Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コミュニティがもたらすエンジニアの あり方・働き方とは

コミュニティがもたらすエンジニアの あり方・働き方とは

MasayaYoshino

December 10, 2019
Tweet

More Decks by MasayaYoshino

Other Decks in Technology

Transcript

  1. コミュニティがもたらすエンジニアの
    あり方・働き方とは
    ~Geek Studioを例に~
    2019/08/29
    ディベロッパーズサミットFUKUOKA 2019
    吉野 雅耶, 服部 摩耶斗, 山田 真之

    View Slide

  2. はじめに

    View Slide

  3. はじめに
    足元の悪い中、ご来場いただきありがとうございます!

    View Slide

  4. A-1セッションとの違い
    ・ここ1,2年でうまれた比較的新しいコミュニティの
    話をします。
    ・実際のコミュニティの事例を紹介の上、これからの
    新しいエンジニアコミュニティの形やエンジニアの
    あり方・働き方について考察します。

    View Slide

  5. このセッションのアジェンダ
    Geek Studioの事例紹介
    Neutrinoの事例紹介
    トークセッション
    10min
    10min
    20min

    View Slide

  6. Geek Studioの事例紹介

    View Slide

  7. アジェンダ
    プロフィール/会社紹介
    Geek Studioとは?
    Geek Studioの特徴
    Geek Studioで発生したこと
    コミュニティ運営を通して得た知見

    View Slide

  8. プロフィール

    View Slide

  9. プロフィール
    吉野 雅耶(よしの まさや)
    Geek Studio 運営
    株式会社Fusic エンジニア2年目
    福岡県久留米市出身

    View Slide

  10. 会社紹介

    View Slide

  11. プロフィール
    設立
    社員数
    役員
    所在地
    2003年
    約50名
    (8割エンジニア)
    納富 貞嘉(代表)
    浜崎 陽一郎
    【本社】
    福岡市中央区天神4-1-7
    (日本銀行福岡支店 横)
    【東京オフィス】
    東京都港区芝大門1-4-10
    株式会社Fusic

    View Slide

  12. プロフィール

    View Slide

  13. IoT開発を加速する 仮想デバイス作成サービス
    mockmockは、IoTのサーバーアプリケー
    ション開発時のテスト(動作確認/負荷検証)
    を支援するサービスです。
    IoTのテストを⾏なう際、課題となるもの
    の1つがデータの調達です。実デバイスか
    ⾃作シミュレーターを⽤いるのが⼀般的で
    すが、どちらも最適とはいい難い状況でし
    た。
    mockmockは、クラウド上にテスト用のデ
    バイス仮想的に作成し、開発中のサーバー
    にデータをお届けします。仮想的なものな
    ので、動作や台数は思いのまま。作成も瞬
    時に完了します。そのため、欲しいデータ
    を、欲しいタイミングで、欲しい量だけ受
    け取ることができ、スマートなIoT開発が
    実現します。

    View Slide

  14. Geek Studioとは?

    View Slide

  15. Geek Studioとは?
    ・クリエイター(エンジニア・デザイナー)向け
    コワーキングスペース
    ・2018年4月、福岡市天神にオープン
    ・個人事業主として設立

    View Slide

  16. View Slide

  17. View Slide

  18. View Slide

  19. Geek Studioとは?
    ・完全会員制(会員の同伴者は3人まで利用可)
    ・会員には鍵を渡し、24時間365日使用可能
    ・会員内Slackグループでの交流
    ・会員での月一回のイベント開催が可能

    View Slide

  20. ・オフラインのあるオンラインサロンのようなイメージ
    ・しかし、あくまでクリエイター主体のコミュニティ
    Geek Studioとは?

