Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Helm を利用した Kubernetes as a Service の実現

Helm を利用した Kubernetes as a Service の実現

Helm を利用して Kubernetes の上に Kubernetes のマスターコンポーネントをデプロイします。

203e5cc4766b6b4d2360f8329b8e7559?s=128

O. Yuanying

April 19, 2018
Tweet

Transcript

  1. OTSUKA, Motohiro / Yuanying NEC Solution Innovators, Ltd Japan Container

    Days v18.04 を利用した Kubernetes as a Service の実現
  2. この資料について 掲載内容は私自身の見解であり、 必ずしも所属する企業や組織の立場、戦略、意見 を代表するものではありません。

  3. Agenda 1. 私 2. Motivation 3. Kubernetes 4. Helm 5.

    Kubernetes as a Service 6. Kubernetes as a Service 実現案 7. デモ 8. まとめ
  4. Who am I ? • OTSUKA, Motohiro / Yuanying ◦

    NEC ソリューションイノベータ ▪ OSS コミュニティ対応チーム所属 ◦ OpenStack コミュニティ ▪ OpenStack Magnum 元コアレビューア • (2014/12/31-2017/03/31) ◦ 言語 ▪ Ruby (2007 - ) ▪ Python (2014 - ) ▪ Go (2017 - ) ◦ 趣味 ▪ ロードバイク (2009 - ) ▪ トライアスロン (2010 - )
  5. Currently I’m interested in... お家 Kubernetes クラスター • Master Node

    ◦ HW: MinnowBoard Turbot x 3 ◦ Component ▪ etcd, kube-api, kube-controller-manager, kube-scheduler • Worker / Storage Node ◦ HW: ECS Liva Z x 3 ◦ Component ▪ CoreDNS, Flannel ▪ Gluster
  6. Motivation

  7. なぜパブリッククラウドのそれを使わずに、 Kubernetes as a Service (KaaS) を実現する必要がある のか。 社内のプライベートクラウドで自由に Kubernetes

    クラスターが欲しい、け どそれを管理したくない。 パブリッククラウドを運営してます、けどまだ KaaS はラインナップしていません。 OpenStack Magnum の開発者でした、け どうちの会社の人が使ってくれません、リベ ンジしたい。
  8. Kubernetes

  9. What is Kubernetes? • コンテナオーケストレーションツール ◦ Google の内部システム Borg にインスパイアされている。

    ◦ 2014 年にオープンソース化。 ◦ クラウドネイティブアプリケーションのための運用・管理基盤 。 ▪ アプリケーションのデプロイ、アップデート、プロセス監視、自動復旧、ロードバランシングなど の機能がデフォルトで組み込まれている。 アプリケーションのデプロイという意味で は、どちらかというと Ansible, Chef, Puppet が競合ソフトウェア?
  10. 例えば、 ロードバランシング

  11. Services • Pod へのロードバランシング • サービスディスカバリ ◦ ex: DNS record,

    frontend.svc.default.cluster.local Services selector: app: frontend Pod frontend app Pod frontend app 8080
  12. 例えば、 ローリングアップデート

  13. Deployments • ReplicaSets の世代管理 ◦ ローリングアップデート ◦ ロールバック Deployment replicas:

    2 selector: app: nginx ReplicaSet Template ReplicaSet v1 Pod nginx v1.12 Pod nginx 1.12 ReplicaSet v2 Pod nginx v1.13 Pod nginx 1.13
  14. Manifest apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app:

    nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: app: nginx spec: containers: - name: nginx image: nginx:1.7.9 ports: - containerPort: 80 v 上記の管理リソースは全 て `manifest` によって宣 言的に定義される。
  15. What is Kubernetes? クラウドアプリケーションを構築するための一番最適な方法!

  16. Architecture 制御系 • etcd • kube-apiserver • kube-controller-manager • kube-scheduler

    実行系 • kubelet • kube-proxy • network plugin (CNI)
  17. None
  18. Helm とは? Kubernetes における パッケージマネージャ apt, yum… helm!

