SORACOM Air Sim を活用した午睡チェックのアーキテクチャ / Lookmee Nap Check Architecture with SORACOM Air

SORACOM Air Sim を活用した午睡チェックのアーキテクチャ / Lookmee Nap Check Architecture with SORACOM Air

SORACOM UG Explorer 2020 オンライン での下記セッションの登壇資料です。

事例セッション①
SORACOM Air Sim を活用したお昼寝見守りサービス「ルクミー午睡チェック」のアーキテクチャ

717e348de96d4638d6ff04aad91bc594?s=128

Hiroaki Akanuma

December 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. © UniFa Inc. SORACOM Air Sim を活⽤した 午睡チェックの アーキテクチャ ユニファ株式会社

  2. © UniFa Inc. ⾃⼰紹介 Twitter: @akanuma

  3. © UniFa Inc. 事業・サービスについて

  4. © UniFa Inc. IoTやAIなど最新の テクノロジーの⼒を活⽤し、 保育・育児関連の社会課題 を解決することを⽬指す スタートアップ企業 ユニファとは IoTやAIなど最新の

    テクノロジーの⼒を活⽤し、 保育・育児関連の社会課題 を解決することを⽬指す スタートアップ企業
  5. © UniFa Inc. もっと⾒たい。 もっと⾒てほしい。 を、もっと叶えたい。 「保育の質を上げる」保育関係者のパートナー

  6. © UniFa Inc.

  7. © UniFa Inc.

  8. © UniFa Inc. SIDS: 乳幼児突然死症候群

  9. © UniFa Inc. 従来の午睡チェック業務 ⼿書きによる5分間隔でのうつ伏せ寝チェック

  10. © UniFa Inc. ルクミー午睡チェック概要

  11. © UniFa Inc. ルクミー午睡チェック概要

  12. © UniFa Inc. ルクミー午睡チェック概要 Web管理画⾯

  13. © UniFa Inc. 利⽤中の様⼦ ※画像転載禁⽌

  14. © UniFa Inc. 利⽤実績 導⼊施設数 約 3,200 施設 午睡センサー数 約

    35,000 個 タブレット数 約 5,000 台 特に求められる Well-Architected の柱 Ø 信頼性 Ø 運⽤上の優秀性
  15. © UniFa Inc. AWS Startup Architecture of the Year Japan

    2020 優勝
  16. © UniFa Inc. システムアーキテクチャ

  17. © UniFa Inc. 想定された課題 アクセス特性 Ø ピークタイム: 11:00 – 15:00

    Ø 5分毎に iPad アプリから集中的にデータが送信される チェックシートデータ量 Ø 12レコード/園児/時 x 14時間 x 10園児 = 1,680レコード/⽇/施 設 Ø 1,680 x 2,000施設 = 3,360,000レコード/⽇
  18. © UniFa Inc. Well-Architected なポイント Ø 信頼性 Ø 運⽤上の優秀性

  19. © UniFa Inc. Overview

  20. © UniFa Inc. Overview

  21. © UniFa Inc. なぜ Wi-Fi ではないのか︖ Why not Wi-Fi?

  22. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題

  23. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題 インターネット 環境の有無

  24. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性

  25. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

  26. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

    解決できます。
  27. © UniFa Inc. そう、SORACOM ならね。

  28. © UniFa Inc. 全部セットしてお届け Ø セルラーモデルの iPad mini に SORACOM

    Air Sim 設定済み Ø 園児アカウント設定済み Ø 午睡センサーとの連携設定済み Ø 午睡センサーへの園児名シール 貼付済み Ø ガイドブックも同梱
  29. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題を解決 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

  30. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題を解決 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

    既存のネットワーク環境を 気にする必要がない
  31. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題を解決 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

    既存のネットワーク環境を 気にする必要がない ルータからの距離なども 気にする必要がない
  32. © UniFa Inc. 保育施設のネットワーク環境における課題を解決 インターネット 環境の有無 Wi-Fi接続の安定 性 導⼊時の Wi-Fi接続設定

    既存のネットワーク環境を 気にする必要がない ネットワーク接続設定を 施設側で⾏う必要がない ルータからの距離なども 気にする必要がない
  33. © UniFa Inc. Design for Failure

  34. © UniFa Inc. Design for Failure 午睡チェック業務実⾏中の場合は サーバへ接続できなくなっても センサーと iPad

    間でチェック業務可能
  35. © UniFa Inc. ユーザーコンソールの活⽤ Ø iOSアプリアップデート対応で 速度クラスを変更 Ø データアップロード失敗時等は セッション状況を確認

  36. © UniFa Inc. 全体構成図

  37. © UniFa Inc. 全体構成図

  38. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理

  39. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 ピークタイムに合わせて EC2 を Auto Scaling ピークタイムに合わせて

    EC2 を Auto Scaling (API Server と同⼀インスタンス)
  40. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 Redis を使⽤して ステータスフラグを記録し Create/Update/Delete の 処理順番を保つ

  41. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 SQSを介した⾮同期処理 Worker が DynamoDBに書き込 む

  42. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 DynamoDBのテーブルは⽉別で作成し キャパシティやアクセス⽅法を調整 過去テーブルへのアクセスは同期処理

  43. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 データ送信回数、アラート回数などの センサー単位での情報は DynamoDB Stream で Lambda

    Function を実⾏して都度集計し DynamoDB のテーブルに記録
  44. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理

  45. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 DynamoDB の Write Capacity を 予め登録しておく

    Worker は起動時に⾃⾝の情報を登録 稼働中の Worker 数と Write Capacity の情報を取得 WriteCapacity: 120
  46. © UniFa Inc. 午睡チェックシートデータの処理 DynamoDB の Write Capacity を 予め登録しておく

    Worker は起動時に⾃⾝の情報を登録 稼働中の Worker 数と Write Capacity の情報を取得 Write Capacity の情報をもとに スロットリングが発⽣しないように 書き込み速度を調整 WriteCapacity: 120 4 0 4 0 4 0
  47. © UniFa Inc. ビジネスインパクト

  48. © UniFa Inc. 導⼊施設数 Ø サービス開始: 2018年4⽉(約2年半経過) Ø 導⼊施設数: 約3,200施設(2020/06/30時

    点)
  49. © UniFa Inc. データ量増加推移 0 1 2 3 4 5

    6 7 8 9 10 201804 201805 201806 201807 201808 201809 201810 201811 201812 201901 201902 201903 201904 201905 201906 201907 201908 201909 201910 201911 201912 202001 202002 202003 202004 202005 202006 202007 Millions 2年半累計で約1.2億レコード 2020.04緊急事態宣⾔ コ ロ ナ 禍 に よ る 稼 働 減
  50. © UniFa Inc. アーキテクチャによるビジネス貢献 信頼性 Ø レスポンスタイムやパフォーマンスの劣化なし Ø サーバに接続できなくても稼働継続可能 運⽤上の優秀性

    Ø セルラー回線を使うことでWi-Fiの問題を回避 Ø 安定的な稼働と導⼊時のハードルを下げることに貢献
  51. © UniFa Inc. 安⼼を進化させる。 ほほ笑みが増えていく。 命に関わる業務をサポート 求められる Well-Architected の柱 Ø

    信頼性 Ø 運⽤上の優秀性
  52. © UniFa Inc. もっと⾒たい。 もっと⾒てほしい。 を、もっと叶えたい。

  53. © UniFa Inc. We are hiring!! インフラエンジニア、Rubyエンジニアをはじめとして 開発メンバー募集しています︕︕ お気軽にご連絡ください︕︕

  54. © UniFa Inc.