Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

利己主義と裏切りが支配する世界で称賛文化が生まれるチームとは / What is a team that creates a culture of admiration in a world dominated by selfishness and betrayal?

59b9954b914fda860b6f8a3511e9f041?s=47 Satoshi Okami
November 09, 2021
1.3k

利己主義と裏切りが支配する世界で称賛文化が生まれるチームとは / What is a team that creates a culture of admiration in a world dominated by selfishness and betrayal?

プロジェクトマネジメント Tips LT会 vol.3 で発表した内容です。

今日のテーマ

「称賛文化の作り方」

概要

今回は、チームメンバー同士が自然と褒う要因についての探求です。

過去スライドの「スケーラブルなチームの作り方」の中で、チームの成果を高めるためには、協力をすればよく、チームメンバーの協力を引き出すためには、チームメンバーを褒めればよいと深掘りした内容の続きとなります。

59b9954b914fda860b6f8a3511e9f041?s=128

Satoshi Okami

November 09, 2021
Tweet

Transcript

  1. 利己主義と裏切りが支配する世界で 称賛文化 が生まれるチームとは NIKKEI - Satoshi Okami

  2. 今日のテーマ 称賛文化が根付く要因 2

  3. 外から見た日経IDチーム 好きなだけ有給 1週間、1ヵ月OK 退職・異動時引 き継ぎなし モブプロ ハンズオン 業務知識平準化 わきあいあい楽しそう 未来に投資する活動

    業務時間内に業務外活動 3 シェアドリーダーシップ 自己組織化 日経IDチーム 他のチームの人
  4. 4 わきあいあいのヒケツは、称賛文化 (褒める)。 褒める理由は、過去のスライドにまとめています。 スケーラブルなチームの作り方@XP祭り2021

  5. 統一期 “意見の不一致と性格の不一致が解決は、より親密な関係 をもたらし、協力 の精神が現れる。” Tuckman's stages of group development -

    Wikipedia  褒めるとチームは協力する。協力は成果を高める。 5 “ほめて、相手が好意的な反応を示す様子を観察しよう。 どんな人でもたちまち友好的で 協力的 になってくれるはずだ。” 人望が集まる人の考え方 p202 第12章 人間関係で奇跡を起こす方法 Part4 人々にうまく働きかける            タックマンモデル スライド から抜粋
  6. 1. 多様性のあるメンバー構成 2. 一人ひとりが自発的に行動する 自然と褒め合う要因は何か? 6

  7. 1. 多様性のあるメンバー構成 能力が近しいと序列を生む 7 様々な能力を持つメンバー構成 → 称賛が一部の人に集中 → 自分にできないは褒めやすい 他人と比較

    される 多様性は相 手を認め易 い
  8. ゴルディロックスの満足感を獲得するチーム 1. 多彩なメンバーで構成されたグループを編成する。 経験や背景、教育面で、メンバーが均一的にならないようにして、互いに刺激   し、学びあ えるようなグループを編成すること。 2. 「競争のないグループ」にする。 競争によって刺激し高め合ってほしいと考え、同僚同士を競わせたとしても、    ほぼ確実 に彼らの内発的動機づけを損ねる。 競争ではなく、共同や協力

    でいこう。 3. 業務を移管する。 4. 目的によって活力を与える。報酬を与えて動機づけてはいけない。 8 モチベーション3.0 p273 組織用ツールキット 会社、職場、グループ能力を向上させる 9つの方法 他のメンバーに教えてあげれる 他のメンバーにとっては学び これ 大事 今回の ポイント
  9. 多様性はチームの成果を向上させる “一般的には、異質な背景を持つメンバーで構成されたチームのほう が、多様な能力や情報を有している可能性が高く、その結果、より効果 的なチームとなることが裏付けられている。” 組織行動のマネジメント ―入門から実践へ p213 第8章 “チーム”を理解する 9

    “今日の変化の激しいビジネス環境の中で抜きん出た成果を上げる ためには、ダイバーシティ(多様性)に富んだ「集合知」が不可欠だか らです。” 世界最高のチーム p15 第1章 世界共通のチームづくりのルールとは
  10. 2. 一人ひとりが自発的に行動する 10 年齢などで画一的に決めない。 役割をマイクロマネジメントしない。 自分で自分の役割を決める自発性があれば、 状況の変化に応じて 自身の役割を柔軟に変 化させる ことができる。 

    これは(たぶん)衝突する テックリード としてがん ばって! テックリード としてがん ばって! 自己組織化 チーム Aさん Bさん 上司 上司 → 互いをフォローし合うように動ければ感謝 の気持ちは自然と出るのではないか? コーチングで自 発性を促進
  11. 自分に裁量権があると成果とやる気に繋がる① “なぜFacebookは自社のエンジニアにそんな自由を与えて動き まわらせたり、別のことを試させたりするんだろうか?それは、人 は自分の好きなことに取り組んでいるときにこそ最高の仕事をす る、ということをFacebookは心得ているからだ。社員が毎日楽しく 心踊らせて出社できる可能性を最大限に高めるための選択肢 を、彼ら自身に与えているのだ。” 11 ユニコーン企業のひみつ p69

    4章 トライブでスケールさせる 発売日:2021年04月26日
  12. 自分に裁量権があると成果とやる気に繋がる② “「全員経営」とは、経営の目的や目標を明確にしたうえで、仕事 のやり方を細かく規定せずに社員に任せ、自分の仕事を責任を 持って遂行してもらうことである。宅急便を担う中心的存在は、現 場で顧客に接する約三万人の「セールスドライバー」である。彼ら のやる気をいかに引き出し、楽しく働いてもらうか。全員経営の成 功はそこにかかっている。” 12 小倉昌男 経営学

    p171 第9章 全員経営 ど・う・や・ら やる気を引き出すのに 裁量 権を与えるの は、時代も企 業規模も関係ない 普遍的な 方法のようだ! 発売日:1999年01月01日
  13. 仲間募集 “日経は、競争でなく協力して楽しく仕事したい仲間を募集しています。 成果主義ではない世界線で働きたい 全俺(私) に適しています。(笑)” SE、PO、SM、EM、PM どんなキャリアの 全俺(私) も大歓迎です。 窓口(DM):Twitter@nikkeideveloper

    13
  14. 発表者紹介 14 慎重エンジニア。2019年7月、日本経済新聞社に入社。日経IDチーム 所属。趣味は怪 文書の投稿。時折、「イノベーションする組織」などの怪文書を会社Slackの片隅に投稿 する。初登壇のXP祭り2021は「スケーラブルなチームの作り方」を発表。「組織の流動 性の高め方」や「組織の流動性と企業の競争優位性の相関関係」の独自研究をしてい る。座右の銘は、いつも心に白装束 。 speakerdeck@after12am

    Github@after12am Twitter@satoshi_okami