  19. Before Helm apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels:

    app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... gitlab manifests apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... redmine manifests apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... apiVersion: apps/v1beta2 kind: Deployment metadata: name: nginx-deployment labels: app: nginx spec: replicas: 3 selector: matchLabels: app: nginx template: metadata: labels: ... mysql manifests Write manifests... And deploy
  20. After Helm Gitlab Chart Redmine Chart MySQL Chart helm create

    <chart name>
  21. https://kubeapps.com • drupal • etcd • gilab • grafana •

    hadoop • jenkins • mariadb • mediawiki • mysql • owncloud • postgresql • redis • selenium • wordples • ...
  22. Helm とは? Helm でパッケージ化することで、 Kubernetes に簡単にアプリケーションをデプロイ、共有することができる!

  23. Kubernetes as a Service

  24. What is Kubernetes as a Service? (1) • Kubernetes クラスターをクラウドのユーザ個々に提供する仕組み。

    Kubernetes クラスター共有モデル Kubernetes as a Service モデル オススメ!!
  25. どんな感じで Kubernetes クラスターはユーザに提供されるの?

  26. Master kube-apiserver kube-cm etcd kube-scheduler Master kube-apiserver kube-cm etcd kube-scheduler

    Master kube-apiserver kube-cm etcd kube-scheduler Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet コントロールプレーン ノード
  27. Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet

    Node kubelet Node kubelet Node kubelet コントロールプレーン ノード KaaS により 提供
  28. What is Kubernetes as a Service? (2) マスタコンポーネント (コントロールプレー ン)

    はクラウドが用意し、 ノード はユーザが用意する。
  29. パブリッククラウド比較 (2018/03時点) GKE AKS EKS k8s version 1.9 1.8 (latest)

    アップグレード 自動 自動 自動 可用性 Zone/Regional - Regional ワーカノードの スケーラビリティ 異種ノード混在 オートスケール 同一ノードのみ 異種ノード混在 ストレージ Block Block/Filesystem ? 追加機能 GPUサポート ネットワークポリシー GPUサポート サービスカタログ ? 価格 コントロールプレーンの管 理費は含まれない コントロールプレーンの管 理費は含まれない ?
  30. パブリッククラウドに対抗する、 Kubernetes as a Service を実現するには? ムリ

  31. とにかく KaaS を実現する際の課題 • コントロールプレーンのデプロイを自動化する手段が必要。 • リソース利用効率の向上が必要。 ◦ ユーザごとにコントロールプレーンを用意するにも関わらず、主要なパブリッククラウドではコントロー ルプレーンの管理費は無料。

    ◦ 可用性を確保するためにはコントロールプレーンは 3 冗長欲しい。 ◦ ユーザに提供するコントロールプレーン 1 系ごとに VM を用意するのは効率が悪い。 • 管理、運用の自動化が必要。 ◦ コントロールプレーンの管理はクラウドプロバイダ側でやる必要がある。 ▪ アップグレード、監視、障害復旧。
  32. Kubernetes as a Service 実現案

  33. とにかく KaaS を実現する際の課題 (主にコントロールプレーン) • コントロールプレーンのデプロイを自動化する手段が必要。 • リソース利用効率の向上が必要。 ◦ ユーザごとにコントロールプレーンを用意するにも関わらず、主要なパブリッククラウドではコントロー

    ルプレーンの管理費は無料。 ◦ 可用性を確保するためにはコントロールプレーンは 3 冗長欲しい。 ◦ ユーザに提供するコントロールプレーン 1 系ごとに VM を用意するのは効率が悪い。 • 管理、運用の自動化が必要。 ◦ コントロールプレーンの管理はクラウドプロバイダ側でやる必要がある。 ▪ アップグレード、監視、障害復旧。 デプロイ自動化? リソース利用効率の向上、、、 コンテナ? アップグレード、監視、自動復旧、 ???
  34. これらの機能を持つミドルウェアをどこかで見たような…。

  35. Kubernetes で Helm を使って、 Kubernetes をデプロイすれば良いのでは?? Deploy • ローリングアップグレード、ロールバック •

    スケーリング管理 • 設定管理 • ロードバランシング
  36. etcd etcd Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet

