$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

merpay-Overview

Mercari, Inc.
October 31, 2022

 merpay-Overview

Mercari, Inc.

October 31, 2022
Tweet

More Decks by Mercari, Inc.

Other Decks in Business

Transcript

  1. 1 As of October 2022

  2. 2    会社概要 2017年11月20日 会社設立日 東京、大阪、福岡 オフィス 金融関連の新規事業 事業内容

  3. 3    代表取締役社長CEO 山本 真人 元Google Japan  Enterprise部門 Head of

    Partner Sales、元Apple Japan Apple Pay加盟店事 業統括責任者 取締役CISO 曾川 景介 元ウェブペイ株式会社CTO 取締役 青柳 直樹 元ドイツ証券投資銀行部 門、グリー株式会社取締役 CFO・米国法人CEO・事業 本部長 取締役CFO 江田 清香 元ゴールドマン・サック ス証券株式会社マネージ ング・ディレクター 取締役CRCO 井上 明 元SMBC日興証券株式会社 専務取締役内部管理統括 取締役 信川 享介 元三井住友カード株式会社 経営陣
  4. 4    執行役員 VP of Engineering 木村 秀夫 元株式会社ディー・エヌ・ エーJapanリージョンゲー

    ム事業本部プラットフォー ム本部長執行役員、システ ム本部長執行役員 執行役員COO 伊豫 健夫 元「メルカリ」のプロダ クト責任者 執行役員CPO 成澤 真由美 元メルペイHead of Design 執行役員CTO 野澤 貴 元株式会社Origami 技術 担当ディレクター 経営陣 執行役員 VP of Engineering 泉水 翔吾 メルペイのFrontend チームの立ち上げやWeb 版の「メルカリ」の刷新 を牽引 執行役員 VP of HR Fintech 梅澤 亮 HR Directorとして採 用、労務、HRBPの人事 領域全般の立ち上げ等幅 広く管掌
  5. 5    執行役員 VP of Trust and Safety 篠原 孝明

    元ソウゾウ Head of Product 執行役員 VP of Growth Fintech 永沢 岳志 スマホ決済サービス「メ ルペイ」のグロースを経 て、FinTech領域の Growthを管掌 経営陣
  6. 6 Mission

  7. 7    メルペイとは 「メルペイ」は、株式会社メルペイが運営するフリマアプリ 「メルカリ」で利用できるスマホ決済サービスです。 「メルカリ」の売上金※1の他、普段利用している金融機関 を登録し「メルペイ」に残高をチャージしたり、チャージレ スな「メルペイスマート払い」を利用することで、スマート フォンを使ってお店やECサイトでお買い物が可能です。非 接触決済サービス「iD」※2、コード決済のいずれも対応し

    ており、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグスト ア、ファストフード店をはじめ、全国のお店で利用すること が可能です。 ※1:売上金をご利用いただくには、所定の設定又はポイント購入をしていただく必要があります。 ※2:「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
  8. 8    「メルカリ」「メルペイ」で構築する「循環型金融」 「メルカリ」における「モノ」の循環に「メルペイ」における「お金」と「信用」の循環が加わることで、「モノ」「お金」 「信用」が循環し、より自由度と柔軟性の高い「循環型金融」を拡大。メルカリならではの価値ある体験を届ける。

  9. 9    メルペイ 3つの注力領域 •「メルペイスマート払い」にて、使った分  を翌月にまとめて清算する「一括払い」と  月々にわけて支払う「定額払い」を提供 •少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残高を利用して資産運用が

     できるサービス  今後、メルコインと連携し売上金で暗号資  産を購入できるサービスを提供予定 決済 与信 ふえるお財布 翌月払い 定額払い 資産運用 「日常のお買い物」で 翌月にまとめてお支払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」 で清算金額を決めて 月々にわけてお支払い •「iD決済」と「コード決済」に加え、 「バーチャルカード」の利用も可能 iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャル カード カード番号を設定するだけ (1)2021年8月3日提供開始 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利用状況に応じて金利が変動 メルペイスマートマネー (1)
  10. 10    メルペイ 3つの注力領域 決済 与信 ふえるお財布 翌月払い 定額払い 資産運用

