Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サイボウズの アジャイル・クオリティ / Agile Quality at Cybozu

サイボウズの アジャイル・クオリティ / Agile Quality at Cybozu

A97eee01397705443a72a48ce29d3e19?s=128

Cybozu
PRO

June 21, 2022
Tweet

More Decks by Cybozu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. サイボウズの アジャイル・クオリティ よりよい価値のあるソフトウェアを 提供し続けることをめざして アジャイル・クオリティ 永田 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI

    NAGATA 1 https://bozuman.s.cybozu.com/k/#/space/2667/thread/50519 https://bozuman.s.cybozu.com/k/#/space/6465
  2. 講義のコンセプト ⚫クオリティ・品質という言葉を 理解した状態になる ⚫サイボウズのアジャイルクオリティ の心を理解した状態になる 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA

    2 よりよい価値のあるソフトウェアを 提供し続けることをめざして
  3. 品質って何だろう 品質・クオリティは誰かにとっての価値? 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 3

  4. 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 4 品質は誰かにとっての価値である。 誰か=使っていただいているお客様 [価値] •

    サービスを使って満足している • 今後も使っていこうと思っている • もうこれなしでは仕事はできないと感じている • 効果の実績が出ている 皆さんは、その[価値]の対価として、お金をいただいてる、 プロフェッショナルです
  5. お客様にとっての価値=品質 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 5 本当に価値が感じられるものなのか 品質が良い悪いという評価は 誰ができるでしょうか?

  6. ローレックスはなぜ売れる 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 6 1000万円は超えるトゥールビヨン 人は、機能だけで価値を決めていない

  7. 価値を学びながら作る 7/16/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 7 早く、そして小さく、イテレーティブに評価しそこから学ぶ

  8. お客様にとっての価値=品質 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 8 では、どんどんお客様にデリバリし、 直すところがあれば、 すぐに直して素早くデリバリしよう

    CI/CD Continuous Integration Continuous Delivery
  9. お客様にとっての価値=品質 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 9 では、どんどんお客様にデリバリし、 直すところがあれば、 すぐに直して素早くデリバリしよう

    品質が 悪い お客様に買ってもらうどころか 触ってももらえなくなる ”えっ、私たちは、価値のあるものを 提供しているはずなのに…”
  10. 狩野モデル 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 10 満足感と物理的充足度合いによる品質定義、MOTテキスト製作委員会

  11. デリバリの前に 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 11 当たり前品質は十分に確保しておきたい 魅力的品質も、できるだけ吟味し、自分たち の価値観の範囲でよいものにしておきたい

  12. 品質に対しての良いフィードバックを得たい 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 12 よいフィードバック デリバリーする製品・サービスの品質が 良くなければフィードバックは得られない

    よい魅力的品質価値を生み出していきたい お客様の判断=フィードバックを手に入れたい
  13. 魅力的品質の当たり前化 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 13 なぜ、我々は、新機能を作り続けなければならないか その時、なぜ、品質が必要なのか 当たり前品質

    魅力的品質 魅力的品質しきい線 障害 障害 もはや、魅力的製品と 扱われない 時間 リリース
  14. お客様にとっての価値=品質 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 14 より、魅力的な価値を創造し、 それを提供するには よいフィードバックの仕組みがあり、

    それがうまくまわらなければならない
  15. よいフィードバックとは 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 15 価値のアイデア: こうすると、このようになってもっと嬉しい 顧客からの信頼、期待がある状態・関係

  16. よい品質=価値を提供し続ける目的 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 16 顧客からの信頼関係-“きずな”を作り上げること よい品質=価値を提供し続ける

  17. よい品質=価値を提供し続けるためには 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 17 チームメンバーが、肉体的にも精神的にも 健康でなければ続けられません よい品質=価値を提供し続ける

    よい品質=価値を提供する作業 人間がやっています
  18. よい品質=価値を提供し続けるためには 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 18 チームメンバーを肉体的にも精神的にも健康に保つ 支える人々 社長

    本部長 人事 経理 アジャイル クオリティ アジャイル コーチ 総務 開運アシスタント 取締役 お客様 パートナー
  19. サイボウズの品質 バリューチェーン 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 19

  20. 品質=価値をどのようにして提供し続けるのか 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 20 ⚫ どんな価値を提供すればよいのか ⚫

    どのようにしてその価値を作り上げるか ⚫ 作り上げたものは、その価値を満足するものなのか ⇒私たちは、作り上げたものの価値に自信が持てるか ⚫ 顧客は、その価値に本当に満足しているか ⇒顧客からのフィードバックから何を学ぶか ⚫ よりよい価値を、よりよく提供するにはどうしたらよいか 計画 設計・実装 テスト モニタリング 改善 学び 品質の自信
  21. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 21 計画 ⚫ どんな価値を提供すればよいのか

    主役:PM PG, QA Design ライター がかかわる
  22. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 22 計画 設計 実装

    ⚫ どのようにして その価値を 作り上げるのか 主役:PG QA、Design ライター がかかわる
  23. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 23 計画 設計 実装

    テスト ⚫ どのようにして その価値を 作り上げるのか ⚫ 作り上げたものは、 その価値を満足するものなのか
  24. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 24 インテグレーション リリース 品質の自信

