$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

20220913_ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12

20220913_ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12

20220913_ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12「最近 M5StickC Plus + UIFlow でUnit をいろいろ触って楽しんでる話」の登壇資料です。

◆スライド内の素材は以下を使用させて頂いております。ありがとうございます!

・シルエットデザイン http://kage-design.com/
・human pictogram 2.0 http://pictogram2.com
・ICOOON MONO http://icooon-mono.com/
・Adobe Stock https://stock.adobe.com/jp

1ft-seabass
PRO

September 13, 2022
Tweet

More Decks by 1ft-seabass

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ビジュアルプログラミングIoTLT vol.12 最近 M5StickC Plus + UIFlow で Unit をいろいろ触って楽しんでる話

    ワンフットシーバス 田中正吾
  2. 私の話はスライドを後ほど共有します。 話す内容に注力いただいて大丈夫です!

  3. 田中正吾(たなかせいご) 屋号:ワンフットシーバス 2004年よりフリーランス。以後、FLASH制作を 中心にインタラクティブコンテンツを主に行い現 在に至る。 最近ではWEBフロントエンドをベースにしなが らも、情報とインターフェースが合わさるアプ ローチという視点でIoTやMixed Realityといった 技術も取り入れながら活動しています。

  4. UIFlow でつなげる Unit が面白いと思っている

  5. いろいろ出ていて使ってみたくなった https://www.switch-science.com/catalog/list/1076/

  6. M5Burner がファーム書き換えなので 怖かったが案外ガンガンやって大丈夫だった Arduino IDE で書き込める場合書き込みドライバはあるのでやりやすかった

  7. UIFlow はデスクトップ版を使ってます オンライン版も良いがデスクトップ版の方がネットワーク気にせず試せて良いことも多い

  8. かなりの Unit が UIFlow で使える 各 Unit ブロックは例もあってシンプルなものが多く使いやすい

  9. MQTT 接続もしっかり書けてて良い インターネット接続はコードに書かずアクセスポイントけ経由で設定できた https://burariweb.info/electronic-work/m5stickc-uiflow-wifi-configuration.html

  10. デモしてみる

  11. ファンを回してみる https://www.switch-science.com/catalog/6213/

  12. 温度湿度計ってみる https://www.switch-science.com/catalog/7254/

  13. カードリーダー RFID2 が楽しかった https://www.switch-science.com/catalog/8301/

  14. 余裕があれば、あらためて見てみる https://www.switch-science.com/catalog/list/1076/

  15. まとめ ➔ UIFlow を始める M5Burner もうまく使えてよかった ➔ Unit がいろいろ出ていてたのしい ➔

    かなりの Unit が UIFlow で対応していて触りやすい ➔ 通信プロトコルや Wi-Fi 接続も扱いやすかった ➔ サッと試せることができて発想が広げやすそう! ➔ 今後もいろいろと触っていきたい!