Kotlin導入 5つのステップ

Kotlin導入 5つのステップ

「集まれKotlin好き!Kotlin愛好会 vol7」の発表資料です。

Kotlinを既存プロダクトに導入した際、重要だなと思ったポイントを5点紹介します。

494a2760dceccc31c4bcdb689041c614?s=128

Koji Wakamiya

January 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. Kotlin導入 5つのステップ

  2. Koji Wakamiya Work : Studyplus, Inc. Github : @koji-1009 Twitter

    : @D_R_1009 2
  3. Kotlin std libを考える 環境から確認する 1

  4. minSDK を見る 環境に合わせた適切なstdを選ぶ! ※minSDK21以上ならほとんど影響なし 4

  5. SDK16 + Kotlin? • API16ならstdライブラリを利用すべき ◦ Android4系のテストは厳しい ◦ SDKはminSDKが利用アプリに影響する •

    API19以上なら(現状は)std-jdk7で問題なさそう ◦ “AutoClosable”APIがAPI19からサポート ◦ “try-with-resource”は全てのAPiでサポート 5
  6. Rx-Streamを置き換える 必要なものを選り分ける 2

  7. Java7以下でListのStreamAPI • “for + if” を “filter” で • “flatMap”

    で入れ子リストの操作 Rx-Sreamの 利用シーン サーバーAPIへのアクセス • HTTP GETをSingleで • HTTP 204をCompletableで 7
  8. RxJavaは必要? • Observe.fromIterableをKotlinのList.forEachに • SingleによるGET/POST処理をasync/awaitに • RxAndroidによるUIスレッド指定(するなら)runBlockingに Rxが必要な箇所を洗い出すことで、 強力なRxの処理を十分に検討して利用できるように 8

  9. Enum + Kotlin Extension 定数定義と定数定義を利用する処理を切り分ける 3

  10. Enumの役割 - パターンの列挙 - When文との組み合わせによる 処理分岐 Enumを純粋な列挙 にする Enumで実行したい事柄 -

    パターンに応じた文字列 - Enumの表現に合わせた 表示/非表示の組み合わせ 10
  11. 例:UserTypeを定義する enum UserType(val code: String) { FREE(“free”), PREMIUM(“premium”) } fun

    UserType.stringResId() = when(this) { UserType.FREE -> R.string.plan_free // 無料プラン USerType.PREMIUM -> R.string.plan_premium // 課金プラン else -> R.string.other // その他 } 11
  12. 利用しやすいEnum • 要素の追加、削除がしやすいと利用しやすい ◦ 列挙項目の増減時に考えることが少ないこと ◦ アプリ内で1つの概念を1つのEnumで表現できること • フィールドに過不足がない ◦

    「とりあえずnull」の必要がない ◦ “R.hoge.hugahuga”による改行が発生しない 12
  13. 2つのKotlin Data Class 通信処理用のクラスと内部処理用の2つのData Class 4

  14. API変換用 • プリミティブ型で構成 • Proguardを考慮 2つのData Class を 使い分ける アプリロジック用

    • アプリの内部クラスも利用 • Proguardは考慮しない 14
  15. APIレスポンスから Data Classを作る 15 JSON Data Class

  16. オブジェクトの目的 16 JSON Data Class Data Class Server API Response

    サーバー処理の結果 DBからの取得結果 JSON Parsed Class APIレスポンスを JVM上で簡単に扱う In-App Data アプリのロジックや UI表示に対応
  17. オブジェクトの特徴 17 JSON Data Class Data Class Server API Response

    パラメータの追加/削除 に対応しやすい JSON Parsed Class APIレスポンスの更新に 対応しやすい In-App Data アプリロジックの更新に 対応しやすい
  18. アプリメリット • equal判定が可能なため比較や並べ替えが容易 ◦ RecyclerView + ListAdapterによる差分更新 • 変換が容易 ◦

    Data Classから別のData Classを作成して扱う ◦ Entity AnnotationをつけてRoomで扱う 18
  19. Coroutines + Result Kotlin Coroutinesの結果をUIに伝播させる 5

  20. 通信状態をUIに反映 • ユーザーに次の動作を伝えるために必要 ◦ 通信中か通信中ではないか ◦ 通信は成功したか失敗したか 非同期処理の状態をActivity/Fragmentにどう引っ張ってくるか 20

  21. Resource • status(Status), msg(String?), data(T?) • Statusの定義 ◦ success ◦

    error ◦ loading AACサンプル NetworkState • status(Status), msg(String?) • Statusの定義 ◦ LOADED ◦ LOADING ◦ error 21 https://github.com/googlesamples/android-architecture-components/blob/master/GithubBrowserSample/app/src/main/java/com/android/example/github/vo/Resource.kt https://github.com/googlesamples/android-architecture-components/blob/master/PagingWithNetworkSample/app/src/main/java/com/android/example/paging/pagingwithnetwork/reddit/repository/NetworkState.kt
  22. A discriminated union that encapsulates successful outcome with a value

    of type T or a failure with an arbitrary Throwable exception. 22 kotlin-stdlib/ kotlin/Result
  23. launch { state.postValue(State.LOADING) // 通信開始 runCaching { repository.user() // Coroutinesによる通信

    }.fold( onSuccess = { user.post(it) // 通信結果 state.postValue(State.LOADED) // 通信成功 }, onFailure = { state.postValue(State.error(it)) // 通信失敗 } } ※StateクラスはNetworkStateクラスのThrowable?を保持する独自拡張クラス 23
  24. + LiveDataを推進 • ViewModel ◦ Model層から受け取るCoroutinesをResultで表現 ◦ Resultの結果をLiveDataに変換 • View

    ◦ ViewModel層からLiveDataでデータを取得 ◦ 正常/異常の状態に応じたUIを提供 24
  25. “ Kotlinでもっと便利に! 25

  26. 26 Thanks! Any questions? You can find me at @koji-1009

    & koji,wakamiya@gmail.com
  27. Credits Special thanks to all the people who made and

    released these awesome resources for free: • Presentation template by SlidesCarnival • Photographs by Unsplash 27