Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Wantedly のバックエンドの将来に向けた取り組みと課題 - Wantedly Tech Night 2024/5

Wantedly のバックエンドの将来に向けた取り組みと課題 - Wantedly Tech Night 2024/5

gedorinku

May 24, 2024
Tweet

More Decks by gedorinku

Other Decks in Programming

Transcript

  1. © 2024 Wantedly, Inc. © 2024 Wantedly, Inc. Ryota Egusa

    @gedorinku Quality Control Squad https://www.wantedly.com/companies/ wantedly/post_articles/459966
  2. © 2024 Wantedly, Inc. GraphQL Gateway • 個別の App とは疎結合な

    API を提供する ◦ 一度 API を作れば App 側の変更だけでできることが増える • GraphQL リクエストを受け、各マイクロサービスへ gRPC リ クエスト ◦ その結果を集約して返す
  3. © 2024 Wantedly, Inc. GraphQL Gateway の型生成 Protobuf message JobPost

    { uint64 id = 1; string title = 2; } type JobPost { id: String! title: String! } GraphQL
  4. © 2024 Wantedly, Inc. 今後の課題 • リアーキテクチャのコスト ◦ アプリケーションの移行は比較的にスムーズ ◦

    ログの互換性の維持が高コスト • GraphQL Gateway の扱いにくさ ◦ Protobuf から GraphQL への型変換の制御が難しい
  5. © 2024 Wantedly, Inc. ログの継続性 • プロダクト指標の計算にも使われる • ログの互換性が失われるとこの指標の追跡ができない ◦

    例: Rails が HTML を返すアーキテクチャ→Next.js ▪ 「ユーザーがページを開いた」ログのタイミングが変わ る