賢く「散らす」ための Topology Spread Constraints #k8sjp / Kubernetes Meetup Tokyo 25th

332f89cc697355902a817506b6995f2b?s=47 y_taka_23
November 13, 2019

賢く「散らす」ための Topology Spread Constraints #k8sjp / Kubernetes Meetup Tokyo 25th

Kubernetes Meetup Tokyo #25 で使用したスライドです。

Kubernetes において、Pod を分散させる基本単位は Node です。しかし現実には複数の Node に Pod が分散している状況であっても、それらの Node が同じ Availability Zone やラックにホスティングされていた場合には、障害が原因で Pod が全滅しサービス停止に陥る可能性があります。

この問題を解決するため、Kubernetes v1.16 ではアルファ機能として Topology Spread が導入されました。この機能を有効にすると、Node に Label を付与することで故障ドメインを表現した論理的なグループを作成し、そのグループ単位での Pod の分散方法を指定することができます。

イベント概要:https://k8sjp.connpass.com/event/150873/

332f89cc697355902a817506b6995f2b?s=128

y_taka_23

November 13, 2019
Tweet