Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

はてな教科書JavaScript編

 はてな教科書JavaScript編

Kyoto.js 11で発表した資料です

14084b6462b19a8512ce5208a76f8925?s=128

fand/amagitakayosi

October 22, 2016
Tweet

Transcript

  1. id:amagitakayosi はてな教科書

  2. id:amagitakayosi はてなブログチー ム Kyoto.js 主催

  3. はてな教科書

  4. はてな教科書 はてなインター ンで利用されている 内容 Perl, Scala, JS, Swift MySQL 基礎

    WAF
  5. JavaScript 講師やりました 教科書のリニュー アルしました

  6. はてなインター ン 一ヶ月で講義から本番機能リリー スまで 前半: 講義と実習 後半: チー ムに配属されて開発

  7. 前半の時間割 講義: 2 時間 実習: 5 時間

  8. つまり 2 時間 で 「 サー ビス開発できる最低限のJS」 を 教えないといけない

  9. とはいえ 古いJS のバッドノウハウとか教えたくない ES2016 対応したい とか書いてほしくない

  10. 社内プロジェクトの様子 最近のプロジェクトは TypeScript or Babel どのチー ムも gulp とか使ってる Angular,

    React, Vue → 配属後、 ES5 で頑張る必要はない
  11. 要件 チー ムに配属されても仕事できる JavaScript 未経験でも OK ES2015 対応 Node.js &

    npm 対応 フレー ムワー クにもちょっと触れる
  12. できました 講義前日まで加筆してた

  13. やったこと 従来の教科書をブラッシュアップ 章ごとに分割 GitBook で表示できるように

  14. ブラッシュアップ 2008 年から少しずつ進化 古びた情報ある 不正確な情報ある 2000 行のmarkdown ファイル1 枚

  15. ES2016 に準拠 今年は2016 年なので Symbol 型が増えたり Template Literal が増えたり

  16. ガンガンいこうぜ

  17. MV* フレー ムワー クについて 社内で使われてる奴を紹介 jQuery でペー ジ作る時の方針も 困ったら参照できるように

  18. Node.js, npm に言及 インストー ルから まで 講義では使わないが、 後半で使うかも

  19. 気をつけたところ 「~ かも」 はなるべく使わない 仕様について書くときは出典をあたる 資料作ってたはずが、 仕様読んでたら一日 終わった

  20. GitBook を採用 Markdown でオンライン書籍つくれるサー ビス azu_re さんの資料 gitbook.com で配信までしてくれる

  21. Markdown で書かれてるようす

  22. GitHub Pages で公開 ドメインがかっこいい GitBook.com に登録不要 修正の度にビルド & push が必要

  23. 公開

  24. Pullreq きてる様子

  25. 振り返り 概ね好評 モダンな内容を盛り込めた Promise の扱い等、 教えきれない 質問の半分が Promise

  26. 今後の運用 CI 導入したい サンプルコー ドがちゃんと動くかテスト ビルド自動化 textlint

  27. 今後の講義 もっと実践的な内容に寄せる? 講義時間を増やす???? フロントエンドコー ス欲しい( 放言)

  28. 完 株式会社はてなでは 若者の育成や社外への情報共有に オー プンなエンジニアを 募集しています!!!!