    「日常のお買い物」で 翌月にまとめてお支払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」 で清算金額を決めて 月々にわけてお支払い iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャル カード カード番号を設定するだけ (1)2021年8月3日提供開始 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利用状況に応じて金利が変動 メルペイスマートマネー (1) •「メルペイスマート払い」にて、使った分  を翌月にまとめて清算する「一括払い」と  月々にわけて支払う「定額払い」を提供  少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残高を利用して資産運用が  できるサービス  今後、メルコインと連携し売上金で暗号資  産を購入できるサービスを提供予定 •「iD決済」と「コード決済」に加え、 「バーチャルカード」の利用も可能
  11. 11    メルペイ 利用者数※1 決済対応加盟店 (導入予定含む)※2 ※1 メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーと、「メルペイコード決済」、「ネット決済」、「メルペイスマート払い」等の利用者の合計(重複を除く)2022年6月末時点 ※2 2022年6月末時点、iD/QR重複除く、導入予定も含む スマホ決済サービス「メルペイ」2019年2月サービス開始 1,394万人

    263万カ所 対応金融機関 300超
  12. 12    加盟店向け決済手数料 メルペイ利用分については、2021年7月1日以降、決済手数料2.6%が適用に。 ※1:メルペイ:2021年7月1日以降のメルペイご利用分から加盟店手数料2.6%が適用。 d払い: 2022年8月1日~2023年9月30日、WEBでお申込みされた加盟店さまは、d払いサイトに掲載されているキャンペーンが適用。 これまで実施していたd払いにおける加盟店手数料無料キャンペーンについては、ウェブサイトに記載の「キャンペーン概要」を確認ください。 ※2:諸条件によって異なる場合があります

  13. 13    NTTドコモとの連携 2020年9月初旬より、「メルペイ」と「d払い」の両スマ ホ決済サービスにおいて共通QRコードでの利用を開始、 導入の推進においても両社で連携 メルペイの加盟店(中小事業者へのキャッシュレス導入支援) 信金中央金庫を通じた地域への導入推進 2020年1月にメルペイによるOrigami株式の取得により、 Origami社がメルカリグループへ参画、また、メルカリ・

    メルペイと信金中央金庫との業務提携契約を締結 地域の中小事業者への「メルペイ」導入の推進や「メルカリ教室」の実施に より、「メルカリ」で不要品を販売して得た売上金が「メルペイ」を通じて 地域に還元される「持続可能性の高い循環型社会」の実現を目指す。 加盟店は店頭に1つのQRコードを設置するだけで 「メルペイ」と「d払い」の両スマホ決済サービス利用者の来店を見 込むことができ、キャッシュレス決済導入の負担軽減と導入効果の 向上に繋がる。
  14. 14    メルカリ・メルペイでの1次流通⇔2次流通のサイクル 売上金 / 残高チャージ 商品受取 「メルカリ」で自宅にある不要品を売って、その売上金を「メルペイ」で街中のお店やECサイト(1次流通)で利用するサステナブ ルなサイクルを構築 不要になったモノを

    メルカリで売る メルカリの売上金等で 新しいモノを購入
  15. 15    オフライン加盟店との取り組み メルペイ・メルカリのシナジー強化のため、加盟店を活用したトライアルを開始 (1)本取り組みは一部店舗における実証実験 メルペイコード決済 メルカリ梱包資材の販売 メルカリポストの設置 「メルペイ」の導入に加え 梱包資材の販売やメルカリポストの設置を行いお客さま体験を拡張

    ホワイト急便 ダイソー
  16. 16    EC加盟店との取り組み 「メルカリ」との連携強化 ネット決済の購入履歴をもとに、 簡単に「メルカリ」での出品が可能になる機能を2020年3月にリリース。

  17. 17    メルペイ 3つの注力領域 決済 与信 ふえるお財布 翌月払い 定額払い 資産運用

    「日常のお買い物」で 翌月にまとめてお支払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」 で清算金額を決めて 月々にわけてお支払い iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャル カード カード番号を設定するだけ (1)2021年8月3日提供開始 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利用状況に応じて金利が変動 メルペイスマートマネー (1) •「メルペイスマート払い」にて、使った分  を翌月にまとめて清算する「一括払い」と  月々にわけて支払う「定額払い」を提供  少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残高を利用して資産運用が  できるサービス  今後、メルコインと連携し売上金で暗号資  産を購入できるサービスを提供予定 •「iD決済」と「コード決済」に加え、 「バーチャルカード」の利用も可能
  18. 18    「信用」を元にした与信サービス「メルペイスマート払い」 ※翌月払いは、18歳未満は利用不可。加えて、18歳・19歳は利用上限金額は最大5万円。  また、定額払いは、20歳未満は利用不可。利用限度枠は、翌月払い・定額払い合計で50万円。 • 「メルカリ」の利用実績等を元に利用限度枠が決まり、購入代金を後から支払うことが可能 • 利用上限金額が設定でき、利用履歴も確認できるため、お客さま自身で利用の管理が可能 •

