エンタープライズブロックチェーンでのエンジニアへのニーズのあれこれ

4b09160b087e45103b210ef95079cee4?s=47 gakumura
August 05, 2020

 エンタープライズブロックチェーンでのエンジニアへのニーズのあれこれ

2020/8/5
Blockchain GIG番外編 エンジニアのためのエンタープライズブロックチェーン超入門#3
エンタープライズブロックチェーンでのエンジニアへのニーズのあれこれ
で喋った資料
エンタープライズブロックチェーン領域のユースケース、市場拡大の展望と、そこエンジニアに求められることになるであろうスキルについて解説

4b09160b087e45103b210ef95079cee4?s=128

gakumura

August 05, 2020
Tweet

Transcript

  1. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

    | 1 Blockchain GIG番外編 エンジニアのための エンタープライズブロックチェーン超入門 エンタープライズブロックチェーンでの エンジニアへのニーズのあれこれ 2020/8/5 日本オラクル株式会社 テクノロジー事業戦略統括 中村 岳 Gaku.Nakamura@oracle.com
  2. 中村 岳 Twitter@gakumura はてなブログ@gakumura …主にHyperledger Fabric関連 • 現職:ソリューションエンジニア@日本オラクル • 担当:Oracle

    Blockchain Platform、Blockchain Table • 前職:金融決済系SIerでパッケージ開発 • 好きなOS:AIX • 最近おすすめのマンガ:チェンソーマン 2 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  3. このセッションでは… イベントでQA募集すると頻繁にいただく質問: • 「ブロックチェーンエンジニア」の需要 関連 • ~~への需要は増えていくのでしょうか? • 「ブロックチェーンエンジニア」に求められるスキル 関連

    • ~~になるにはどのようなスキルが必要とされますか? • どう勉強したらいいでしょうか? について、「エンタープライズ領域での」にスコープを限定して考えてみます。 3 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  4. エンタープライズ領域での 「ブロックチェーンエンジニア」の需要 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 4

  5. エンタープライズでのブロックチェーンの適用領域例 有力な適用領域も固まりつつある 6 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

    公共 • 投票システム • 土地や資格の管理 • 行政記録管理、市民サービス 自動車 • サプライチェーン効率化 • 偽装品対策、原産地証明 • 所有権証明 通信 • ローミング決済 • メディア、ゲーム • セキュリティと不正対策 小売 • トレーサビリティーとリコール対応 • 製品認証、ブランド証明 • ワランティ管理 教育/研究機関 • 学歴履歴 • デジタル著作権管理 • 教育コンテンツマーケットプレイス メディア/エンターテイメント • ロイヤリティポイント • C2C/P2P コンテンツ共有 • デジタル著作権管理 ハイテク/製造 • サプライチェーン効率化 • トレーサビリティー、 偽装対策 • IP、著作権管理 ヘルスケア • 医薬品のトレーサビリティー • 医療費管理 • 資格管理 金融 • 国際間決済、送金 • 認証管理、KYC • 取引管理 企業間データ共有/ ワークフロー基盤 • 契約、請求支払、会計、リコンサイル • 在庫、受発注、取引
  6. エンプラブロックチェーンの未来は…? 7 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates メインストリーム

    ニッチ experimental 幅広い業界、業種での多様なユースケース 企業の規模、技術レベルを問わず活用 一定程度限定された領域ではあるものの 少数の確立したユースケースが定着 ごく限定された(また、実験的な) ユースケースにごく一部の企業が使用
  7. エンプラブロックチェーンの市場規模とエンジニアへの需要 8 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 市場規模

    エンジニア 需要 大 多 少 小 メインストリーム ニッチ experimental
  8. グローバル/国内のサーベイ、レポートからの数字 9 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 56

    % *1 *1)Deloitte’s 2020 global blockchain survey 2020/6 https://www2.deloitte.com/us/en/insights/topics/understanding-blockchain-potential/global-blockchain-survey.html *2)ミック経済研究所、2020/1/6 https://mic-r.co.jp/mr/01795/ 39 % *1 179 % *2 ・ブロックチェーンは自社に とって極めて優先度が高く、戦 略上の優先事項のトップ5に入る (2018年比 13%増、 2019年比3%増、Global) ・ブロックチェーンの利用を既に 始めている(already brought blockchain into production) (2019年比 16%増、Global) ・2018年度→2019年度の、日本 国内の市場の伸び(見込み)。 ・2024年までにCAGRは66.4%。
  9. 「ブロックチェーンエンジニア」への需要の観測:海外 • 海外では2018~2019年にかけて、”「ブロックチェーンエンジニア」への需要が急激に増大”し、 ”AIエンジニア/データサイエンティストを抑えてソフトウェア開発エンジニアのロールで最も高報酬 な領域に”といった状況であるといった記事が出てきていた • Salaries for blockchain engineers

