Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ストレージチーム spin-off! / Storage team spin-off!

A97eee01397705443a72a48ce29d3e19?s=47 Cybozu
March 18, 2021

ストレージチーム spin-off! / Storage team spin-off!

「サイボウズのKubernetes基盤 Cybozu Tech Meetup #11」でお話した資料です
https://cybozu.connpass.com/event/206151/

A97eee01397705443a72a48ce29d3e19?s=128

Cybozu

March 18, 2021
Tweet

Transcript

  1. ストレージチーム spin-off! 2021/03/18 サイボウズ株式会社 Cloud Storage Agency 深⾕ 敏邦

  2. 2 1. スケーラビリティがない 2. アプリチームの本番アクセス権限がない 今のcybozu.comのストレージに関する問題点

  3. 3 • 現在は顧客をシャーディングして管理 • 顧客環境が増えるに従い管理対象が増えて負担が増す • 顧客の活⽤度が⾼まると性能や容量が不⾜する スケーラビリティがない … 😢

    😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 😊 管理 ストレージシャード テナント
  4. 4 • インフラを提供しているのはSREチーム • デプロイを含め本番に触れるのはSREチームのみ • アプリ開発者は障害時に⼀時的な対応や緩和策を実施できない • アプリ固有の監視を⾏うのが難しい アプリチームの本番アクセス権限がない

  5. 5 1. Rook/Cephによるスケーラブルなストレージ 2. Kubernetesによる管理者とユーザーの分離 Necoによって得られるもの

  6. 6 • CephはOSSによるスケーラブルなSDS • ディスクを追加することで性能・容量をスケーラブルに増やせる • CERNでは2017年当時で数百PBのクラスターを運⽤ • RookはCephをKubernetes上で管理するためのoperator •

    CRを通じて必要なデーモンを⾃動的にデプロイ • 故障したデーモンを⾃動的に再構築してくれる Rook/Cephによるスケーラブルなストレージ
  7. 7 • KubernetesはRBACによってユーザー権限を細かく設定可能 • ストレージに関するリソースが分離されている • 管理者がStorageClassによってストレージを提供 • ユーザーはPersistentVolumeClaimによってストレージを利⽤可能 •

    アプリ開発者に強い権限を渡すことなく、本番にアクセスさせ ることができる Kubernetesによる管理者とユーザーの分離
  8. 8 • Rook/Cephによるスケーラブルなストレージ Rook/Ceph⾃体が壊れたら? • Kubernetesによる管理者とユーザーの分離 管理者はユーザーのニーズを把握できるのか? ユーザーは道具をうまく使えるのか? 新たな課題

  9. 9 1. 使うものに責任を持つ 2. アプリチームとの協⼒ 専任チームの意義

  10. 10 • Rookはまだまだ若いソフトウェア • まだまだ不具合はたくさんある • ⾃分たちに必要な機能がないこともある • 必要ならupstreamにて対応 •

    Cephでさえ検証するとドキュメントと異なる挙動が⾒つかる 使うものに責任を持つ
  11. 11 • 利⽤者が必要としているものを提供する • 書き込みよりも読み込みが重要かもしれない • バーストできるよりもフェアネスが重要かもしれない • 利⽤者が正しい⽅向に⾏けるようにサポートする •

    パフォーマンスの出る使い⽅を案内する • これからのやっていき! アプリチームとの協⼒
  12. 12 • 現⾏ストレージの問題点 • スケーラビリティが低い • 開発者の本番アクセス権限がない • Necoでのストレージ •

    スケーラビリティの確保 • 権限の分離 • 専任チームの意義 • 提供物に責任を持つ • 協⼒体制の構築 まとめ