Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DIGITALIO会社紹介資料

DIGITALIO
January 25, 2022

 DIGITALIO会社紹介資料

株式会社DIGITALIO(デジタリオ)の会社概要資料2024年12月最新版です。

DIGITALIOではデジタルを軸としてサービスを創造・提供し、社会を前進させるために、自社プロダクトを4つの軸で事業を展開しています。
自分たちの技術を活かし、社会にある課題をinputし、プロダクト開発としてoutputしていく。そしてプロダクトを育て持続させていきます。

▼一緒に働いてくれる仲間募集中です▼
https://digitalio.jp/recruit/

DIGITALIO

January 25, 2022
Tweet

Transcript

  1. 2 1. DIGITALIOについて 2. 各事業/サービスについて a. メディア事業 b. 販促DX事業 c.

    リテールDX事業 d. ヘルスケア事業 3. 文化・カルチャー 4. 組織メンバーについて 5. 働く環境について 6. 採用について 目次
  2. サービスの成り立ちと沿革 4 ABOUT US SERVICE 価格比較サイト ECナビリリース HISTORY 株式会社PeX (現:㈱DIGITALIO)

    設立 ポイント交換サイト PeXリリース ポイントサイトに ECナビが転換 株式会社PeXから 株式会社VOYAGE MARKETING 社名変更 株式会社DIGITALIO 社名変更 デジタルギフト ギフピー (現:デジコ) リリース デジタルギフト (旧ギフピー) デジコリリース 薬局DXサポート エンパスリリース 辞書・事典サービス コトバンクリリース 2004.07 2022.01 2013.03 .06 2007.01 2019.11 2014.12 2020.03 2009.04 2018.01 マンガに関する事典 マンガペディア リリース 2016.04 小学館との合弁会社 C-POT設立/リリース Web販促プロモー ションツール キャンタリリース 2021.11 .03 若旅サポート IMATABIリリース 給与前払いサービス Remoneリリース 流通小売企業DX支援 デジクルをリリース .12
  3. 基本情報 ABOUT US 社名 株式会社DIGITALIO 所在地 〒105-5502 東京都港区虎ノ門2-6-1 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー36階 設立

    2007年1月22日 資本金 1億9,800万円(資本準備金含む) 主要株主 株式会社CARTA HOLDINGS 100% 代表者 •代表取締役CEO 古谷 和幸 •代表取締役COO 安藤 敦士 •取締役 今井 悠介 •取締役CTO 松本 昌裕 •取締役CDO 榮 志乃 •監査役 野口 誉成 事業内容 •メディア事業 •販促DX事業 •リテールDX事業 •ヘルスケア事業 5 約53% その他 約47%
  4. 7 デジタルを軸としてサービスを創造・提供し、 社会を前進させる。 We create and provide services based on

    digital technology. We will move society forward. DIGITALIOは、デジタル×サービスデザインカンパニーです。 我々は今までECナビやPeXといったポイントサービスをはじめとして、多様なサービスを立ち上げ、育ててきました。 また、時にはパートナー企業と協業という形で、コトバンクやマンガペディア、ANAマイレージモールなどのサービス開発をしてきました。 我々が定義する「サービス」とは、「ヒトが必要とする価値」です。 そのため、BtoBでもBtoCでも、本当にヒトが必要としているものであれば、自ら先頭に立って開発をします。 これからも、DIGITALIOは多様なパートナー企業と連携しながら、 サービスを創造し、育み、提供し続けることで、社会をひとつずつ前進させていきます。 COMMITMENT DIGITALIO コミットメント
  5. 8 デジタル リテール・販促・ヘルスケアなどオフラインの課題に対してもデ ジタルを使って解決していく サービスデザイン 顧客体験のみならず、顧客体験を継続的に実現するための組織と 仕組みをデザインすることで新たな価値を創出するための⽅法論 参考:経済産業省「我が国におけるサービスデザインの効果的な導⼊及び実践の在り⽅に関 する調査研究報告書」 DIGITALIOで考える

