 企画能力 導入 人材 組織 プロジェクト調整 推進能力 手法 開 教育プ 開 設計解決案 人間中心設計推進機構 コンピタンス
  12. 情報構造の設計能力 製品やシステム、サービスの使用に際し、 ユーザーが情報を理解しやすく、 またユーザー自身が情報を探しやすくなるような構造を、 要求仕様に基づいて設計できる能力のこと どのような構造を、どういった判断根拠で組み立てたか? 「ユーザーが理解しやすく探しやすい」をどう客観的に担保したか? 人間中心設計推進機構 コンピタンス

  13. James Garrett The Elements of User Experience A basic duality:

    The Web was originally conceived as a hypertextual information space; but the development of increasingly sophisticated front- and back-end technologies has fostered its use as a remote software interface. This dual nature has led to much confusion, as user experience practitioners have attempted to adapt their terminology to cases beyond the scope of its original application. The goal of this document is to define some of these terms within their appropriate contexts, and to clarify the underlying relationships among these various elements. Jesse James Garrett jjg@jjg.net Visual Design: graphic treatment of interface elements (the "look" in "look-and-feel") Information Architecture: structural design of the information space to facilitate intuitive access to content Interaction Design: development of application flows to facilitate user tasks, defining how the user interacts with site functionality Navigation Design: design of interface elements to facilitate the user's movement through the information architecture Information Design: in the Tuftean sense: designing the presentation of information to facilitate understanding Functional Specifications: "feature set": detailed descriptions of functionality the site must include in order to meet user needs User Needs: externally derived goals for the site; identified through user research, ethno/techno/psychographics, etc. Site Objectives: business, creative, or other internally derived goals for the site Content Requirements: definition of content elements required in the site in order to meet user needs Interface Design: as in traditional HCI: design of interface elements to facilitate user interaction with functionality Information Design: in the Tuftean sense: designing the presentation of information to facilitate understanding Web as software interface Web as hypertext system Visual Design: visual treatment of text, graphic page elements and navigational components Concrete Abstract time Conception Completion Functional Specifications Content Requirements Interaction Design Information Architecture Visual Design Information Design Interface Design Navigation Design Site Objectives User Needs User Needs: externally derived goals for the site; identified through user research, ethno/techno/psychographics, etc. Site Objectives: business, creative, or other internally derived goals for the site This picture is incomplete: The model outlined here does not account for secondary considerations (such as those arising during technical or content development) that may influence decisions during user experience development. Also, this model does not describe a development process, nor does it define roles within a user experience development team. Rather, it seeks to define the key considerations that go into the development of user experience on the Web today. task-oriented information-oriented 30 March 2000 © 2000 Jesse James Garrett http://www.jjg.net/ia/
  14. ビジュアル 骨格 構造 要件 目的 UXD 構造

  15. ビジュアル 骨格 構造 要件 目的 UXD IA 体幹

  16. IA の目的って? 「分かりやすさ」をきちんと設計していく

  17. IA がすること

  18. IA がすること 1. 把握し共有 2. 意図を作る 3. 構造化する

  19. IA がすること 1. 把握し共有 情報を棚卸して、混乱の状況を見極める

  20. 1. 把握し共有 正確さ・改訂 統合・排除 発見・作る 情報不足 不適切 情報過多 情報による混乱の原因

  21. 1. 把握し共有 枚数 きっぷ購入 カード購入 使い方説明 こども 路線名選択 地下鉄きっぷ 注意書き

    各線連絡
  22. IA がすること 1. 把握し共有 2. 意図を作る ◯◯にとって「良い」空気を作る

  23. 2. 意図を作る 空気=意図を作る

  24. 2. 意図を作る 空気=言葉ではない意図を作る

  25. 2. 意図を作る 言葉そのものに意図はなく混乱の元になる 大阪国際空港 第1ターミナル 関西国際空港 伊丹空港 第2ターミナル 新千歳空港 中部国際空港

    名古屋空港 千歳空港 セントレア リスト 結果一覧 明細表 一覧 商品一覧
  26. IA がすること 1. 把握し共有 2. 意図を作る 3. 構造化する 適切な構造パターンを決める

  27. 構造のパターン 3. 構造化する 並列 階層 ハイパーテキスト シーケンシャル 情報が少ない場合 大量の情報 順序が情報を左右

    構造間を移動
  28. 構造のパターン プッシュアップ モーダル ナビゲーション 1 2 1-A 1 1-B 3.

    構造化する 情報間の移動 階層間の移動 サブ情報の操作 1 1”
  29. IA がすること 1. 把握し共有 2. 意図を作る 3. 構造化する

  30. これからの IA

  31. これからの IA 個が進化を続ける「多様性」の中で ᴷ

  32. 正しい設計でみんなで個をつなぐ 「分かりやすい」を当たり前に これからの IA

  33. 「分かりやすいって、すばらしい」

  34. Thank you! Twitter @yamashitakazuki UI デザインのコミュニティを運営しています。 よかったらフォローお願いします。