    View Slide

  21. Geek Studioとは?
    ・現在会員数 約30人
    ・学生会員・一般会員・法人会員の三種類

    View Slide

  22. Geek Studioとは?
    設立の背景
    九州大学の吉野・九工大の山田の二人で設立
    → 学生エンジニアが福岡市内で実践的な
    エンジニアリングを学び合える環境をつくりたい

    View Slide

  23. 法人会員一覧

    View Slide

  24. 会員一覧
    学生企業の会員

    View Slide

  25. Geek Studioの特徴

    View Slide

  26. Geek Studioの特徴
    ・これまでのエンジニアコミュニティとの違い
    ・エンジニアだけのコミュニティではない。
    ・「技術の向上」よりも、より社会実装を見据えた要素が強い。
    ・技術に対する興味や、何かしらを技術を用いた
    アプローチで解決したい人が集まる。

    View Slide

  27. Geek Studioの特徴
    ・定期的な勉強会の開催
    ・所属メンバーが講師となり、勉強会を開催。
    ・メンバー自身の得意分野を共有し合う。

    View Slide

  28. Geek Studioの特徴
    ・コミュニティマネージャーを通したコミュニケーション
    ・Geek Studioのコミュニティメンバー同士を繋ぐ役割

    View Slide

  29. Geek Studioで発生したこと

    View Slide

  30. Geek Studioで発生したこと
    ・人的リソースの共有
    ・会員同士での新会社の設立
    ・GBEC Parkの設立

    View Slide

  31. Geek Studioで発生したこと
    ・人的リソースの共有
    ・法人会員で業務委託で働いていた高校生が
    同時に3つの会社で業務委託することに。

    View Slide

  32. Geek Studioで発生したこと
    ・会員同士での会社設立
    ・イベントで知り合ったエンジニアとデザイナー
    が会社を設立。

    View Slide

  33. Geek Studioで発生したこと
    ・GBEC-Parkの設立
    ・定期的なブロックチェーン勉強会の実施。
    →ブロックチェーンコミュニティができる
    →ブロックチェーンコワーキングスペースの設立へ

    View Slide

  34. Geek Studioで発生したこと

    View Slide

  35. コミュニティ運営を通して得た知見

    View Slide

  36. コミュニティ運営を通して得た知見
    ・コミュニティはあくまで補助的存在
    ・エンジニアとビジネスサイドが接触する場の少なさ

    View Slide

  37. コミュニティ運営を通して得た知見
    ・コミュニティはあくまで補助的存在
    ・勉強会開催で一番身になるのは教える側
    ・受け身で所属するだけのメンバーは
    早くやめることが多い。

    View Slide

  38. コミュニティ運営を通して得た知見
    ・エンジニアとビジネスサイドが接触する場の少なさ
    ・勉強会のコンテンツに非エンジニアでも参加し
    やすいコンテンツを用意(3Dプリンタ講座など)
    ・初めてエンジニアと接するビジネスサイドの人が
    多かった。

    View Slide

  39. Neutrinoの事例紹介

    View Slide

  40. Neutrino
    Mayato Hattori
    tw:@MayatoHattori

    View Slide

  41. 日本初のブロックチェーン特化型
    コワーキングスペース
    https://neutrino.global/main-home/neutrino-tokyo/

    View Slide

  42. ブロックチェーン業界の現状
    圧倒的エンジニア不足
    まだまだ基礎技術の研究開発が必要
    キラーコンテンツもまだまだ

    View Slide

  43. Neutrinoコミュニティのコンセプト
    エンジニアライク
    コネクト、シェア、コラボレーション
    ブロックチェーン技術の社会的な普及を促進

    View Slide

  44. Neutrinoコミュニティの特徴
    スタートアップ、投資家、大手企業、弁護士、
    会計士など様々な事業者が混在
    企業スポンサーシップによる
    ビジネス連携を加速
    エンジニア向け、ビジネス向けなど
    様々なイベントを開催
    様々なカンファレンスに
    コミュニティパートナーとして連携

    View Slide

  45. コミュニティを通した気づき
    • 技術者・スタートアップと大手企業がコラボレー
    ションできるような場作りの重要性
    • コミュニティマネージャーの役割=縁の下の力持

    • 業界全体を盛り上げる存在になる

    View Slide

  46. Fin

    View Slide

  47. パネルディスカッション

    View Slide

  48. 新しいエンジニアコミュニティのあり方
    ~ビジネスサイドとのコラボレーション~

    View Slide

  49. コミュニティがもたらす価値

    View Slide

  50. コミュニティをどのように活用するべきか

    View Slide

  51. 非エンジニアとエンジニアコミュニティの
    関わり方について

    View Slide