    「デジタル✕サービスデザイン」 クライアントに対してそのノウハウ・設計を提供するだけ でなく、自分たちでもデジタルを軸に創り育て続ける デジタル✕サービスデザインカンパニー COMMITMENT 参考:経済産業省「我が国におけるサービスデザインの効果 的な導⼊及び実践の在り⽅に関する調査研究報告書」
  6. 12 これからのDIGITALIOの展望 DIGITALIOの主たる事業ドメイン は「販促領域」です。 そして、その領域におけるステー クホルダーである「ユーザー」 「売り場」「広告主」に対して、 それぞれ「メディア事業」「リ テールDX事業&ヘルスケア事業」 「販促DX事業」がサービスを展開

    しています。 それぞれの事業が各領域を起点に サービスを拡大していくことを志 向しながらも、互いが保有する サービスが密に連携を取りなが ら、DIGITALIOとしての成長を目 指します。 必要に応じて多様なパートナー企 業と連携をとりながら、社会で生 じる課題を解決できるようなサー ビスを創り、育て続けて行きま す。 SERVICE
  7. 14 社名や体制を変化し続けながらメディア運営を20年行ってきました。 その中で消費者・生活者に寄り添い、みなさまの使い心地にこだわり、 情報の整理と発信で価値を生み出すことでメディア事業は拡大を続けてい きます。 現在、運営する会員型メディアの総会員数はのべ1000万人を超え、ポイ ント流通額は年間100億円を超える規模まで成長しました。 2009年からサービスを提供しているコトバンクは300万の用語を一括検 索できるようになりました。 自分たちのメディアを運営することだけにはこだわらず、メディア運営の

    お手伝いなど協業を通じて社会に価値を創出できるサービスを提供してい ます。 これからもメディア運営や会員型サービスの提供に限らず、ノウハウや技 術力を生かして利用者様の課題解決や価値創造を進めていきます。 メディア事業におけるミッションと実績 MEDIA 地域
 関東 48% 中部 16% 九州 9% 東北 6% 性別 年齢 女性:55% 男性:45% 20代:21% | 40代:27% | 30代:25% 50代:27%
  8. 利用者数日本最大級の「毎日貯まるポイ ントサイト」。アンケートに回答したり ネットショッピングをするだけでECナビ ポイントが貯まります。日本記念日協会 より7月1日を「ポイ活の日」と認定され ました。 ECナビ 15 メディア事業 URL

    https://ecnavi.jp/ 機能・サービス ポイントサイト 会員数 約800万人 PV数 月間4.8億PV メルマガ会員数 82万人 概要 ポイントサイトやアンケートサイトで貯まった ポイントを大手共通ポイントや現金、商品や電 子マネーなどに交換することができるポイント 流通量日本最大級のポイント交換サイト。ポイ ントをマイルに交換したり、ポイント投資に参 加したりと、多種多様なポイント活用が可能。 PeX URL https://pex.jp/ 機能・サービス ポイント交換サイト 会員数 約200万人 ポイント流通額 月間約12億円 交換提携先数 約200サービスと提携 概要 MEDIA
  9. 16 出版社の保有する辞書・事典の構造化データ(XMLな ど)の提供を受け、データベース構築とWebサービ ス。用語解説の信頼性を重要視しており、掲載してい る辞書は実績のある出版社や、その分野においての知 識が豊富な企業などから提供されたもので構成。 コトバンク URL https://kotobank.jp/ 機能・サービス

    辞書・事典の構造化データベース 登録語数 約2,900,000 (2022年12月末) 概要 マンガに関する『事典』のデータベース構築とWeb サービス。『事典』コンテンツは一般社団法人百科綜 合リサーチ・センター、株式会社エイトリンクス、株 式会社DIGITALIOにより編纂された世界で初めての体 系的漫画百科事典。 マンガペディア URL https://mangapedia.com/ 機能・サービス マンガに関する『事典』のデータベース 登録語数 ・事典データ:約230,000件 ・ガイド(記事):約12,000本 (2022年12月末) 概要 小学館とCARTA HOLDINGSとの合弁会社として C-POTを設立。C-POTでは、小学館のコンテンツとそ の権利、コンテンツの作成ノウハウ、またVOYAGE GROUPのシステム開発力やマネタイズ、サービス企画 力を活かし運営。 C-POT URL https://c-pot.co.jp/ 機能・サービス Contents Edit System(CES) ・辞書・事典の構造化データ専用の編集 システム ・日本大百科全書、大辞泉等が利用中 登録語数 ・レファレンスデータ登録数:約90点 ・アーカイブデータ登録数:約14,000点 (2022年12月末) 概要 メディア事業 MEDIA
  10. デジコは6,000種以上に交換できるデジ タルギフト。デジコは「簡単に」「迷う ことなく」誰でも使えるデジタルギフト を提供します。 デジタルギフトだけで なく、「届け方」や企業課題に合わせた キャンペーンプランも ご提案します。 デジコ 19

