Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

趣味ではじめる ドメイン駆動設計+クリーンアーキテクチャ

趣味ではじめる ドメイン駆動設計+クリーンアーキテクチャ

23卒エンジニア志望学生LT会 vol.2 登壇資料
https://connpass.com/event/215902/

D840733454bebebb5d6f0a2d95754897?s=128

AokabiC

July 17, 2021
Tweet

Transcript

  1. 趣味ではじめる ドメイン駆動設計 +クリーンアーキテクチャ 碧黴(あおかび)@AokabiC

  2. 誰 • 碧黴(あおかび) • 東北大学大学院 情報科学研究科 M1 • 前世では競プロをやっていた •

    最近はWeb Frontend (React) / Backend (Go, Python) • 絵を描く • GitHubとか: @AokabiC • Portfolio: team-seadrive.com 2
  3. Agenda • 「ドメイン駆動設計」って? • ドメインモデルとは • Clean Architecture 各層ごとの役割に分けて説明 •

    簡単なオブジェクト指向の知識を前提とします • コードはGolangですが、特有の知識は要求しません 3 by Renée French
  4. 「ドメイン駆動設計」って? • 「ドメイン」の知識を中心とした設計 • #とは • 難しそう? そうでもない • オブジェクト指向を最大限に生かすような設計

    • 単一責任(責務の分離)、変更箇所は最小限 • 品質を担保しやすい • 「作って終わり」になりがちな趣味プロダクトを運用に導くヒント 4
  5. ドメインとは • ソフトウェアが組み立てられる「世界」を記述したもの • 必要に応じて知識の取捨選択がされる • 現実世界でのトラック … エンジン動力で車輪が回転し走る •

    輸送管理システムでのトラック … 荷物が一定量載る輸送手段でしかない • 現実 (or 仮想) の営みを必要十分に抽象化したもの(ドメインモデル) 物流拠点 輸送手段 輸送先 5
  6. Twitter で考えてみる Tweet User ~ Twitter World ~ 6

  7. Twitter で考えてみる 1:Many name username description Tweet User profile image

    birth date text media created at ~ Twitter World ~ 7
  8. Twitter で考えてみる 1:Many name username description Tweet User profile image

    birth date text media created at ~ Twitter World ~ User 8 フォロー いいね リプライ …
  9. Twitter で考えてみる • 概念、ルールがモデルとしてカプセル化されている(ドメインモデル) name username description User profile image

    birth date - 13歳未満はNG - 正方形の jpeg / gif / png 画像 - … - 4~16文字の[a-zA-Z0-9_], 重複してはならない - … 9
  10. ルールを持った値 • ルールを持った値: Value Object username - 4~16文字の[a-zA-Z0-9] 10

  11. Value Object の特徴 • 不変 • 等価性によって比較される • 扱いとしてはリテラルやプリミティブ型に近い 等価性はドメインの性質によって決まる

    == 11
  12. User や Tweet は? • や は Value Object とは異なる性質がある

    • ライフサイクルがある • User は生まれ、いつかは死んでいく • 等価性で比較されない • 姓名(=Userの属性)が同じでも、別人のはず • 識別子(ID)が要る → 同一性による比較 • 可変 • これらは Entity と呼ばれる User Tweet 12
  13. • ライフサイクルのある値: Entity Entity 識別子 13

  14. ドメイン層の責務 • Value Object や Entity を駆使して、 ソフトウェアが組み立てられる「世界」のルールを記述できる!* …しかし、これだけではルールを記述したのみ •

    ソフトウェアとして使うためには それらを組み合わせて 機能を作らなければならない (ユースケース) * 実際にはこの他にも、Domain Service (VOやEntityの振る舞いとするには不自然なもの。Userの存在判定など) や Factory (複雑なEntityの生成方法を担う)などがドメイン層にある。今回は割愛。 14
  15. ユースケース 1:Many name username description profile image birth date text

    media created at User Tweet User フォロー いいね リプライ … ~ Twitter World ~ 15
  16. • 機能として提供される営み • ドメインモデルを動かす • ドメインを組み合わせて記述するだけで、ソフトウェアは完成する? • Entity はライフサイクルがある… 永続化が必要