    「翌月払い」「定額払い」ともに、いつでも清算金額の変更ができるなど、柔軟な支払いが可能
  19. 19    メルペイの考える「信用」とは 属性情報ではなく行動実績に基づいて「信用」を判断。

  20. 20    「メルカリ」の持つユニークなデータ 「メルカリ」の取引実績によるユニークなデータを基に、「約束を守っていただけるか否か」を判断し、新しい「信用」を 生みだしていく。

  21. 21    後払い決済サービスのコア、AI与信の拡大機運の高まり 2021年4月に割賦販売法が一部改正され、従来の与信の仕組みに代えてAIでの与信が可能に 新たな制度により少額での後払い決済サービスを開始する事業者も出てきており、後払い決済サービスの国内での拡大機運が加速 2021.8 メルペイ「AI与信」認定取得 ・メルペイは、2021年8月27日に認定第1号で取得 ・「メルカリ」の利用実績等を元に「利用者支払可能見込額」を 算定できるように

    2021.4 割賦販売法の改正法案公布 割賦販売法の一部を改正する法律案 2020年3月に閣議決定→同年6月に公布 改正割賦販売法の施行 以下、2点等を定めた改正割賦販売法の施行 (1)少額の分割後払い規制の導入 (2)審査手法の高度化への対応 10万円以下の少額の後払いサービス提供事業者の登録制度や 従来の支払い可能見込額調査に代えてAIでの与信審査が可能に
  22. 22    利用状況の可視化や柔軟な支払い方法の提供 支払い終了までの期間や 月々の支払い金額と手数料を表示 柔軟な支払いが可能 ◎ 「メルカリ」売上金が利用できる ◎ 自分のタイミングで支払える ◎ 支払い金額を事後調整できる 利用状況の可視化

    ライフスタイルに合わせて 無理のない支払い計画が立てられる
  23. 23    約6割のお客さまが 自身で利用上限金額を設定 ※1:上限設定は2022年2月末時点の設定状況、支払い状況は2022年2月末時点での未支払いの割合 ※2:2020年4月〜9月に「メルペイスマート払い」を利用されたお客さまを対象とした2021年9月末時点の支払い状況 上限設定と支払い状況に相関も 〈 メルペイスマート払い利用者の利用上限設定比率と初月の延滞率※1〉 延滞率は

    約1/4 利用上限金額の設定と支払い率 利用上限設定済 利用者の 99%以上が ご利用分をお支払い済 安定した未払い率の低さ
  24. 24    後払い決済サービスの利用状況 後払い決済サービスの利用率は3割 特に若年層ほど利用率が高くなる傾向 ※メルペイ調べ 2021年10月11日「消費と支払手段に関する調査」(https://jp.merpay.com/news/2021/10/202109bnplsurvey/) 後払い決済サービス利用者のうち 7割以上はクレジットカードを保有

  25. 25    後払い決済サービスの特長 他の支払い手段に比べ、スマホベースの後払い決済サービスは利用と支払いの管理面に長けている。 即時払い スマホで即時把握 履歴も自動反映 指定日引落し 支払い日を選択 数日後に

    Web明細で確認 別途記録するなど 管理が必要 残高に即時反映 残高履歴で確認 現金 デビットカード クレジットカード スマホ後払い決済サービス 支払いタイミング      利用の確認/管理
  26. 26    後払い決済サービス利用者は 家計管理の意向が高い 利用と支払いを管理できることが後払いを利用する理由 クレジットカードの課題は使いすぎること 後払い決済サービスは 利用と支払いを管理できる点がプラス ※メルペイ調べ 2021年10月11日「消費と支払手段に関する調査」(https://jp.merpay.com/news/2021/10/202109bnplsurvey/)

