操作履歴/時点指定アクセスの実現 - BiTemporal Data Model の実践 / Implementing command history and temporal access

F20a0e7a1b655d2d0284503f8201467d?s=47 f440
March 23, 2019

操作履歴/時点指定アクセスの実現 - BiTemporal Data Model の実践 / Implementing command history and temporal access

この資料で説明している ActiveRecord::BiTemporal は https://github.com/kufu/activerecord-bitemporal よりアクセスできます。

以下、セッション説明:

データはWebアプリケーションの中心であり、最も重要なものです。私の勤めるSmartHRでも、人事情報を軸とするWebサービスを展開する事業者として最大限の注意を払って運用を行っています。

データは活動によって刻々と変わっていくものですが、通常のWebアプリケーションでは最新の情報しか表現できていません。そのため、いつ・どのような変更を加えたのかを知りたい、あるいはある時点の情報にアクセスしたいといった要望には応えることができませんでした。SmartHRでは入退社や被扶養者の追加など多様なライフイベントに応じてデータの変更が発生するため、その変遷も表現したいというニーズがかねてよりありました。

この問題を解決するために、私達はBiTemporal Data Modelというデータ構造を導入しています。これにより、時間を指定したアクセスや変更の変遷なども表現できるようになりました。

本セッションではBiTemporal Data Modelとはなにかといった基本的なことから、実戦投入してみて気づいた点、苦労話などを話します。

F20a0e7a1b655d2d0284503f8201467d?s=128

f440

March 23, 2019
Tweet