    利用 活用 計画 設計 実装 テスト お客様に 使っていただく 私たちは、作り上げたものの 価値に自信が持てるか
  25. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 25 インテグレーション リリース 品質の自信

    利用 活用 計画 設計 実装 テスト モニタリング 観測 ⚫ 顧客は、その価値に本当に満足しているか
  26. 価値の創造と流れ:バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 26 インテグレーション リリース 品質の自信

    利用 活用 計画 設計 実装 テスト モニタリング 分析 学ぶ ⚫ よりよい価値を、よりよく提供するにはどうしたらよいか 顧客からのフィードバックから 何を学ぶか
  27. すべての人がかかわるバリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 27 インテグレーション リリース 品質の自信

    利用 活用 計画 設計 実装 テスト モニタリング PM PG,QA,Design Technical Writer PG,QA Design 調査部 サポート 営業 QA,PM 顧客の情シス パートナー サイボウズサポート 顧客 SRE 全員
  28. Whole Team パターン 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 28 “だれも”が品質=価値を作り上げることに貢献している

    それぞれの役割において 多様な観点によって、補い、コラボし ”提供する価値”に責任を持っている
  29. 多様性が品質を支える 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 29 製品 品質 PM

    QA Test Engineer Technical Writer アクセシビリティ チーム Design PG 観点 専門性 情報 知識
  30. 品質保証:Quality Assurance(QA) 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 30 ”顧客価値を、製品またはサービスに組み込む活動のこと” その活動はバリューチェーンにあるすべてのロールに分散している。=

    Whole Team チーム全員が品質の組み込みにかかわり、つまり、品質保証を行っているといえる。 この活動の結果:顧客がこちらの目論見通り満足し、 あるいは安心して使って“うれしい”と言っていただける
  31. ロールとしてのQA 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 31 QA(品質保証担当)は、 • ソフトウェア品質のスペシャリストとして、

    • 品質のビックピクチャの観点を持ちながら、 • 製品の品質を顧客視点で肌で感じ、 • 製品の品質とプロセスの品質とバランスをもって • Whole Teamが支える品質保証が進化改善していくよう • サポートするロールである。
  32. 品質を組みこむ どのように品質を組み込んでいるか 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 32

  33. バリューストリーム 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 33 インテグレーション リリース 品質の自信

    利用 活用 計画 設計 実装 テスト モニタリング PM PG,QA,Design Technical Writer PG,QA Design 調査部 サポート 営業 QA,PM 顧客の情シス パートナー サイボウズサポート 顧客 SRE 全員 スコープはここ
  34. 例:kintoneの開発プロセス 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 34 スプリント Sprint Planning

    2 リスク認識 タスク 計画 受入テスト 設計 仕様書変更 プロダクトバックログアイテム 設計・実装・テスト Sprint Review Sprint Panning 1 バックログ 説明 割り当て タスク実行 モブ・アクティビティ
  35. スプリントプランニング2 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 35 バックログ タスク設計 テスト実装

    タスク実行 懸 念 点 出 し ・ モ ブ QA 設計 テ ス ト 設 計 ・ モ ブ 仕 様 作 成 ・ モ ブ PO UIデザイン リスクリスト 仕様書 受入テスト 試験設計書 テスト実行 品質の共有 品質の共有 共有の 形式化 品質の 埋込み 品質の 確認
  36. これによって出来上がる状態 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 36 QAメンバーも開発メンバーも、同じチームとなって、 同じゴールに向かって、走っていくことができる Whole

    Teamで 上流での 品質を組み込みを行う
  37. 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 37 品質の埋め込み方(プロセス)は、各チームで違っています 計画 設計 実装

    テスト ⚫ どのようにして その価値を 作り上げるのか ⚫ 作り上げたものは、 その価値を満足するものなのか DevQA 振り返り レビュー
  38. 品質を支える文化 サイボウズの文化 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 38

  39. 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 39 〇 心理的安全性が高い 〇 発言平等性が高い

    〇お互いをリスペクトする: 謙虚 〇 新しいものを受け入れる:好奇心 サイボウズのメンタリティ
  40. 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 40 質問する 傾聴する 回答する 説明する

    コメントする 相手をリスペクトする態度 その上で自由に行える 議論する ベテランの人だって ・間違える、知らないこともある ・新人に学ぶこともある 発言によって 傷つけられる ことがない 質問することに ためらったり、 恥ずかしく思う 必要はない 質問力をつける ・コメントするより 質問する ・自分が誤っている、 誤解しているかもしれない チャレンジする:“試してみよう!“ 失敗から、成功から学ぶ 食わず嫌いをしない勇気 自分とは違うところを学ぶ “肯定眼” 心理的安全性が高い お互いをリスペクトする: 謙虚 発言平等性が高い 新しいものを受け入れる:好奇心
  41. 文化を感じ取り、理解し、享受する 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 41

  42. まとめ 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 42 サイボウズが提供するサービスの品質とは お客様にとっての価値である 品質=価値はチームの皆が支え責任をもつ

    品質=価値のバリューストリームを回そう それを支えるメンタリティを持ってます
  43. おしまい 質問・コメントをお待ちしております アジャイルクオリティ 永田 5/17/2021 COPYRIGHT © ATSUSHI NAGATA 43

    https://bozuman.s.cybozu.com/k/#/space/6465/thread/49189