  27. 27    具体的な利用者事例 30代・女性 20代・女性 主に後払い決済サービス コンタクトや洋服、食材など まとまった金額の買い物が多い ◎利用が視覚的に把握しやすい ◎自分で支払う金額やタイミングを

     細かく管理できる 「メルペイスマート払い」に一元化 リアル店舗ではiDで非接触決済、 ECではバーチャルカードを利用 ◎自分の中の予算を超えたら  不要品を売って調整ができる ◎売買履歴が1つのアプリですべて確認できる 普段の支払い手段 利用シーン 利用理由
  28. 28    • 2021年8月より、「メルカリ」における利用実績等を元に金利・利用限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し込みと利 用が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を開始 • 「メルカリ」のポイントや売上金で返すことができ、「メルカリ」アプリ上で月々の返済日・返済額等の返済プランをいつ でも変更でき、"適切な与信”だけでなく"返しやすさ”まで配慮したサービス 「メルカリ」の利用実績等で金利・利用限度額が決まる    少額融資サービス「メルペイスマートマネー」

    ※利用限度額は20万円。金利・利用限度額は 「メルカリ」における利用実績等により所定 の審査を行い決定。20歳未満、70歳超のお 客さまは利用不可。
  29. 29    「メルカリ」の利用実績等で変動する金利・利用限度額 「メルカリ」の利用実績等を元に、利用限度額は1,000円から最大20万円まで、金利は年率3.0%〜15.0%で変動

  30. 30    安心安全を実現するメルペイ与信サービスの重点ポイント 「メルカリ」の利用実績等 を元にした与信 柔軟な支払い方法 利用状況の可視化 「メルカリ」の売上金 これらに加えて、社内の専門チームでの日常的な品質向上の取り組み サービスの提供・運用に対する社外の専門家からの意見の取り入れ

  31. 31    メルペイ 3つの注力領域 決済 iD コード 端末にかざすだけ コードを読み取るだけ バーチャル

    カード カード番号を設定するだけ (1)2021年8月3日提供開始 •「iD決済」と「コード決済」に加え、 「バーチャルカード」の利用も可能 与信 翌月払い 定額払い 「日常のお買い物」で 翌月にまとめてお支払い 「ちょっと背伸びしたお買い物」 で清算金額を決めて 月々にわけてお支払い 必要な時に借りて、柔軟に返済 「メルカリ」の利用状況に応じて金利が変動 メルペイスマートマネー (1) •「メルペイスマート払い」にて、使った分  を翌月にまとめて清算する「一括払い」と  月々にわけて支払う「定額払い」を提供  少額融資サービス「メルペイスマートマ  ネー」を提供 •メルペイ残高を利用して資産運用が  できるサービス  今後、メルコインと連携し売上金で暗号資  産を購入できるサービスを提供予定 ふえるお財布 資産運用
  32. 32    貸付投資サービス「Funds」でメルペイ残高が利用で きる取り組みを開始。2020年11月に第一弾、2021年 1月に第二弾、2021年8月に第三弾を公開し、いずれ も1分以内に募集金額に到達。 「メルカリ」で不要品を売って得た売上金をFundsで の資産運用に利用できることで、「メルカリ」「メル ペイ」の利用の体験が拡大。 Fundsでの「メルカリ

    サステナビリティファンド」
  33. 33

  34. 34    安心安全に関する取り組み 万が一の際の 補償・サポート 24h/365日の モニタリング 登録・利用時の 認証、本人確認 お客さまに安心安全にご利用いただくため、不正利用対策を実施。