    販促DX事業 URL https://digi-co.net/ 機能・サービス デジタルギフト 活用シーン メール送信(無料)・SNS送信・Twitter・LINE・レシートOCR・アン ケート機能・ギフトカード(リアルカード) 累計提携社数 1000社超 交換先 PayPay , Amazonギフトカード , Google Play ギフトコード PeXポイントギフト, Apple Gift Card , QUOカードPay , LINE Pay nanacoギフト、WAONポイントID 概要 キャンタでは、販促キャンペーンをもっ と手軽でかんたんに実施できるツールと サービスを提供しています。キャンペー ン設計から運用、景品の配布までよりワ ンストップでサポートします。 キャンタ URL https://camter.net/ 機能・サービス レシートOCR/SNS 活用シーン(レシート) レシートを活用したマストバイキャンペーン 活用シーン(SNS) SNSを活用したWebプロモーション 費用 レシート:50万円〜 SNS:30万円〜 概要 SERVICE_PROMOTION
  11. 22 リテールDX事業 RETAIL DX_PROMOTION 給与前払いサービス、従業員向 け支払い業務自動化システム。 Remone URL https://remone.jp/ Remone

    スタッフ向け福利厚生:給与前払いサービス Remone for business 送金・支払い業務の自動化・システム化サービス 料金 導入企業の費用負担は一切なし スタッフが利用に応じた手数料を負担 概要 デジクルは「小売の成長を共創する」をミッションに小売業界での DXを推進し、小売特化型ソリューションの提供や個別要望に合わせ たオウンドサービスの構築を支援。 2020年12月に立ち上げ事業展開を進めながら、現在はCARTA中期 経営方針に掲げるリテール領域のDX⽀援における中核事業として運 営しています。 URL https://digiclue.jp/ 機能・サービス 小売向けソリューション提供、アプリ・LINEミニアプリ開発 取組概要 スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターのDX推進 店頭でのポイントカードやクーポン、予約などの体験を向上 累計提携社数 30社程度 取引先事例 DAISO、Dean&Deluca、Aesop、マキヤ、新生堂薬局など 概要 デジクル
  12. 24 ヘルスケア事業では、「患者さんが安心して暮らせる社会を創り出 す」をミッションに、調剤薬局/ドラッグストア等の医療機関や自治体 と連携し、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX) 推進のためのサービス開発を行っています。 これまで、調剤薬局約700店舗向けに患者さんの日常生活での体調確 認や服薬状況をLINEを通じてサポートするサービスや、薬局が保有す る処方箋データを自治体が災害時用に構築したPHR(パーソナルヘル スレコード)に連携するシステム開発などを手掛けてきました。 今後は下記の分野を中心に事業を展開して参ります。

    ・患者さんの日常生活を支えるEC構築/開発支援 ・予防を目的とした健康系サービスの開発 ・同じ疾患を持つ方々の体験等を共有するメディア事業 等 ヘルスケア事業におけるミッションとサービス HEALTH CARE 薬局オジリナルのサービス開発基盤を提 供しかかりつけ薬局をサポートします。 エンパス 活用シーン LINEミニアプリ処方箋・オンライン診療/決済・服薬フォロー等 運用実績 700店舗以上 物販サポート デジタルギフトやCMを活用した保険外収益をサポート ガイドライン遵守 3省2ガイドライン対応 改正個人情報保護法に対応 概要
  13. 27 行政向けの取り組みも積極的に参加 CULTURE of DIGITALIO-実際のチャレンジ 概要 LINE公式アカウント友だち追加キャンペーン 主催 埼玉県 オリンピック・パラリンピック課 デジコ事例紹介ページ

