プレコンセプションケアのための運動

05d3a4bdd2bace6de9040b3e6c5206d3?s=47 Takuma
October 13, 2020

 プレコンセプションケアのための運動

05d3a4bdd2bace6de9040b3e6c5206d3?s=128

Takuma

October 13, 2020
Tweet

Transcript

  1. プレコンセプションケアのための 臀筋・ヒップライン トレーニング

  2. 動画① ドンキーキック(四つ這いあし上げ) この運動の目的 お尻の後ろの筋肉(大臀筋上部線維)が鍛わり、ヒップラインが美しくなり、あ しが長く見えます。 動作概要 四つ這いの姿勢で、肘を床につけます。膝を 90度曲げたまま、股関節からあ し全体を持ち上げます。 このトレーニングのポイント

    ・膝がお尻よりも上に上がること。 ・腰をそらないこと。
  3. 動画② スクワット+あし横上げ この運動の目的 お尻の横の筋肉(中臀筋)が鍛わり、ヒップラインが美しくなり、あしが長く見えま す。また、歩いたときや動作時のバランス(骨盤の安定性)が良くなり、歩き方が美 しくなります。 妊娠時は、胎児の重さが加わることによりバランスが取りにくくなります。この運動 をすることで、歩きやすく、転倒を防ぐことが期待できます。 動作概要 両足を肩幅に開き、しゃがみます。立ちながら片あしを

    90度まで横に上げ、1秒 キープします。 このトレーニングのポイント あしを横に上げるとき、ひざは外向きにせず常に前を向き、お尻の横の筋肉を意識 すること。 体がグラグラしないようにバランスをとりながら繰り返すこと。
  4. 動画③ スクワット+バックランジ この運動の目的 お尻の後ろの筋肉(大臀筋)、ももの表の筋肉(大腿四頭筋)、裏の筋肉(ハムストリ ングス)が鍛わり、ももからヒップラインが引き上がります。 妊娠時は、母体に加えて胎児の重さを支える必要があり、あしの筋肉が必要となりま す。この運動をすることで、立ったり座ったりする動作や階段を昇る動作を行いやすく し、転倒を防ぐことが期待できます。 動作概要 あし幅を握り拳一つ分開き、スクワットをします。そこから、片あしを後ろに引いて、後

    ろあしのひざを90度に曲げます。ひざは曲げたまま、あしを入れ替えて、動作を繰り 返します。 このトレーニングのポイント 前あしのひざは、つま先より前に出ないこと。 スクワットのとき、体が前に倒れすぎないこと。 あしを後ろに引いたとき、体は垂直を保つこと。
  5. 動画④ 続けてやってみよう ドンキーキック(四つ這いあし上げ)→ スクワット+あし横上げ → スクワット+バックランジ 今回の 臀筋・ヒップライントレーニング 取り組ん でみたらグループで教えてください!!