Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

特別対応をするのか_仕様を守るのか.pdf

20fdd73c3ebd7667e7460843b57f5aee?s=47 Enjie
December 06, 2019

 特別対応をするのか_仕様を守るのか.pdf

20fdd73c3ebd7667e7460843b57f5aee?s=128

Enjie

December 06, 2019
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. 特別対応をするのか、仕様を守るのか Wataru Miuchi CRECON Research & Consulting Inc.

  2. 自己紹介 名前: 三内 亘(ミウチ ワタル) 所属: クレコンリサーチ&コンサルティング株式会社 職種: エンジニア フロントエンド、サーバーサイド、製品に限りデザインも

    好き: Serverless Amazon API Gateway / AWS Lambda / Amazon Cognito / Amazon S3 -> Web application
  3. 会社について 主に医療用医薬品に関する販売・流通・販促を中心とした データを提供している会社です。 製薬企業を対象に、データ提供の他、コンサルティングや、 ソリューションの提供も行っています。

  4. ソリューションの提供 営業支援ツール BI(Business Intelligence) SaaS型Webアプリケーション

  5. 前提 • 開発 • フロントエンド • サーバーサイド • UI/UX •

    製品説明 • マニュアル • 営業同行 • 運用 3年間、1人で担当
  6. 関係図 Client Client Client Client Client 直接要望を受ける

  7. 顧客からの要望を分類しました 1. 確実に製品の標準機能となる要望を受けた場合 • もちろん受ける 2. その顧客限定の機能要望を受けた場合 • お見積り、スケジュールや余力と相談 •

    製品コンセプトから脱線していないこと 3. 製品の標準機能であってもいいが全社は使わない要望を受けた ここ!
  8. 製品の標準機能であってもいいが全社は使わない要望 • 限定した企業しか使わないのに標準機能は避けたい • 機能の周知やマニュアルの修正が負担になる • 機能が増えること=顧客が喜ぶではない • とはいえ、要望を受けた企業のみが使えるよう対応するのはもっと避けたい •

    仕様が複雑化し、後々の混乱を招く • 「できる」か「できない」かだと、「できる」 結果、特別対応を行ってしまい複雑なことに…
  9. 個人的結論 • 製品の仕様は心を鬼にして守るべき • それでも特別対応になる場合はある • 時間が解決 のちのち良いアイデアが浮かんで標準機能として対応できる エンジニアは製品の仕様を守る最後の砦

  10. ご清聴ありがとうございました Wataru Miuchi CRECON Research & Consulting Inc.