    概要 「夏のHTT推進期間」節電への取組事例アン ケート回答への特典 主催 東京都政策企画局 夏のHTT推進期間 概要 豊後高田市 公式LINE友だち登録キャンペーンの 景品 主催 豊後高田市 プレスリリース 概要 グリーン住宅ポイント制度 交換商品提供 主催 国土交通省 グリーン住宅ポイント制度
  14. 28 プロダクトの成長に合わせて最適な技術を選択・利用し続ける 一部抜粋 CULTURE of DIGITALIO-実際のチャレンジ Programming language Frame work Infrastructure

    RDB(データベース) データ基盤 CI(継続的デリバリー) 運用監視 データ分析 仮想化 コミュニケーション など、上記を含め サービスに適した 技術を他にも多く 利用しています。
  15. 30 EMPLOYEE DATE ※1 CARTA HOLDINGS全体 ※2 2022〜2023年 DIGITALIO社 多様なバックグラウンドのメンバーが活躍中

    エンジニア 36% セールス 34% マーケティング 11% PM 74% 運用 6% デザイナー 4% 子会社役員 2% 95名 7:3 7.6年 63.4% 88% 32% 100% 58% 71日 34.5歳
  16. 32
 メンバー 代表取締役CEO 古谷 和幸 2002年に入社。広告事業やメディア事業に携わり、2008年に SSP事業を行う(株)fluctを設立。2011年にVOYAGE GROUPの 取締役に就任。2017年よりVOYAGE MARKETINGの代表を務め

    つつ、現在ではCARTA HOLDINGSの執行役員としてコンシュー マー事業全体を統括。 MEMBER Kazuyuki Furuya 取締役CDO 榮 志乃 各ECサイトを経て、2015年webデザイナーとして入社。新規事 業立ち上げ/ディレクターを経て、2019年より販促DX事業本部 の統括PMを担当し、2021年より同社取締役CDOに就任。 Shino Sakaee 代表取締役COO 安藤 敦士 2009年に入社。web広告関連の新規事業立ち上げやソーシャル ゲーム3タイトルの責任者、社長直下プロジェクトのアプリPMな どを歴任し2014年からポイント関連事業に従事。2019年10月よ りVOYAGE MARKETING(現DIGITALIO)取締役メディア事業管 轄に就任し、2023年5月よりDIGITALIO代表取締役COOに就任。 Atsushi Ando CTO/メディア事業本部 エンジニア 松本 昌裕 2010年に入社。メディア運営、MVNO事業立ち上げに従事した 後2013年より VOYAGE MARKETING に出向。2014年より2018 年まで同社CTO、システム本部長を兼任。その後、コンテンツ データビジネス等に携わり、2022年1月よりCTOとしてエンジニ ア組織を牽引。2023年5月より取締役CTOに就任。 Matsumoto Masahiro
  17. 33 メンバー MEMBER 販促DX事業本部 販促ソリューション事業部長 飯島 悠介 総合広告代理店を経て、2020年入社。デジタルギフト領域の セールス・ビジネス開発に従事した後、販促ソリューション領域 の事業部立ち上げ・プロダクト開発の責任者を担当。

    Yusuke Iijima メディア事業本部 コンサルタントチームマネージャー 高坂 未希 アフィリエイト代理店(ASP)を経て2015年入社。現在はECナ ビ広告コンサルタントの責任者を務める。 Miki Takasaka 販促DX事業本部 マーケティング責任者 荒井 結実 人材会社・広告代理店を経て、2021年入社。デジタルギフト・ 販促ソリューションを含む販促DX事業におけるマーケティング 責任者。 Yumi Arrai メディア事業本部 チーフマーケター 齋藤 明日香 2006年新卒入社。2020年からECナビアンケートアプリのプロ デューサー、マーケティングを担当。在職中、3度の育休産休、 復帰を経験。 Asuka Saito
  18. 34 メンバー MEMBER メディア事業本部 エンジニア 鈴木 駿介 2015年新卒入社。ポイントサイト「ECナビ」やポイント交換サ イト「PeX」などのサービスの設計・開発業務に携わる。現在は ECナビのフロントエンド改善を進めている。