  35. 35    AI/目視 メルペイでの 本人確認(eKYC) 「身分証」 +「 セルフィー」 で本人確認 マイナンバーカード

    (JPKI)でのKYC 補償制度 メルカリの登録 金融機関との接続 アカウント作成から口座接続・利用における不正利用対策 ①2段階認証 (SMS) ②金融機関口座名義 との本人確認 ③銀行チャージ・利用時 の不正監視 ④万が一の 全額補償対応 金融機関→メルペイの資金移動 メルカリ・メルペイでの利用 安心安全な利用環境の整備を最優先事項とし、メルペイの利用における本人確認と不正利用対策に加え、本人確認(eKYC)を強 化。メルペイ利用者における本人確認(eKYC)済み比率が大幅に向上し、2020年11月以降、一時停止していた金融機関のうち、 ゆうちょ銀行、群馬銀行、栃木銀行、長野銀行の新規接続・チャージ利用を業界で初めて再開。 安心安全に関する取り組み
  36. 36    2021年3月より、マイナンバーカードの公的個人認証サービス(JPKI)を利用した本人確認の対応を開始。スマホ決済サービス事 業者における、マイナンバーカードの公的個人認証サービス(JPKI)を利用した本人確認導入は「メルペイ」が初。eKYCの強化と 併せ、本人確認を促進することで、本人確認済のアカウント数は2022年9月末時点で1,216万人に。 本人確認済み比率 87.2% 1,216万人 安心安全に関する取り組み

  37. 37    メルカリグループで構築する「循環型金融」 「メルカリ」における「モノ」の循環に「メルペイ」における「お金」と「信用」の循環が加わることで、「モノ」「お金」 「信用」が循環し、より自由度と柔軟性の高い「循環型金融」を拡大。メルカリならではの価値ある体験を届ける。

  38. 38    <Appendix>メルペイサービス開始以降の機能・サービス拡充 2019.2-3 iD決済 QRコード決済 コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグ ストア、ファーストフード店をはじめ、全国約 264万か所の「iD」「メルペイ」加盟店で利用 が可能に

    ※2022年3月末現在(iD/QR重複除く) 2020.7 メルペイスマート払い 「メルカリ」「メルペイ」における過去の利 用実績等を元に商品購入代金をチャージレス で後から支払うことができる「メルペイス マート払い」に対応 ネット決済 オフラインだけでなく、オンラインでもメ ルペイでの支払いが可能に 2020.9 おくる・もらう 家族や友人にメルペイ残高・ ポイントを送ることが可能に 非接触型サービス 2019.4-5 ふえるお財布 貸付投資サービス「Funds」 でのメルペイ残高決済が可能に 2020.11 2021.3 「d払い」「メルペイ」 の共通QRコード 「d払い」と「メルペイ」が1つのQRコー ドで利用可能に バーチャルカード 簡単にカード番号を発行でき、多くのECサイトで のメルペイの利用が可能に マイナンバーカード (JPKI)での本人確認 マイナンバーカードの公的個人認証サービス (JPKI)を利用した本人確認の対応を開始 メルペイスマート払い (定額払い) 利用分を翌月以降分割して支払うことが できる「定額払い」に対応 メルカリ寄付 売上金等からチャージされたメルペイ残高 を、希望する自治体等団体に寄付すること が可能に メルペイスマートマネー 2021.8 「メルカリ」の利用実績等を元に金利 ・利用限度額が決まり、「メルカリ」 アプリで申し込みと利用が完結する少 額融資サービスを開始
  39. 39    沿革:メルペイ 株式会社メルペイ設立 非接触決済サービス「iD」に対応 コード決済に対応・クーポン機能をリリース メルペイ「電子マネー」の登録者が100万人を突破 「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」機能をリリース 「ネット決済」機能をリリース メルペイ「電子マネー」の登録者が200万人を突破 

    メルペイ利用者数400万人突破 メルペイ利用者数500万人突破 信金中央金庫との業務提携を締結・メルペイ利用者数600万人突破 Origamiのメルカリグループ参画・メルカリ・メルペイ・NTTドコモが業務提携に合意 メルペイ利用者数700万人突破 「定額払い」「おくる・もらう」機能リリース d払い・メルペイ共通QRコード提供開始 メルペイ利用者数800万人突破 2017/11 2019/2 2019/3 2019/4 2019/5 2019/6 2019/9 2019/10 2020/1 2020/2 2020/6 2020/7 2020/9 2020/10
  40. 40    ふえるお財布第一弾「Funds」での利用が可能に 不正利用以降、業界で最初に金融機関との接続を再開(1月にはゆうちょ銀行とも接続を再開) メルペイ利用者数850万人突破 ECサイトでメルペイスマート払いが利用できる「バーチャルカード」機能の提供を開始 業界初、マイナンバーカードICChipKYCに対応 メルペイ利用者数980万人突破 メルペイ利用者数1,000万人突破 少額融資サービス「メルペイスマートマネー」提供開始

    2020/11 2020/12 2021/3 2021/4 2021/8 沿革:メルペイ