Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

カンファレンス主催者から見たCfPとプロポーザル

26e25726fc9da2f1e1f88c7be665407d?s=47 hiro@miraito
November 23, 2019

 カンファレンス主催者から見たCfPとプロポーザル

CfPとプロポーザルについてカンファレンス開催側はどう受け止めているか。
プロポーザルを出すモチベーションになればと思い記しています。

26e25726fc9da2f1e1f88c7be665407d?s=128

hiro@miraito

November 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. カンファレンス主催者から 見たCFPとプロポーザル 「プロポーザルの書き方を学ぼう」 登壇の技術を勉強する会資料 hiro@miraito

  2. 自己紹介 ▪ hiro@miraito(hirodragon112) – https://twitter.com/hirodragon112 ▪ MiraitoDesign, Inc. CEO/Founder ▪

    Jocy, Inc. CTO ▪ スキルセット – OOP, DDD, CQRS, RDRA, PHP, Agile 現在はtoBのシステム開発、toCのモバイルアプリ開発運用 などをメインにやっています。
  3. その他 ▪ ワーキングコミュニティ「ペチオブ」主催 – オブジェクト指向をテーマに隔週木曜開催 – https://phper-oop.connpass.com/ ▪ Object-Oriented Conference

    主催 – 2020年2月16日 at お茶の水女子大学 – https://ooc.dev/
  4. 免責事項 先に一つだけお伝えさせてください…

  5. 免責事項 私自身はプロポーザルを出したことありません! う、嘘だと言ってよhirodragon…

  6. 本日お話ししたい内容 × プロポーザルって何? × プロポーザルの上手な書き方 〇主催スタッフ達はプロポーザルをどう受け止めてい るの? と、若干精神論に近い視点でCfPについて話したいと思 いますのでたまにはこんな話もありかなという感じで 温かい目線でお付き合いよろしくお願いいたします。

  7. 目次 - カンファレンス開催までの経緯 - 開催スタッフ達にとってCFPとは - 選考基準について(おまけ) - 本日伝えたかった事

  8. Object-Oriented Conferenceの紹介 2020/02/16(日) に開催されるカンファレンスです

  9. Object-Oriented Conferenceの紹介 - オブジェクト指向がテーマ - 言語、FWを問わず1000名規模 - スピーカー様絶賛募集中 - スポンサー様絶賛募集中

    https://ooc.dev/ よりお申込みいただけます。
  10. 目次 - カンファレンス開催までの経緯 - 開催スタッフ達にとってCFPとは - 選考基準について(おまけ) - 本日伝えたかった事

  11. カンファレンス開催までの経緯 (2019年春)普段勉強会を開催している友人達と普段より少 し大きめの会を開きたいなぁ(思いつき) ↓ 自分含めOOP好きが周りに多いしOOPをテーマにしよう ↓ 300人くらい集まるかも?とりあえず募集してみよう ↓ ……

  12. カンファレンス開催までの経緯 1000人Over … !? ※ 2019/11/23 日時点

  13. カンファレンス開催までの経緯 正直こんな感じでスタートしました。 本格始動までにやった事 - そもそも何やる? - Staff集め - 参加募集の方法 -

    会場選定 - 日程決め - お金どうするか - LP用意、ドメイン用意、ロゴ用意 etc…
  14. 目次 - カンファレンス開催までの経緯 - 開催スタッフ達にとってCFPとは - 選考基準について(おまけ) - 本日伝えたかった事

  15. 開催スタッフ達にとってCFPとは いきなり結論から

  16. 開催スタッフ達にとってCFPとは めちゃくちゃ嬉しいです!

