開発経験なしの新卒が 効率よく成長するために 大切にしてきたこと

8a84268593355816432ceaf78777d585?s=47 DeNA_Tech
August 05, 2020

開発経験なしの新卒が 効率よく成長するために 大切にしてきたこと

新米エンジニアがSREとして急成長するには🦄

高度なSoftware EngineeringでDeNAのインフラを支えるIT基盤部✨
開発未経験の新卒が、IT基盤部でSREとしての成長に役立った方法をご紹介💪

・開発経験の少なさに不安がある方
・将来SREになりたい方
ぜひ読んでみて下さい😁
https://engineer.dena.com/posts/2020.07/ansible-multipule-management/

8a84268593355816432ceaf78777d585?s=128

DeNA_Tech

August 05, 2020
Tweet

Transcript

  1. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright (C)

    2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. August 5, 2020 Keisuke KOIKE Gr. 1, IT Platform Dept., System Management Unit. DeNA Co., Ltd. 1 開発経験なしの新卒が 効率よく成長するために 大切にしてきたこと
  2. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 小池 啓輔

    (Keisuke Koike) 2 ▪ 2019/03 物理系の博士課程 中退 ⁃ 専門:量子エレクトロニクス、量子測定理論 ⁃ 数値計算: ◦ アプリ開発:☓ パブリッククラウド:☓ ▪ 2019/04 株式会社 ディー・エヌ・エー 新卒入社 ▪ 2019/10 システム本部 IT 統括部 IT 基盤部第一グループに配属 ⁃ 大規模ゲームタイトルおよびゲームプラットフォームのインフラ運用 ⁃ 全社的なパブリッククラウド利用の管理チームにも所属
  3. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 小池 啓輔

    (Keisuke Koike) の 構成要素 3 ▪ 2019/03 物理系の博士課程 中退 ⁃ 専門:量子エレクトロニクス、量子測定理論 ⁃ 数値計算: ◦ アプリ開発:☓ パブリッククラウド:☓ ▪ 2019/04 株式会社 ディー・エヌ・エー 入社 ▪ 2019/10 システム本部 IT 統括部 IT 基盤部第1グループに配属 ⁃ 大規模ゲームタイトルおよびゲームプラットフォームのインフラ運用 ⁃ 全社的なパブリッククラウド利用の管理チームにも所属 SRE (Site Reliability Engineer) 開発経験なし 新卒2年目
  4. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 今日のアウトライン 4

    からどのようにキャッチアップしてきたか でも成果を出すために大事にしてきたこと になってみて感じた楽しさ 開発経験なし 新卒2年目 SRE (Site Reliability Engineer)
  5. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 5

    開発経験なし 積極的に手をあげる ▪ タスクに触れてみて、何がわかっていないかを理解する 「わからない」を徹底的に潰す ▪ まずは自分で 調べる / ソースを読む / 実験してみる ▪ それでもわからなければ先輩に聞く 手をあげたタスクの完成度を上げる ▪ 「次」につなげる。より難しいタスクにアサインされるように… 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ!
  6. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 6

    開発経験なし 積極的に手をあげる ▪ タスクに触れてみて、何がわかっていないかを理解する 「わからない」を徹底的に潰す ▪ まずは自分で 調べる / ソースを読む / 実験してみる ▪ それでもわからなければ先輩に聞く 手をあげたタスクの完成度を上げる ▪ 「次」につなげる。より難しいタスクにアサインされるように… 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ!
  7. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 7

    開発経験なし 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ! 積極的に手をあげる Aurora 「わからない」潰す 基盤メンテ対応 そもそも基盤メンテとは? 再起動 or 作り直し? どうやって無停止で切り替える? ▪ 「わからない」         を洗い出す 模式図
  8. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 8

    開発経験なし 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ! 積極的に手をあげる Aurora 「わからない」潰す 基盤メンテ対応 そもそも基盤メンテとは? 再起動 or 作り直し? どうやって無停止で切り替える? ▪ 調べる ▪ 実験できることは 実 験してみる 模式図 インスタンスが載っている AWS のマシンのメ ンテナンス。 メンテナンスのマシンに移し替える必要有 Aurora インスタンスの再起動では AWS のマ シンは切り替わらない。 だから作り直しが必要。 Reader と Writer を入れ替える (failover) 数秒から1分くらいアクセス断がある ▪ (最終手段)先輩に聞く 実 験 実 験 調 査 調 査 調 査 先 輩
  9. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 9

    開発経験なし 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ! Aurora 「わからない」潰す 基盤メンテ対応 新規クラスタ構築 backup フロー設計 ▪ タスクの種類が増える      ↓ キャッチアップした  面積 が拡がる (成果もついてくる) ▪ 理解しておくと   共通部 分の勉強が不要 コストコントロール 模式図 (共通部分に深い意味はありません) 積極的に手をあげる
  10. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 10

    開発経験なし 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ! 積極的に手をあげる Aurora 「わからない」潰す ▪ もっと広く見ると… 模式図 (共通部分に深い意味はありません) AWS DB MySQL ▪ どんどん関連付き   勉 強しやすくなる!
  11. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 11 2019/10

