Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Flutterアプリにおけるパフォーマンス計測と改善【DeNA TechCon 2022】

Flutterアプリにおけるパフォーマンス計測と改善【DeNA TechCon 2022】

2022/1/17に、音声ライブ配信アプリVoice PocochaがiOS向けにリリースされました。

こちらのアプリはPocochaを参考につつ、Flutterを用いて開発されています。

音声やアイテムエフェクト、ネットワークといった多くの処理が同時に発生するVoice Pocochaアプリ開発において、パフォーマンスの改善は欠かせません。

今回のTechConでは、高いパフォーマンスが求められるFlutterアプリ開発の中で、どのようにパフォーマンス計測・改善に取り組んでいるのかをご紹介します。

また、そこで得たFlutterアプリ開発における一般的なパフォーマンスの最適化方法や、もう一歩だけ深いレベルでのパフォーマンス改善についてもお話しさせて頂きます。

◆ You Tube
https://youtu.be/4f_aaK_HrZs

◆ You Tube チャンネル登録はこちら↓
https://youtube.com/c/denatech?sub_confirmation=1

◆ Twitter
https://twitter.com/DeNAxTech

◆ DeNA Engineering
https://engineering.dena.com/

◆ DeNA Engineer Blog
https://engineering.dena.com/blog/

◆ DeNA TechCon 2022 公式サイト
https://techcon2022.dena.dev/spring/

DeNA_Tech

March 17, 2022
Tweet

More Decks by DeNA_Tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. TABLE CONTENTS 1. VoicePocochaとは 3. パフォーマンス改善 1. 汎用的なアプローチ 2. 特殊なアプローチ

    1. 負荷ツールの作成 2. パフォーマンスの計測 2. パフォーマンス計測 1. パフォーマンス計測の背景
  2. 2. Flutterのアップデート Flutterはパフォーマンス改善のアップデートが多い 2.8 • RAM使用量の削減 • 起動速度の改善 2.5 •

    GC回数の削減 • Platform Channelの改善 などなど・・・ → Flutterを更新するだけで、パフォーマンス改善
  3. 3. パフォーマンス改善 汎用的なアプローチ 1. constの使用 2. Widgetの代用 3. リビルド範囲の縮小 特殊なアプローチ

    1. Isolateの分割 2. Flutterのアップデート → 開発初期から意識して、パフォーマンスの良いアプリ作り