Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

_Gunso_AktskGeekLive_LT会資料_20220224_スライド用.pptx.pdf

E473e5af1263c050599921981db46068?s=47 akatsukinewgrad
May 19, 2022
290

 _Gunso_AktskGeekLive_LT会資料_20220224_スライド用.pptx.pdf

E473e5af1263c050599921981db46068?s=128

akatsukinewgrad

May 19, 2022
Tweet

More Decks by akatsukinewgrad

Transcript

  1. - 入社1年目の主張 - 大規模プロジェクトの開発に ジョインして見えてきた "Good & More"

  2. 自己紹介 軍曹 / Daiya Tasaki • 21卒 クライアントエンジニア • 入社前

    • VR研究 @ 東大 あの人研 • VRゲーム開発 @ DMM • 入社後 • 大規模プロジェクトのクライアントエンジニア
  3. 今回のゴール

  4. 今回の目次 1. スクラムでアジャイル開発 2. 目指すべきはゴリラじゃない 3. コードに対する意識変化 1. 継ぎ足された秘伝のタレ 2.

    俗人化 GOOD MORE
  5. Good

  6. Good1. スクラムでアジャイル開発 アジャイル開発 • 関係者は目的の達成のためにお互いに協力し合いながら進める • 一度にまとめてではなく少しずつ作り、早い段階から実際に動作するものを届け続けて評価を繰り返す • 利用者の反応や関係者からのフィードバックを継続的に得ながら、作っているもの自体や計画を調整する (『SCRUM

    BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発 』 から引用) スクラム • アジャイル開発のやり方の一つ • 固定化されたチーム、短い期間で「計画 →実行→観測→改善」を行うというもの (チーム内の説明から引用)
  7. Good1. スクラムでアジャイル開発 実際に仕事がしやすい! • 安定している:スケジュール的にタイトな場面は今のところない • レスが早い :プランナーにもデザイナーにも QAにもラフに相談できる 個人開発では体感できない「仕事の枠組み」 •

    この規模だからこそ、仕事の枠組みが大切なのだと思える • 「いいやり方」「枠組み」を考える機会に恵まれた
  8. None
  9. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない ゴリラ • ゴリラは、霊長目ヒト科ゴリラ属(ゴリラぞく、 Gorilla)に分類される構成種の総称。 ( Wikipedia から引用)

  10. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない ゴリラ • ゴリラは、霊長目ヒト科ゴリラ属(ゴリラぞく、 Gorilla)に分類される構成種の総称。 ( Wikipedia から引用)

  11. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない ゴリラ • スーパースターエンジニア (『スクラムを失敗させる51のアンチパターン』 から引用 )

  12. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない ゴリラ • スーパースターエンジニア (『スクラムを失敗させる51のアンチパターン』 から引用 ) ゴリラの習性 •

    一人の人間(シニアデベロッパー、技術リーダー、エグゼクティブ)が会話を支配している • ゴリラが話すまで、人は話さない • チームメンバーはゴリラの意見に従う (『Scrum Community Wiki』から引用)
  13. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない ゴリラ • スーパースターエンジニア (『スクラムを失敗させる51のアンチパターン』 から引用 ) ゴリラの習性 •

    一人の人間(シニアデベロッパー、技術リーダー、エグゼクティブ)が会話を支配している • ゴリラが話すまで、人は話さない • チームメンバーはゴリラの意見に従う ゴリラの弊害 • チームは、決定したことを信じられなくなる • 本当のチームは、決して形成されない • 意思決定が一元化されるため、最適でない意思決定が行われる (『Scrum Community Wiki』から引用)
  14. Good2. 目指すべきはゴリラじゃない 要は…… スーパースターエンジニアに「強く依存しちゃいけない」という話 チームでは、この問題の回避のため、ペア/モブプログラミングが積極的 に採用されています (めっちゃいい!)

  15. Good3. コードに対する意識変化 他の人のことを考えるようになりました • この変数名は本当にリーダブルだろうか? 他の人から見ても理解しやすいだろうか? • 良い設計をチームで作り上げるためには、自分が人に説明できないといけない … そもそも自分が人に説明できるくらい、良い設計に対する解像度を上げよう!

    • 「工数を最小に抑える」とは、エンジニアだけの工数を考えればいいんだっけ …? この機能を、こう実装した場合、 QAさんのチェックが重くなりそうだ… • バグの原因が分かった、プランナーさんにはどう説明しよう … わかりやすい言葉はないだろうか?
  16. 同じ本を読んだ時でも、実感が伴うように

  17. More

  18. More1. 継ぎ足された秘伝のタレ • If文の嵐 • めちゃ長メソッド • GODクラス

  19. 粛々とやっていくしかない……

  20. More2. 俗人化 • ある機能を正確に把握した人が限られている • コメントやドキュメントは乏しい

  21. More2. 俗人化 • ある機能を正確に把握した人が限られている • コメントやドキュメントは乏しい ペアプロはいいぞ

  22. まとめ 大規模プロジェクトにジョインされた結果…… MORE 1. タレが濃いので薄くしています 🍹 2. ペアプロして、俗人化解消! 🤝 GOOD

    1. スクラムでアジャイル開発ができた 💪 2. 目指すべきはゴリラじゃなかった 🦍 3. コードに対する意識が変化した 🖥