    ゲームサーバ開発環境の全インスタンスのインスタンスタイプ最新化・適正化 本番権限取得 Aurora インスタンスタイプ適正化 各種自動化ツール作成 アラート対応 パブリッククラウド アカウント作成の自動化ツール Aurora Shard統合 Aurora backup フローの設計 全社的なパブリッククラウド利用 管理チームにJoin 各種サービスの コストコントロール PagerDuty ローテーションにJoin アラート対応率 37.3% アラートの 根治 Aurora インスタンス HW メンテナンス対応 2019/12 2020/03 2020/04 2020/01 2020/03 ▪ koike のタスク遍歴 (抜粋) からどのようにキャッチアップしてきたか 開発経験なし
  12. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. からどのようにキャッチアップしてきたか 12

    開発経験なし 積極的に手をあげる ▪ タスクに触れてみて、何がわかっていないかを理解する 「わからない」を徹底的に潰す ▪ まずは自分で 調べる / ソースを読む / 実験してみる ▪ それでもわからなければ先輩に聞く 手をあげたタスクの完成度を上げる ▪ 「次」につなげる。より難しいタスクにアサインされるように… 成果を出しつつ、効率的にキャッチアップ!
  13. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. 13 スケジュールを守る

    なにかしらの成果を出す +αを加える ▪ アタリマエのことだけど、できない人も… ▪ 信頼・信用を積み重ねる近道 ▪ コスト削減・工数削減・泥臭い仕事をやりきる… ▪ こいつに任せとけば安心と思われたら勝ち ▪ 締め切り・想定時間より早く終わらせる ▪ 自分発の改善 : 人力の運用 → 自動化 ▪ 『1年目には荷が重いと思うが…』 アタリマエの積み重ねで 信頼を勝ち得る! からどのようにキャッチアップしてきたか 開発経験なし タスクの完成度を上げる
  14. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. でも成果を出すために大事にしてきたこと 14

    ▪ 透明性 ▪ 1 on 1 新卒2年目
  15. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. でも成果を出すために大事にしてきたこと 15

    新卒2年目 self-management page ▪ 自分のタスク一覧 page ▪ ToDoやメモ ▪ 毎日の仕事の中心 times-keisuke-koike ▪ “分報” ▪ より細かい粒度で現状報告 ▪ 疑問を先輩方が回収してくれる ▪ フルリモートで大活躍 ▪ 毎朝の一人朝会 現状の見える化で 自分とチームの効率UP! ▪ 透明性 ▪ 1 on 1
  16. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. でも成果を出すために大事にしてきたこと 16

    新卒2年目 技術のキャッチアップ タスクの確認 キャリアパス メンタルケア 部長 抜群の安心感 GL メンター ▪ メンター :毎日 30 分! ▪ 部長・GL :隔週 30 分! 成長に必要な知識を 偏りなく取り入れていく! ▪ 自分のためだけの 30 分を最大限活用 ▪ 透明性 ▪ 1 on 1
  17. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. になってみて感じた楽しさ 17

    SRE “インフラエンジニア” 運用の効率化・安定化のための ソフトウェアエンジニアリング コストコントロール + + “インフラ” ソフトウェア コスト 配属されてから koike がやってきたこと (抜粋) ゲームサーバ開発環境の全インスタンスのインスタンスタイプ最新化・適正化 (利用されているミドルウエアのキャッチアップと、インスタンス構築から撤退までに触れる) Aurora のインスタンスタイプ適正化 (数百クラスタを停止させずに切り替える ) 内部 DNS へのインスタンス追加・削除自動化ツール作成 ロードバランサーへのインスタンス追加・削除自動化ツール作成 パブリッククラウドアカウント作成の自動化ツール作成 リザーブドインスタンス購入数の試算・提案 アラート・障害対応
  18. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. になってみて感じた楽しさ 18

    SRE “インフラエンジニア” 運用の効率化・安定化のための ソフトウェアエンジニアリング コストコントロール + + ▪ 低レイヤーからソフトウェア開発までの広い守備範囲 ▪ 成果が数字で現れる! ⁃ $ 〇〇 のコスト削減 とか 〇〇人月の工数削減とか ▪ アラート対応は、RPG のレベル上げ的な楽しさ ▪ 徹底的に無駄を潰す快感
  19. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. まとめ 19

    からどのようにキャッチアップしてきたか でも成果を出すために大事にしてきたこと になってみて感じた楽しさ 開発経験なし 新卒2年目 今後の koike オペレーション 自動化スキル “インフラエンジニア” としての技術力 粗いアサインでもこなせる自走力 グループもリードできるように… コストコントロール SRE (Site Reliability Engineer) 特効薬はない。コツコツと積み重ねることが大事…!
  20. Copyright (C) 2020 DeNA Co.,Ltd. All Rights Reserved. DeNA Tech

    の Twitter アカウントでは、 DeNA のエンジニアリングに関する 登壇資料やブログを紹介しています! ぜひ Twitter をフォローしてみてください!