    KaaS 用 k8s cluster namespace: tenantA kube-apiserver kube-scheduler kube-apiserver kube-cm Node kubelet Node kubelet tenant A namespace: tenantB kube-apiserver kube-scheduler kube-apiserver kube-cm Node kubelet Node kubelet tenant B フルマネージド ユーザに提供する Kubernetes のコントロールプ レーンをコンテナ化、KaaS 用 k8s cluster で管理 セルフサービス ユーザは自ら用意した VM/Node をクラウドサービス が用意したコントロールプレー ンに繋げることにより、 Kubernetes クラスターを構 成。
  37. デモ

  38. 青い端末 テナントA 赤い端末 クラウドプロバイダ側

  39. デモ手順 1. KaaS 用 Kubernetes 確認 2. テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成

    3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  40. デモ手順 1. KaaS 用 Kubernetes 確認 2. テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成

    3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  41. Node kubelet Node kubelet tenant A ユーザは kubelet / kubeadm

    がインストールされた VM を起 動しているが、Kubernetes ク ラスターとしてまだ動作していな い状態。 Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet KaaS 用 k8s cluster Node kubelet Node kubelet サービスプロバイダ用の Kubernetes はすでに構築さ れているものとする。
  42. デモ手順 1. KaaS 用 Kubernetes 確認 2. テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成

    3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  43. etcd namespace: tenantA kube-apiserver kube-scheduler kube-apiserver kube-cm Node kubelet Node

    kubelet tenant A Helm によりネームスペース上 に Kubernetes コントロールプ レーンがデプロイされる。 Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet KaaS 用 k8s cluster Node kubelet Node kubelet
  44. デモ手順 1. KaaS 用 Kubernetes 確認 2. テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成

    3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  45. etcd namespace: tenantA kube-apiserver kube-scheduler kube-apiserver kube-cm Node kubelet Node

    kubelet tenant A Kubernetes クラスターを構成 するためには、ノードをコント ロールプレーンに接続する必要 がある。 Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet KaaS 用 k8s cluster Node kubelet Node kubelet
  46. デモ手順 1. KaaS 用 Kubernetes 確認 2. テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成

    3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  47. etcd namespace: tenantA kube-apiserver kube-scheduler kube-apiserver kube-cm Node kubelet Node

    kubelet tenant A nginx 提供されたコントロールプレーンの API に対してリクエス トを送ることで、ノード上にコンテナが作成することを確認 する。 Node kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet KaaS 用 k8s cluster Node kubelet Node kubelet
  48. まとめ

  49. Kubernetes as a Service • プライベートクラウドでも KaaS を実現できます。 • ただし!

    ◦ このセッションでは全く課題について触れてません … 。 ◦ 興味ある方は以下に! ◦ https://github.com/yuanying/kubernetes-chart
  50. ご静聴ありがとうございました。

  51. おまけ

  52. デモ手順 0. KaaS 用 Kubernetes 確認 1. テナント用ネームスペース 作成 2.

    テナント用 Kubernetesコ ントロールプレーン作成 3. テナントVMをコントロール プレーンに接続、確認 4. テナント Kubernetes に nginx をデプロイ
  53. namespace: tenantA Node kubelet Node kubelet tenant A ネームスペース作成 Node

    kubelet Node kubelet Node kubelet Node kubelet KaaS 用 k8s cluster Node kubelet Node kubelet
  54. What is Kubernetes as a Service? (2) フルマネージド 各種マスターコンポーネントはクラウドにより管理されてお り、ユーザは

    kubernetes の API のみが提供される。 マスターコンポーネントが動作するマシンにはユーザは触 れることができない。 ex) マスターのアップグレードはクラウド側の責務 セルフサービス クラスタを構成するノードはユーザの管理下となる (最近 では一部例外あり)。 ユーザが自分で用意した VM をクラスタに組み込むことが 可能なサービスもある。 ex) ノードのアップグレードはユーザ側の責務、ただしクラ ウドによるサポートがある
  55. この資料の取り扱いについては、 以下の URL を参照してください。 https://個人の見解.jp

  56. この資料の取り扱いについては、 以下の URL を参照してください。 https://個人の見解.jp

  57. この資料の取り扱いについては、 以下の URL を参照してください。 https://個人の見解.jp