    are skyrocketing, now on par with AI experts / CNBC https://www.cnbc.com/2018/10/21/how-much-do-blockchain-engineers-make.html • Blockchain engineering demand grows 517% / Ledger Insights https://www.ledgerinsights.com/blockchain-engineering-demand-grows/ • 最近の記事では需要の伸びは一段落したものの、必要とされているハードスキル部門ではクラウドや データサイエンス、UXなどを抑えてブロックチェーンが1位になっていたりと依然高位置をキープ • The Skills Companies Need Most in 2020—And How to Learn Them / Linkedin https://learning.linkedin.com/blog/top-skills/the-skills-companies-need-most-in-2020and-how-to-learn-them • 国内IT市場は海外のトレンドを1~2年遅れでフォローする、という傾向がある(らしい?) • ということはそろそろ国内でも需要が急激に増大するのかも? 10 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  10. 国内エンプラブロックチェーンエンジニアの需要と供給(※個人の感想) • 「ブロックチェーンエンジニア」の数は現状、 たとえエンタープライズブロックチェーンの応 用がニッチに留まったとしても足りないくらい • (潜在的なものも含めた)エンタープライズブ ロックチェーンの案件のうち、技術者、有識者 の不足が足かせになって進んでいないものもあ るのでは

    • 「採用に苦労している」という話をしばし ば聞く • 今から学習を始めればアーリーアダプターとし て良い角度で市場に入れるかも? 11 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 需要 供給 多 少 メインストリーム ニッチ experimental このへん? このへん? ギャップ!
  11. エンタープライズ領域での 「ブロックチェーンエンジニア」に求められるスキル Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 12

  12. そもそも「ブロックチェーンエンジニア」とは? • ブロックチェーン技術を作っているエンジニア • ブロックチェーンのプロトコルそのもの • 周辺ツールや開発補助のライブラリなど • セカンドレイヤー、インターオペラビリティフレームワーク、オラクルなど •

    ブロックチェーン技術を使って何か作っているエンジニア • スマートコントラクト書いたりアプリケーション開発したり • ブロックチェーンノードやネットワークを構築、保守、運用したり ここではひとまず前者はさておいて、後者にフォーカスして考えていく 13 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  13. ネットワーク参加の制限有無によるブロックチェーンの分類 15 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates •

    誰でもネットワークに参加しノードを持てる (公開制、オープン、匿名性) • 経済的インセンティブによって不正を抑止する 比較的低速なトランザクション処理 パーミッションレス a.k.a. パブリック • 招待されたメンバーのみが参加しノードを保持 (許可制、クローズド、顕名) • 許可制でメンバーが信頼できることに依拠した 高速なトランザクション処理 パーミッションド a.k.a. プライベート
  14. 16 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ブロックチェーンの利用形態(ネットワーク)の分類 パブリック

    公開制のネットワークを 不特定多数で運用 コンソーシアム 許可制のネットワークを 複数組織で運用 プライベート 許可制のネットワークを 単一組織で運用 パーミッションレス← →パーミッションド
  15. エンタープライズブロックチェーン=コンソーシアム型ネットワーク? • 必ずしも「エンタープライズ=コンソーシアム型」ではないが、 現時点の実態としてはエンタープライズ領域でのユースケースの大 半~ほとんどがコンソーシアム型ネットワークを利用 • BitCoin、Ethereumなどパブリック型のネットワークの利用は、エ ンタープライズ領域のユースケースでは(皆無ではないが)少ない • 複数組織ではなく単一組織でデータを保持するプライベート型の利

    用形態については、ブロックチェーンではなく、それにインスパイ アされた技術を用いることが多くなっている 17 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  16. コンソーシアム型ブロックチェーンネットワークの概観 18 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ノード

    台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション
  17. 開発要素:スマートコントラクトとアプリケーション • アプリケーションはSDKやAPIを通して、スマートコントラクトを呼び出 したり、ブロックチェーンノードの提供する各種機能を利用する • UI(Web、モバイル)があったり • (ブロックチェーン以外に)データベースを抱えていたり • 他システム(ERP、SCMなどの基幹システム)と連携したり

    • ブロックチェーン基盤によってはユーザーごとの秘密鍵を保持したり (ウォレット) • スマートコントラクトは台帳の読み書きのロジック • スマートコントラクトは必ずしも「契約」を表すものではない • データベースで言うストアド・プロシージャのようなものとよく説明 される 19 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates アプリケーション ブロックチェーン SDK/ライブラリ ノード 台帳 スマート コントラクト
  18. エンタープライズ領域での ブロックチェーン利用システムのあり方の典型 20 Copyright © 2019 Oracle and/or its affiliates

    他システム (基幹システム等) アプリケーション 台帳外の データストア ブロックチェーン SDK/ライブラリ 台帳 スマート コントラクト 既存データベース ノード 台帳 スマート コントラクト アプリケーション インテグレーション データ インテグレーション
  19. スマートコントラクトとアプリケーションの開発に必要なスキル • 前提として、多くの場合、開発規模は スマートコントラクト <<< アプリケーション • 一般的なアプリケーション開発、運用/保守のスキルは大いに活用できる • フロントエンド、バックエンド、インフラ、インテグレーション、etc.

