$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

S3のマルウェア対策について紹介

Hiroyuki Kaji
November 21, 2022

 S3のマルウェア対策について紹介

2022/11/21(月)
DevelopersIO 2022秋 in Sapporoの登壇資料です。
https://classmethod.connpass.com/event/266077/

Hiroyuki Kaji

November 21, 2022
Tweet

More Decks by Hiroyuki Kaji

Other Decks in Technology

Transcript

  1. S3のマルウェア対策について紹介 AWSコンサルティング部 Hiroyuki Kaji

  2. ⾃⼰紹介 梶 浩幸(Hiroyuki Kaji) Twitter︓@cocacola917 AWS環境の構築、コンサルティング 札幌オフィス勤務 経歴 ・ネットワーク機器メーカSE ・セキュリティ関連企業の商⽤システム運⽤者

    ・2014年 クラスメソッド 札幌オフィス⼊社
  3. 3 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤ 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  4. 4 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤ 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  5. 5 S3にアップロードしたオブジェクトは マルウェアスキャンしてくれるの︖

  6. 6 S3にウィルススキャンという機能はありません S3へオブジェクトをウィルススキャンするには… アップロード前にウィルススキャン アップロード後に別途ダウンロードしてウィルススキャン データ管理は利⽤者側の責任のため、ウイルスチェックが必要 な場合はユーザー側での対応が必要 S3バケット内ではファイル動作・操作しないためウィルスファイルの影響 は無い

  7. 7 ダウンロード先で更なる拡散防⽌ ファイルの受け渡しを⾏うためダウンロード先でのさらなる拡散 を防⽌したいと希望が多い。 既存のアンチウィルスソフトでは要件に合わせた冗⻑性も検討 必要

  8. 8 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤は 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  9. 9 フローとアーキテクチャー https://cloudone.trendmicro.com/docs/file-storage-security/arch-overview/ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)

    CloudFormationを使って 15分ぐらいで簡単構築
  10. 10 利⽤シーン

  11. 11 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤は 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  12. 12 C1FSSのライセンス費⽤は︖ 例 ライセンス費⽤(⽶ドル) 1時間あたり1-20ファイルの検索 無料 1時間あたり21-200ファイルの検索 $0.40 /時間 1時間あたり201-400ファイルの検索

    $0.60 /時間 1時間あたり400件以上のファイルの検索 $1.10 /時間 • AWS Marketplaceにて従量課金
  13. 13 AWSの利⽤費は︖ 1⽇平均200ファイルをスキャン 平均ファイルサイズ2MB 50USD/⽉ https://cloudone.trendmicro.com/docs/file-storage-security/pricing-billing/ (別途Cloud One File Storage

    Security費も必要)
  14. 14 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤は 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  15. AWS利⽤ガイドラインのサンプル公開(New) 15 クラスメソッドのメンバーズポータルにて AWS利⽤ガイドラインドキュメントのサンプルを提供 AWSを組織的に活⽤するために 定めるルールのサンプルを無償提供 記載例 • AWSアカウント管理 •

    ユーザー管理 • AWS利⽤制限 • AWS接続構成 • リソース作成ルール • セキュリティ対策 • 運⽤ • コスト管理 etc. アカウント構成 リソース命名規則
  16. 16 公開サイトはMkDocsを使⽤ MkDocsは静的サイトジェネレーター ドキュメントのソースを Markdownで記述 ページ構成やテーマなどの設定は YAMLファイルで指定 S3バケットへデプロイして、 公開

  17. 17 詳細はこちら https://dev.classmethod.jp/articles/github-actions-sync-mkdocs-build-to-s3/

  18. 18 実際の構成図

  19. 19 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤は 4. クラスメソッドでの事例 5. C1FSSのDemo 6. まとめ
  20. 20 構築⽅法の詳細はこちら https://dev.classmethod.jp/articles/cloud-one-file-storage-security/

  21. 21 本⽇のアジェンダ 1. S3のマルウェア対策とは 2. Cloud One File Storage Securityとは

    3. 費⽤は 4. クラスメソッドでの事例 5. Demo 6. まとめ
  22. 22 Cloud One File Storage Securityは 導⼊が⾮常にカンタン サーバレスでS3にアップロードされた時のみ動作 サーバ運⽤不要なため構成に影響をあたえず運⽤

  23. None