    Suzuki Shunsuke メディア事業本部 エンジニア 小林 彩花 2019年新卒入社。ポイントサイト「ECナビ」やアンケートサイ ト「リサーチパネル」、ポイント交換サイト「PeX」などのサー ビスの設計・開発業務に携わる。 Ayaka Kobayashi メディア事業本部 チーフエンジニア 舘野 健一 2008年入社。さまざまな新規「広告配信システム」の開発を担 当し、2011年に株式会社Zucksを立ち上げて同社CTOに就任。 2015年よりVOYAGE MARKETING(現DIGITALIO)にて主に新 規事業のためのシステム開発を担当。 Kenichi Tateno 販促DX事業本部 エンジニア 中川 研二 2010年中途入社。モバイル向けサービス事業に携わった後、 2015年にサービスgifpy(現デジコ)をリードエンジニアとして立 ち上げ、その後さまざま事業のシステム開発を担当する。2019 年デジコリニューアルを機に再びデジタルギフト事業に携わる。 Nakagawa Kenji
  19. 36 評価の判断基準 総合職 人事評価制度 EVALUATION 定期評価 定期的(半年に一度)に振り返りをし、事業貢献を判断しま す バリューフィードバック 大切にしている価値観「VALUE」にどれだけ沿っているか

    判断します スキル評価(エンジニア職) エンジニア職は技術力評価会(半年に一度)にてそのスキル を判断します A5 E5 A4 E4 A3 E3 A2 E2 A1 E1 エンジニア職 評価グレードの内訳
  20. 37 ベネフィット:働き方・福利厚生支援 6:00〜22:00をフレキシブルタイムとして制定 お子さまが小学校を卒業するまで、時短勤務も選択 として可能。 BENEFIT リモートワーク 出社とリモートワークのハイブリッドな働き 方が可能。 ボーナス休暇

    勤続年数が満3年ごとに一定期間の有給休暇 支給。リフレッシュ期間を設けることで、 心機一転できます。 スーパーフレックス • 有給休暇 • 年次有給休暇の積立 • その他有給休暇(忌引休暇、裁判員休暇、ワクチン副反応休暇) • 育児休暇 • 産前産後休暇 • 業務外私傷病による休暇 • 通勤手当 • 財形貯蓄(持株会・確定拠出年金) • 健康保険・健康診断 • 育児(ベビーシッター割引) 他にも
  21. 社内環境:オフィス/作業環境※ BENEFIT 38 執務エリア 社内カフェ 社内BAR 集中エリア:CAVE ミーティングルーム 執務スペース ・

    一人ひとりのデスク幅は広めに設け、前後には仕切りを置か ないオープンでフラットな空間 ・ 様々なミーティングルームがあり、すべてにモニターとカメ ラが常設 ・ 個人で作業できるデスクやチームで作業できるデスクまでバ リエーション豊富なワークスペース 集中エリア CAVE 洞窟の様に薄暗く籠もって作業を行える空間 BEACH 靴を脱ぎ、足を伸ばしてリラックスしながら仕事ができる空間 個人ブース  完全個室ではないものの、区切られた空間で集中して作業可能 来客スペース 社内活性化 社内BAR『AJITO』/社内カフェ『GALLEY』/社内ライブラリ 『OASIS』/ミーティングルーム PC Macbook Pro、Windows、etc から選択可能 ディスプレイ: 2枚でも3枚でも追加可能 周辺機器: 準備のないPC周辺機器利用の場合も、経費精算可能 椅子 OKAMURA バロン、シルフィー、etc ※ 2023年11月現在
  22. 39 サービスをピックアップして、その サービステーマに沿った体験レポー トを発表や、各職種のサービス作り に関してのLTなどを開催。メンバー の交流をとりながら続くサービス作 りへの理解促進を行っています。 サービスデザイン交流 SPICE 技術的チャレンジ支援

    BizDev力の向上を図るために開催さ れる学びの場。与えられたお題に対 して、振り分けられたチームで調査 ・プレゼンを行ってもらい、事業観 点での評価もフィードバックされま す。 プロによる写真撮影 DIGITALIO内イベント EVENT サービス開発以外にもコーポレート サイトなどの開発も社内開発を行っ ています。サービス開発では行えな い、技術的チャレンジも積極的に取 り組み、技術力の向上をサポートし ています。 年に一度プロによる個人・チーム撮 影を実施。撮影合間に社員でコミュ ニケーションを行うなど社内の活性 化イベントとしても活用。