Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OpenStreetMap Frontier #01

OpenStreetMap Frontier #01

2018/02/17開催。OpenStreetMapの活用に関する情報共有・発表会のアジェンダ

K.Sakanoshita

March 02, 2018
Tweet

More Decks by K.Sakanoshita

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 坂ノ下 勝幸 諸国・浪漫 / オープンデータ京都実践会 / OSMFJ Facebook: K.Sakanoshita Twitter:

    @K_Sakanoshita Photo by Kahvilokki(CC BY-SA 4.0)
  2. 諸国・浪漫について  活動目的  「自由な地図で地域に貢献する方達」の発掘と育成  活動内容  諸国・浪漫マッピングパーティの開催 

    もくもくマッピング(もくもく会)の開催  出張マッピングパーティ・説明会の開催  connpassとfacebookサイト  https://countries-romantic.connpass.com/  https://www.facebook.com/shokoku.roman/ P.2
  3. 20世紀までの地図とこれからの地図  20世紀までの地図は、専門家が作るもの  専門家から手に入れた地図を「使って」活動する  21世紀の地図は、専門家と共に作るもの  目的に合う地図を自分たちで「作って」活動する P.3

    Map data © OpenStreetMap 伊能忠敬による『大日本沿海輿地全図』武蔵・下総・相模
  4. 21世紀の地図に求められるもの  地図に求められる要素はどんどん増えていく  施設・店舗、ナビ、バリアフリー、防犯、防災、観光など  以前よりも、その人に合った地図が求められている  追加された要素で様々な活用が行われていく 

    ポケモンGo、Ingressなどの位置ゲーでの利用  自動車の自動運転、ドローンの飛行経路  防犯マップ、ハザードマップ、まち歩き地図など これだけで十分な活用なの? P.4
  5. もっと色んな役に立つんじゃないかな  21世紀に出来た「自由な地図」  その地域に住んでいる方達には「自分たちの地図」  自分たちの地図なんだから、もっと活用出来ない?  きっと、まだ知られていない活用がある 

    すでに始まっている活用  これからしていきたい活用  みんなに知って欲しい活用 これからみんなで発表しあおう! P.5