Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ひよっこ kintone 開発プログラマーの冒険譚 - Cybozu Tech Meetup #1 kintone開発チーム

ひよっこ kintone 開発プログラマーの冒険譚 - Cybozu Tech Meetup #1 kintone開発チーム

kintone チームでどうやってきて、どう感じたのかというの「新卒2年目をちょうど迎えたエンジニア」目線でお話します。

Ryotaro NAKAGAWA

May 12, 2020
Tweet

Other Decks in Programming

Transcript

  1. kintone 開発プログラマーの冒険譚 サイボウズ株式会社 kintone(開発)チーム 中川遼太郎 ひよっこ

  2. 本⽇の話し⼿ š 中川 遼太郎 (なかがわ りょうたろう) š サイボウズ株式会社 新卒2年⽬ škintone(開発)チーム

    š フロントエンドが⽐較的好き šTypeScript、React など š インターンが楽しくて⼤学院中退して⼊社 Twitter: @hayate4th GitHub: hayate4th ⼭とピザと⾳ゲーさえ あれば⽣きていける
  3. kintone(開発)チームとは︖ プロダクトマネージャー (PM) プロダクトライター デザイナー 品質保証 (QA) プログラマー (PG) 新規チーム

    新規機能を開発する メンテチーム DXチーム
  4. 1年間kintoneを開発してみた

  5. 配属されてからの⼀年間① š 2019年7⽉ škintone(開発)チームの新規チームに配属 šReact & TypeScript が書ける別チームに現実逃避する 2019年7⽉ Google

    Closure Tools
  6. Google Closure Tools の何がつらいの︖ š 新しめのドキュメントが少ない︕ š調べるのが⼤変 š 誰かに伝えると⼤体勘違いされる šイケイケエンジニアとコミュニケーションが取れない

    “Closure” Tools でやってるんだ︕ あー “Clojure” ね。知ってる︕
  7. 配属されてからの⼀年間② š 2019年10⽉ škintone(開発)チームの開発に慣れてくる š⾊々社内ハッカソンとかでてしまう š業務としての社内ハッカソン 2019年10⽉

  8. どう慣れていったのか︖ š スクラム開発 š短期間で設計、実装、テスト š開発⼀連のフローを何度も経験できる š モブプログラミング šわからない点をナビゲータが誘導してくれる šものすごく質問しやすい雰囲気がある はい、最⾼︕

  9. どう慣れていったのか︖ š スクラム開発 š短期間で設計、実装、テスト š開発⼀連のフローを何度も経験できる š モブプログラミング šわからない点をナビゲータが誘導してくれる šものすごく質問しやすい雰囲気がある はい、最⾼︕

    ドライバー ナビゲーター ナビゲーター ナビゲーター
  10. 配属されてからの⼀年間③ š 2019年12⽉ škintone 開発に少しだけ疲れてしまう 2019年12⽉

  11. なんで疲れてしまったのか︖ š ⼊社するまでは趣味で本当に⾃由に開発していた š使う技術も割と⾃由 š 製品開発のエンジニアは本当に⻑期的に開発をする Google Closure Tools

  12. なんで疲れてしまったのか︖ š ⼊社するまでは趣味で本当に⾃由に開発していた š使う技術も割と⾃由 š 製品開発のエンジニアは本当に⻑期的に開発をする Google Closure Tools 単調だと感じてしまった

  13. 配属されてからの⼀年間④ š 2020年2⽉ šフルリモート在宅ワーカーになる š適度にいい感じの在宅環境を構築 škintone 開発がとても楽しいことに気づく 2020年2⽉

  14. kintone 開発の何が楽しいのか︖ š 静かだけどユーモアあふれるチーム šボケに対する⾼度なスルースキル šスルーに屈しない不屈の精神 š 「便利になったよ︕」というユーザの声が届く š開発していくぞという気持ちが湧く 楽しく開発できる

    チーム体制 趣味開発では少なかった ユーザからの直接の声
  15. kintone 開発の何が楽しいのか︖ š たくさん改善の余地がある製品 š探さなくても湧いてくる改善点 šわからないところが本当に多い 製品改善という点において 学び続けられる環境 kintone 開発は

    “宝” の⼭だった
  16. 配属されてからの⼀年間⑤ š 2020年4⽉ š祝︕2年⽬になる šフルリモート疲れになる 2020年4⽉ To Be Continued 起きたら出勤

    終わったら睡眠 ⼟⽇も変わらず家
  17. ⼀年間の学び š あまり⾊々なものに⼿を出すべきではない š今後はほどほどにやっていく š疲れるので š 変な動きをしても受け⼊れてくれる環境がそこにはあった š 今まで思ってもいなかった場所で開発の楽しさを⾒出せるかも︖

  18. ご清聴ありがとうございました︕ 何か質問あればお願いします︕