学習データで未来のまなびを探求する R&D チームの研究開発 / StudySapuri Data Meetup 04 RD Team Introduction

3fb7c8738d5838efdea727e15880abd2?s=47 bwtakacy
July 20, 2018

学習データで未来のまなびを探求する R&D チームの研究開発 / StudySapuri Data Meetup 04 RD Team Introduction

3fb7c8738d5838efdea727e15880abd2?s=128

bwtakacy

July 20, 2018
Tweet

Transcript

  1. Data Meetup #1 学習データで未来の学びを探求する R&D チームの研究開発 @bwtakacy

  2. 01 02 03 04 05 Agenda | 自己紹介 R&Dチームの役割 研究開発が目指しているもの

    事例紹介 まとめ
  3. 01 自己紹介

  4. 大西高史 @bwtakacy 大手SIerにてビッグデータ基盤構築やシステム開発に従事 2016年にRMP入社 データエンジニアとして分析基盤の開発運用 徐々に研究開発にシフト 大学時代は物理専攻 2児のパパ 趣味は読書とお酒

  5. 02 R&Dチームの役割

  6. 企画提案 研究開発 実証実験 性能改善 本番実装 本番運用 効果検証 要因分析 施策立案 分析

    データサイエンティスト エンジニアリング データエンジニア R&D データリサーチエンジニア
  7. 学習に関わる様々なデータを用いて、新し い学習方法を探求するチーム ➔ スタディサプリ(オンライン) ➔ スタディサプリラボ (リアル)

  8. 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180702/ddm/013/100/055000c 日経 XTREND https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00011/00002/

  9. 03 研究開発が目指しているもの

  10. テクノロジーを活用して学びをもっと 楽しく、もっと効果的に!

  11. 教育心理学の 実践 行動主義 (1940〜) 構成主義 (1980〜) 認知心理 (1980〜) メタ認知 (2000〜)

    情報技術の 適用 CAI (1950〜) ITS (1970〜) CBT/WBT (1990〜) e-Learning MOOCs (2000〜) 研究の指針 〜アカデミックな知見を活用する〜
  12. 学習行動データ 判断支援・最適化 人気講師 コーチ 研究の指針 〜学びを支援する〜 勉強時間 x 勉強の質 1. 正しいプラン

    2. 正しい勉強法 3. 正しい学習環境 参考書 問題集 過去問 これに必要な3要素 支援
  13. 研究の指針 〜学習支援における3つの側面〜 モデリング ➔ プロフィール情報 ➔ ステータス情報(成績、学習目標、 etc.) データベース化 ➔ 講義動画

    ➔ 問題 ➔ 教科辞書 判断支援 ➔ おすすめ参考書 ➔ 勉強計画指針 ➔ 志望校決定ロジック
  14. 取り組み範囲 機械学習 深層学習 音声認識 画像認識 自然言語処 理 IoT VR/AR/MR スマート

    スピーカー 中長期テーマについて 共同研究実施中 一部サービスにて公開 開始 開発運用 中 複数テー マで共同 研究を実 施中 分析チーム エンジニアリング チーム
  15. 04 事例紹介

  16. 学習パス最適化 個々人に合わせた学習単元と優先度のサジェスト ➔ 目指すかたち ◆ 「何から手をつければいいの?」に答える ◆ 「N月までにこの単元で点を取れるようにしたい!」をガイド ➔ 実現方法

    ◆ 各単元のテストや過去問の解答ログを分析 ◆ 単元間の正答・誤答の順番や関連性を算出 ◆ 単元の習得にかかる重みを算出
  17. 学習パス最適化 場合の数と確率 2次関数 図形と計量 図形の性質 データ分析 整数の性質 複素数と方程式 式と証明 三角関数

    図形と方程式 指数・対数関数 微分法 数列 積分法 ベクトル 平面上の曲線と 複素数平面 極限 微分法 積分法 高 1 高 2 高 3 数と式
  18. 講義動画のピンポイント検索再生 動画の内容をインデックス化し、自在に引き出せるように ➔ 目指すかたち ◆ 「あ、これもう一度説明聞きたい!...でもどこだっけ?」 • 復習時の悩みを瞬時に解決 ◆ 「今ちょっと時間あるからサプリ見ておきたいなぁ」

    • スキマ時間の活用 ◆ 「これが弱点だからサプリで補強したい」 • 目的ドリブン学習の実現
  19. 講義動画のピンポイント検索再生

  20. IoTを用いた学習行動センシング 個々人に合わせたスキル習得支援とフィードバック提示 ➔ 目指すかたち ◆ 「テストの振り返りって何をすればいいの?」をサポート ◆ 「勉強のやり方このままでいいの?」を可視化で示唆喚起 ➔ 実現方法

    ◆ 学習時、テスト時の行動をセンサデータでモニタリング ◆ 理解度、習熟度、集中度など内面の状態を推定 ◆ 過去の行動を可視化してフィードバック
  21. 集中力マネージメントのコーチング@スタディサプリラボ IoTを用いた学習行動センシング

  22. IoTを用いた学習行動センシング

  23. コーチングチャット支援 ノウハウの共有展開、生徒質問への回答品質担保 ➔ 目指すかたち ◆ よくある質問の対応を効率的かつ迅速に ◆ 人間しかできないことにコーチがもっと注力できるように ➔ 実現方法

    ◆ ノウハウデータベースの構築と再利用化 ◆ コーチ業務への組み込み ◆ チャットボット化
  24. コーチングチャット支援

  25. 05 まとめ

  26. テクノロジーを活用して学びをもっと 楽しく、もっと効果的に!

  27. ➔ 研究開発の開拓しがいのあるフィールド! ➔ 研究成果を生徒に届けるところまで経験できる! ➔ Biz や Dev と一緒になって議論しながら進められる! 最後に

    R&D チームの魅力を3行で
  28. None
  29. ご静聴ありがとうございました