    • ユースケースを使うための窓口が要る (例えば API なら endpoint を用意するよね) ユースケース 16
  17. • 現実はそこまで甘くない • サービスとして提供するならサーバーを立てるし、 永続化をするには DB とかが要る • ユースケース層までの抽象的な記述と、DBなどの具象を繋ぐ必要がある →

    アダプター 具象との橋渡し 17
  18. インフラ層 DBと接続 サーバーを 立てる 18

  19. インフラ層 DBと接続 サーバーを 立てる Controller: 変換器 サーバーとドメインとの 橋渡し(アダプター) 19

  20. アダプター層 • 役割は「変換器」 20

  21. アダプター層 • 役割は「変換器」 • Request, id が 不正な値なら弾く ( GET

    users/:id ) 21
  22. アダプター層 • 役割は「変換器」 • Request, id が 不正な値なら弾く ( GET

    users/:id ) • ドメインでの処理結果を JSONに変換して返却 22
  23. アダプター層 • 役割は「変換器」 • Request, id が 不正な値なら弾く ( GET

    users/:id ) • ドメインでの処理結果を JSONに変換して返却 → ユースケースを APIとして提供できた! 23
  24. 永続化に伴う具象への依存 • 永続化まわりはドメインに書かざるを得ない → ドメインがDBなどの具象で汚染される • テスタビリティの低下、過大責務 (DBについてなにも知るべきでない) DBと接続して、Queryを実行して、… ドメイン

    テスト用 mock 24
  25. • どうすべきか? 永続化に伴う具象への依存 25

  26. • どうすべきか? • 規格(I/F)を決めて守らせる • PC側は機器の実装詳細についてなにも知らない • 同じことを ドメイン –

    DB 間でやる 永続化に伴う具象への依存 26
  27. • ドメインに依存させる → 依存関係逆転の原則 (DIP) Repository による依存関係逆転 テスト用 mock ドメイン

    27
  28. • 実装はアダプター/インフラに置く • I/F を実装していれば、RDBだろうがmockだろうが好きに使える • 依存の中心は常にドメイン、具象からは I/F で守る →

    Clean Architectureの重要な考え方 Repository による依存関係逆転 28
  29. プター/インフラに置く ry による依存関係逆転 Clean Architecture User フォロー いいね リプライ …

    変換 インフラ アダプ ター ユース ケース ドメイン モデル 抽象 具象 I/F 大事なのは ドメインと 実装詳細(具象)を 分けること 29
  30. • 各層ごとに責務を分け、 依存をドメインに向かわせる → 責務ごとに単体テストが できる バグの特定を容易に / 品質担保 テスタビリティ

    30 アダプターのテスト → Request / Responseの 体裁のみチェック
  31. • 「作って終わり」になりがちな趣味プロダクトを運用に導くヒント 「ドメイン駆動設計」 → ドメイン中心で 思考 と コード を一致させる! まとめ

    31
  32. • 「作って終わり」になりがちな趣味プロダクトを運用に導くヒント 「ドメイン駆動設計」 → ドメイン中心で 思考 と コード を一致させる! →

    高いテスタビリティと品質を担保する • コード量はMVCフレームワークに乗っかった場合と比べ増加する → とりあえず動かしたい場合は向かない (そもそも趣味プロダクトを完成まで持っていくのは難しい) まとめ 32
  33. 趣味ではじめる ドメイン駆動設計 +クリーンアーキテクチャ 碧黴(あおかび)@AokabiC

  34. 参考: - 成瀬 允宣 『ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる! ドメイン駆動設計の基本』 - The Clean

    Architecture(翻訳) (https://blog.tai2.net/the_clean_architecture.html) - 【プログラミング】実践クリーンアーキテクチャ – YouTube (https://www.youtube.com/watch?v=BvzjpAe3d4g) - クリーンアーキテクチャ完全に理解した (https://gist.github.com/mpppk/609d592f25cab9312654b39f1b357c60) スライド内での実装(Golang): https://github.com/AokabiC/clean-like-api Appendix 34