    • +ブロックチェーンの特性についての理解 • ++ブロックチェーン基盤ごとの具体的なSDK/ライブラリなどの知識 • スマートコントラクト部分の複雑さはもちろん要件次第だが、必須となる 前提知識の量は基盤次第の面もある • 例:Ethereum系ではコントラクト専用独自言語を習得し、主要なコン トラクトフレームワークの理解も重要 ⇔CordaやFabricではJavaやGoなど一般的な言語でコントラクトを記述 でき、多くの場合それほど複雑にもならない 21 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates アプリケーション ブロックチェーン SDK/ライブラリ ノード 台帳 スマート コントラクト
  20. 「ふつう」のシステムでは… 22 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates なんらかのフレームワーク

    なんらかのミドルウェア アプリケーション なんらかのインフラ なんらかの データストア 他企業 消費者 I / F ( A P I や U I ) 社内スタッフ 単一の企業の責任でのコントロールの範囲 社内他システム
  21. エンタープライズブロックチェーンでは合意・協働が重要 23 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ノード

    台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション 合意・協働が必要な部分
  22. エンタープライズブロックチェーンでは合意・協働が重要 24 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates ノード

    台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション ノード 台帳 スマート コントラクト アプリ ケーション 合意・協働が必要な部分 • 台帳に持たせるデータの項目、形式やスマートコントラクトなどの仕様を決め ていくのは、一種の標準策定のような作業になる • 保守、運用についてもが必要各種規約の整備や、障害時に協力して対応するた めの手順などの準備 必要になるのは… • 複数企業間で仕様や規約、手順などを協議しながらまとめていく能力 • ヒアリング、プロジェクトマネジメント、利害調整などのソフトスキル • 自社だけの範囲に留まらない幅広い業務知識
  23. ブロックチェーン基盤個別の知識はどの程度必要か? • 基盤それぞれについてどの程度知識を持っておくべきかは、案件 にどのようなロールで参画するかによる • ブロックチェーンインフラの保守運用、アプリケーションバックエン ド開発などを担当するには、深い知識が重要 • 基盤選定を担当するには複数を広範にカバーしている必要(ユース ケースの得意不得意とその理由くらいまでは把握したい)

    • 業務分析、改善寄りの担当はそこまで深入りする必要はないと思うが (分業も大事) 、苦手な処理などの独特な特性は抑えておきたい • いずれのロールにせよ、アプリケーションまでを含めた当該ブ ロックチェーン利用システムのアーキテクチャ、およびブロック チェーンネットワークがどのようなものになるかくらいは最低限 概要レベルでイメージを掴んでおけると円滑 25 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Quorum Hyperledger Fabric Corda Hyperledger Besu etc.
  24. ブロックチェーン基盤個別の知識はどのように勉強をすすめるべきか? • 机上での学習 • 公式ドキュメントが充実しているものもあればそうでもない (簡潔な記述に留まる)ものもある • ブログ、勉強会資料など非公式の情報は代表的な基盤であれば ある程度の量がある -

    ただし日本語のものがあるかはまた別の話… • 書籍があるなら利用するとベター - ただし技術の発展が早いので内容が古くなっていることも… • 実機での学習 • ノード、ネットワーク構築が簡単なものとそうでないものが - やってみたブログとのバージョン差異でいちいちハマりがち - BaaSやクラウドテンプレートがあるならかなり楽に • 環境構築が安定してから目的に応じてインフラ管理やスマート コントラクト開発の学習を深堀りしていく 26 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Quorum Hyperledger Fabric Corda Hyperledger Besu etc.
  25. まとめ • エンタープライズ領域でのブロックチェーン活用は拡大傾向 • 活用の本格化につれ、ブロックチェーンに関するスキルや知識(一般的な特性や各基盤に 固有の知識やノウハウ)だけではなく、様々な分野のスキル、知識が必要とされるように なっていく • 多様なバックグラウンドを持ったエンジニアの参画が求められる(はず) •

    技術者、有識者不足がポテンシャルの足かせにならないようにがんばっていきましょう • 引き続き勉強会などでの情報発信をやっていきます • みなさんも是非エンタープライズブロックチェーンにトライし、貢献してください! 27 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
  26. Thank you 28 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

  27. 29 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates