Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

GLOBIS Digital Platform QAチーム紹介資料 / GDP QA Team is hiring

GLOBIS Digital Platform QAチーム紹介資料 / GDP QA Team is hiring

株式会社グロービスのEd-Tech部門 GLOBIS Digital Platform のQAチームの紹介資料です。仲間を大募集中です。

◆グロービス・デジタル・プラットフォーム(GDP)部門について
2016年にEd-Tech領域に注力すべくグロービス・デジタル・プラットフォーム部門(GDP)を設立し、現在200名を超える規模(うちエンジニアを含むテクノロジー人材は100名程度)で、国内事業のみならず海外展開も積極的に推進しています。GDPでは、「日本発、世界をリードするEd-Techカンパニーになる」をビジョンに掲げ、「学びの未来をつくり出し、人の可能性を広げていく」学習サービスを展開しています。

◆GDPが展開中のサービスについて
良質なビジネス動画が学び放題のサブスクリプション型サービス「GLOBIS 学び放題」や、世界初のAIを活用したコンテンツ&ディスカッション融合型MBA単位プログラムサービスの「ナノ単科」、法人向けの学習管理を目的としたSaaSプロダクト「GLOPLA LMS」、ビジネスパーソンの可能性を広げるためのプロダクトを複数展開しています。

◆グロービスについて
グロービスは、経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行うことをミッションに1992年に設立されました。以来、ビジネスリーダー育成を目的とした経営大学院・スクール事業、法人向け研修事業やオンライン学習サービス、出版やベンチャーキャピタル事業等、多岐にわたる事業を通して、多くのビジネスパーソンの皆様をご支援してきました。国内での事業に留まらず、アメリカ、EU、アジアなど海外にも進出しています。

GLOBIS Digital Platform

January 10, 2023
Tweet

More Decks by GLOBIS Digital Platform

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社グロービス 2023年1月25日 エンジニア向け QAチームの紹介資料

  2. 1 デジタルプラットフォーム部門の紹介 2 QAチームの紹介 3 組織文化・働き方 4 選考フロー

  3. 2 GLOBIS Vision 会社概要 「創造に挑み、変革を導く」 グロービスは、経営に関する 「ヒト」・「カネ」・「チエ」の生態系を創り 社会の創造と変革を行う会社です 2022年で30周年を迎えました

  4. 3 グロービスの組織体制 デジタルプラットフォーム部門の紹介 Vision 日本発、世界をリードする Ed-Tech カンパニーになる To become a

    leading global Ed-tech company, born in Japan. Mission 学びの未来を作りだし、 人の可能性を広げていく To expand people’s horizons by creating the future of education. 株式会社グロービス 学校法人グロービス経営大学院 法人事業部門 ファカルティ・グループ・オフィス デジタルプラットフォーム部門 代表室 経営管理本部 株式会社茨城ロボッツ・ スポーツエンターテインメント 株式会社グロービス・キャピタル・ パートナーズ 一般財団法人KIBOW 一般社団法人G1
  5. 4 サービス紹介 2016年の発足より育成ノウハウやコンテンツのデジタルサービス化を推進し、 グロービス事業の中核を担うまで成長しています デジタルプラットフォーム部門の紹介 個 人 法 人 個

    人 法 人 論理的思考力、戦略・マーケティング、会計・財務、組織・リーダーシップなど、 ビジネスパーソンに必須の知識を、スマホやPCを通じて動画で学ぶことが可能 安価で良質なオンラインサービスで幅広い顧客に展開、累計20万人以上が利用 「GLOBIS 学び放題」の英語版、全世界照準でグローバル展開 ビジネススクールで使われている活きた英語で、ビジネスナレッジをマイクロラーニ ング形式で提供 法 人 企業に 属する全ての人 材の学びを 支援するS aaS 型L MS グロービスのコンテンツや 研修を提供するツールで 培ってきた知 見をプロダク ト化 2021年 5月リリース 個 人 インプッ トした知識が アウ トプッ トに つながる 感覚を 掴めるライ トなプログラ ム ライ ブ授業・動画 授業・ 記述式学 習・ 振り 返り・グループ ワークなどの学 習方法を 組 み合わ せた6 週間の カリ キュラ ム
  6. 5 プロダクト経済圏 デジタルプラットフォーム部門は、GLOBISのコアコンピタンスをベースに社会人や企業の学びを支援する活動を世界に拡げ、 データ還流による持続可能な社会の実現に取り組んでいます デジタルプラットフォーム部門の紹介 Company Global Data Unlimited 学び放題

    ナノ単科 MBA GAiMERi eMBA2.0 GMAP データ分析 Faculty Core competence GLMS GLOPLA WorkingAdult Japan Company Customer System Application Business 提供 約6,000社 190万人 会員数 21万ID以上 キャンパス 国内7 海外4 卒業生 7,503名 年間 1,15 8名 入学 国内 シェア 1 /3以上
  7. 6 開発環境 サービス特性に合ったモダンな技術を選択し、 開発チームの状況やサービスの成長フェーズに応じてアップデートしています デジタルプラットフォーム部門の紹介 React Next.js GraphQL Apollo k8s

    AWS GCP Ruby Python TypeScript Swift Kotlin Flutter Docker Figma Looker Studio Amplitude Tableau Jira Zenhub Storybook Jest ESLint Prettier RSpec RuboCop Codecov Autify Auth0 Circle CI Mackerel Datadog Sentry stripe Slack Zoom Gather oVice Notion Miro ツ ー ル 開 発
  8. 7 職種・年齢・国籍構成 デジタルプラットフォーム部門の紹介 エンジニア 38.3% コンテンツ開発 11% カスタマーサクセス 8% 事業開発

    8% その他(マーケティング・HR) 15% デザイナー 5.7% PO(PM) 5.1% データ人材 4.6% エンジニアリング マネージャー 3.4% スクラムマスター 1.1% プロダクト開発に関わるテクノロジー職は 部門全体のおよそ60%を占め、 正社員と外部パートナーの割合が2対1の組織 職 種 構 成 部門合計 212名 平均年齢 34.4歳 20代 19.2% 40代〜 15.4% 30代前半 34.6% 30代後半 30.8% 新卒採用 をしていないた め20代 が少なく 、 複数 の現場 を経てjoinしてい る中堅メンバ ーが 多く ダイバ ーシ ティ に富んだ 組織 年 齢 構 成 Japanese 190名 International 22名 外 国比 率 10.4 % ア メリカ、イギリス、中国、台湾、フィリピン 、ブラ ジル 、 南アフリカ共和国、シリア 、インド 、リ トアニア Vision の実現 に向けて 11カ国の メンバ ーで構成される インタ ーナショ ナルな 組織 国 籍 構 成 ※ 2022年 9 月 時 点
  9. 8 メンバーの主な経歴 新卒採用を行っておらず、中途採用のみで「異質の効用」を追求しているため、 多彩なバックグラウンドのメンバーが活躍しています デジタルプラットフォーム部門の紹介 スタートアップ CAMPFIRE、メルカリ、Speee、デジタルガレージ、ラクスル、うるる、SKIYAKI、 リブセンス、ウィルド、ウィルゲート、マイクロウェーブ、Vitalize、 爆発研究所、東日本技術研究所、ポケラボ、ジラフ、スタートアップラボ、Bridge、 FiNC、DogHuggy、LiveArts、LIG、Viibar、プロテック、アクアリング、ユニファ、

    Co-LABO MAKER、ARROWS、アトラエ、bitFlyer 大手IT TIS、リクルートテクノロジーズ、電通デジタル、デロイトトーマツサイバー、 インテック、住友セメントシステム開発、大都、ワークスアプリケーションズ、 アリエルネットワーク・KLab、ベリサーブ、EXGEN、ソフトバンク、ヤフー、 デジタル・インフォメーション・テクノロジー、ハイテクシステム、サイバーエージェント、 DeNA、GREE、ドワンゴ、楽天、ドリコム、セガ、JCOM、ニコンシステム 非IT 凸版印刷、東芝、日本年金機構、市役所、星乃珈琲店 エンジ ニア CTO、サーバサイドエンジニア、インフラエンジニア、フロントエンジニア、 iOSエンジニア、A ndroidエンジニア、テストエンジニア、 QAエンジニア、 データサイエンティスト、データア ナリスト、プロ ダクト オー ナー、 プロ ダクトマネージ ャー、プロジェクトマネージ ャー 、 デ ザイナー UIデ ザイ ナー、 UXデ ザイ ナー、 UXリサー チャー、グラフィックデ ザイ ナー、 プロ ダクトデ ザイ ナー、 モバイルデ ザイ ナー、Webデ ザイ ナー、Webディレクター、 アートディレクター、デ ザインマネージ ャー、 紙媒体デ ザイ ナー 非 エンジ ニア CEO、CPO、 広報、 経理、 営業、 人事、研究 員、 社長秘書、マーケティング、 リサー チャー、SE、CS、コンサルティング、 ビジネスア ナリスト、ライター、 プラン ナー、 雑誌編集者、電 気技 師、ライン 工、CATV技術 者、 介護士、 倉庫出荷係、 レストランの キッ チン、ア パレル 店員、 ギター 職人 職種 企業
  10. 1 デジタルプラットフォーム部門の紹介 2 QAチームの紹介 3 組織文化・働き方 4 選考フロー

  11. 10 QAチームのビジョンの全体像 QAチームの紹介 QAチームのビジョンは、 4つの要素で構成されています コアバリュー・パーパース・ミッション・ ストラテジーの4要素です コアバリュー 大事にしている価値観 QAチームの存在意義

    達成するための目標 ミッションを実現するための手段 パーパス ミッション ストラテジー
  12. 11 チームコアバリュー QAチームの紹介 誠実さ 自分・約束・周囲・社会に対し誠実であること 個の成長 組織の成長のためにも、 自らが成長できる場所であること 相互信頼 仲間を大事にし、支えること

    創造性 新しい考え方や手法を、 試行錯誤しながら実現できるようにすること やり抜く力 やりたいことを、実績・結果が出るまでやり続けること 自らやるべきことを見出し、 粘り強く結果が出るまでやりきること
  13. 12 チームパーパス QAチームの紹介 私たちがサービスを提供する相手は、開発チームだけでなくプロダクト開発に関わるすべての方々です。 私たちは、欠陥を検知するテストよりもむしろ欠陥を未然に防ぐための様々な支援を重視して ビジネス価値の最大化を実現します。 これらは、利用者への価値提供のスピードと品質の最大化を両立させ、 デジタルプラットフォーム部門全体で品質を作り込むという文化を育成する上で重要なものです。 私たちが特徴的なのは、デジタルプラットフォーム部門全体の多様なプロダクト開発において 積極的に新しい取り組みに挑戦し、QAチーム内のみならずハブとなって他チームへもナレッジを共有しているところです。

    私たちがいないと、各開発チームが独自でQA活動を行うことになり、品質保証のナレッジが還流されず、 デジタルプラットフォーム部門全体が品質保証に向き合う文化を育むことができません
  14. 13 チームミッション QAチームの紹介 一人ひとりの多彩なスキル・ナレッジを互いに引き出すことで、 GLOBIS ブランドにふさわしいデジタルプロダクトの開発を支援し、 品質文化の醸成・定着に貢献する QAチームは、単なるテスト専門家集団ではありません。 部分最適を追求するテスト実施の請負よりも、むしろ、全体最適の実現を志向し、 柔軟に開発チームと伴走することで、課題を共に解決します。

    ビジネスの成長のために、限界を超えてリリース品質への到達を加速させる、 真に Agile な組織へと進化する基盤を築きます。
  15. 14 チームストラテジー プロダクトQAと横断品質戦略、チームマネジメントの三本を戦略としてQAを推進しています QAチームの紹介 プロダクトQA 横断品質戦略 QAチームビルディング 各開発チーム/プロダクト/組織体に 最適なQAアプローチを提示する GDP全体で現状の共通認識を

    作るために品質を可視化する QAチーム内の共通認識を作る、 違いを認識する アジャイルテスト プロダクト品質 横串の品質保証 品質分析 ナレッジ共有
  16. 15 ストラテジーを実現するための体制 QAチームの紹介 ストラテジーを実現するため、 各開発チームの担当QAと 横断品質戦略室で構成しています 学習サービス 横 断 品

    質 戦 略 プ ロ ダ ク ト Q A QAチーム Gbiz GLOPLA LMS プロダクト 全社横断プロジェクト (GNP)
  17. 16 ミッション実現に向けた取り組み ミッション実現に向かって、短期・中期・長期の各スコープで実行計画を決めています QAチームの紹介 ・プロセス改善 ・テスト技法の支援 ・データに基づく品質指標の確立・改善 ・POアシスト ・自動テスト導入支援 ・不具合、エラー分析会

    ・スクラムの中でのテスト
 (In-Sprint) ・スクラムから独立したテスト
 (Out-Sprint) ・E2E自動テスト ・QAチーム主催の勉強会 ・品質データの収集・可視化 テスト活動 品質改善 品質文化醸成 短 期 中 期 長 期
  18. 1 デジタルプラットフォーム部門の紹介 2 QAチームの紹介 3 組織文化・働き方 4 選考フロー

  19. 18 グロービスの組織文化 「経営に関する専門知識をもち、バイタリティーあふれ、人の心がわかり、主体的に問題解決を図れる人材」が集まり、 再生産される仕組みを作りたいと考えています 組織文化・働き方 Push the Limits GDPが大切にしたいValue 今見えている境界や、限界を広げていく

    姿勢を持ち、大胆に前に突き進んでいきます オールスタッフミーティング 年始に全社員に共有した各事業部の 目標について、四半期毎に全社員で進捗を 確認します WOL(Working Out Loud) リモート環境でパフォーマンスを上げるため、 積極的な会話やWeb会議での顔出しなど オープンコミュニケーションを推奨しています リトリート 日常 業務 から離 れ、ア イデア の創造・ 共有や発想 の 転換等 を促 すよう な環境で、議論 や思索 を行 います 毎年2-3月 に1泊2日 で実施 しています 優先順 1. 社員自 身   2 . 家 族   3 . 仕事の優 先 順 を 大事にしています プレジデ ントアワ ード 「創 造 と変 革 の部」「成 長 と牽 引 の部」 「ファ カ ル ティグ ル ープの部」の3 部門で、 グ ロ ービ スの発 展 と良 き企 業文 化 の醸 成 に 貢 献 したスタッ フやチ ーム を表 彰 しています
  20. 19 働き方・制度 「自由と自己責任原則」を堅持追求し、性悪説に則った「規則やルールによる管理主義」は 可能な限り排除したいと考えています 組織文化・働き方 フルフレックス ハイブリッドワーク 20%ルール モブプログラミング 週次の1on1

    エンジニア向けMacBook Pro貸与 自由に触れるAWS・GCP環境 初年度有給20日 副業可 育児・介護休暇 人間ドック インフルエンザ予防接種 社宅制度 茨城ロボッツ観戦ツアー GO縁ごはん(採用会食) スクール受講支援 GLOBIS学び放題受講支援 自己啓発支援制度 勉強会 読書会 1年目・3年目研修 社外現場知修得 アスペン研究所セミナー派遣 海外短期留学 海外カンファレンス派遣 働 き 方 制 度 能 力 開 発
  21. 20 テクノロジー職の人事制度 組織文化・働き方 技術専門性を高めていくか、 技術をベースにした マネジメントでのキャリアを 開発するか選択できます 職掌内には4つのタイトルがあり、職掌及び タイトル要件に沿って事業貢献、グループ貢献、 自己開発を進めることが求められます

    900 700 500 400 T1 T2 マネジメント リーダー 担当者 スペシャリスト T3 T4
  22. 21 テクノロジー職評価の参考指標 組織文化・働き方 評価は年二回実施し、 双方向のコミュニケーションを 大切にしています 「個人の業績」「能力の向上」「将来の期待」の総合的 評価と「ジョブマーケットにおける相場」を勘案し決定 しています OKR

    360度評価 MBO 自己申告 飛躍的成長を遂げるために、期中の 注力ポイントのフォーカスと公開、 週次の振り返りをチーム単位で実施 します GLOBIS Way、「事業指針(3SCH)」 「スタッフWAY(行動指針)」 「リーダーWAY」の体現度合いを、 一緒に働く仲間とともに確認します 顕在化した成 果、 発揮された能力 、 開 発された能力に ついて確認しま す 職務に 関してリーダーとの1 on1で 率直に 話し合います 雇用形態、 職掌、タイト ル、 ラン ク などに ついて 自己評価 や上長の 推薦 に 基づき申告します 四半期 四半期 通期 通期
  23. 1 デジタルプラットフォーム部門の紹介 2 QAチームの紹介 3 組織文化・働き方 4 選考フロー

  24. 23 デジタルプラットフォーム部門の選考フロー 書類選考通過後の面接は全3回オンラインで実施、スキルとカルチャーフィット、学びや育成への志向を確認しています 選考フロー 同職種のメンバー プロダクトオーナー 部門役員 部門長、人事 VPoE 一

    次 面 接 最 終 面 接 二 次 面 接 企業の学びに変革を興したいメンバーを募集しています カジュアル面談も大歓迎です! これまでのご経験やスキル、志向、働き方が 組織やプロダクトの状況とフィットするかを 中心に進めます プロダクトの長期ビジョンへ共感いただける か、価値観が組織とフィットするかを中心に進 めます 部門役員と、ご経験や志向が 会社の 文化や価値 観とフィットするかを中心に進めま す 最終面接を通過するとオフ ァー面 談が 設定され ます ※ 面接の 順番や回 数は 変更する 場合が ありま す ※ 全ての面接は リモートでの実施が 可能です
  25. 24 募集職種一覧 プロダクトや事業開発に関わる幅広い職種のメンバーを募集しています 選考フロー サーバーサイドエンジニア フロントエンドエンジニア iOSエンジニア Androidエンジニア UXデザイナー UIデザイナー

    データエンジニア データサイエンティスト QAエンジニア SRE 社内SE プロダクトマネージャー プロダクトオーナー プロジェクトマネージャー 事業企画 マーケター など 最新の募集状況はこちらからご確認ください
  26. 25 More Info グロービスのテクノロジーに関する情報を、さまざまな媒体から発信しています 選考フロー note Twitter 社員インタビューなども掲載しています。詳しくはこちら! Podcasts

  27. We are hiring!