  17. 開催スタッフ達にとってCFPとは - カンファレンスはあくまで空っぽの箱のようなもの - 名前になんの価値もない - 主催スタッフ達はみんなで一生懸命その箱を作っている - でも箱は箱

  18. 開催スタッフ達にとってCFPとは その箱に価値を与えるものこそが プロポーザル

  19. 開催スタッフ達にとってCFPとは 応募が1件くる度にスタッフSlackで大喜びしています。 それは、このカンファレンスを一緒に作りたいと思ってる よ、という意思表示だからです。 なので、正直な所いったん中身はどうでもよくまず歓喜し ます。 頑張って作って来た箱に価値を感じてくれている人がいる んだと。

  20. 開催スタッフ達にとってCFPとは こんな方いませんか?

  21. 開催スタッフ達にとってCFPとは 「カンファレンスで登壇してみたい気はするけど自分なん かが出して良いのプロポーザルをだろうか?」 「他の提出者と比べて見劣りしたら恥ずかしいなぁ」

  22. 開催スタッフ達にとってCFPとは そんな事は全くありません

  23. 開催スタッフ達にとってCFPとは 確かにプロポーザルを提出したからといって 採択されるとは限りません。 でも、違うんです。 CfPを開始した運営スタッフ達にとって応募してくれる一つ 一つが唯一の存在で一つ一つが開催の励みになっています。 このカンファレンスを価値あるものに変えようとしてくれ ているもう一人のスタッフだと感じています。

  24. 開催スタッフ達にとってCFPとは カンファレンス運営は正直楽しい事だけではありません。 様々な作業やプレッシャーがかかる先にあるのはほぼ達成 感のみです。 実際にOOCも活動継続困難になったこれまでもスタッフが 半数近くいます。 そんな中外部からプロポーザルという形で応援してくれる 事が果てしない励みになっているんです。

  25. 開催スタッフ達にとってCFPとは もし、気になるカンファレンスがあって、プロポーザルを提出してみようかな?と 考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ出してあげてみてください。 もし採択されなかったとしてもその一つ一つがカンファレンスを間違いなく盛り上 げます。 活気を与えています。 選考はあくまで開催スタッフの責任ですので、気にしなくて全然大丈夫です。 気にせず自分の話したいことをプロポーザルという形でぶちまけてください。

  26. 開催スタッフ達にとってCFPとは カンファレンス運営は正直楽しい事だけではありません。 様々な作業やプレッシャーがかかる先にあるのはほぼ達成 感のみです。 実際にOOCも活動継続困難になったこれまでもスタッフが 半数近くいます。 そんな中外部からプロポーザルという形で応援してくれる 事が果てしない励みになっているんです。

  27. 目次 - カンファレンス開催までの経緯 - 開催スタッフ達にとってCFPとは - 選考基準について(おまけ) - 本日伝えたかった事

  28. 選考基準について(おまけ) 最後になりますが、少し採択基準の話しもさせて頂きます。 もしかしたら応募の際の参考になるかもしれません。

  29. 選考基準について(おまけ) - 質の良い順に上から選んでいるわけではない - プロポーザルではそもそも完全に質は計れない - 変わった目線のプロポーザルは目を引きやすい - 同じ話題で偏る事はさけたい -

    知名度(ぶっちゃけ影響ある) - 絶対ここで登壇したいという熱意がある
  30. 目次 - カンファレンス開催までの経緯 - 開催スタッフ達にとってCFPとは - 選考基準について(おまけ) - 本日伝えたかった事

  31. 本日伝えたかった事 - カンファレンスを作っているのは実質登壇者です - プロポーザルはカンファレンスを応援する意思を表示で きる - 運営スタッフにとって嬉しくない応募は一つもない - カンファレンスを作っているのは実質登壇者

    - 一概に質だけで採択されるわけではない
  32. 本日伝えたかった事 気になるカンファレンスがあったら プロポーザルを出しましょう!!! (切望)

  33. 本日伝えたかった事 最後にまた宣伝 Objcet-Oriented Conference も登壇頂ける方をまだまだ募集しています。 オブジェクト指向を中心に、言語、設計、開発プロセス、ツール、 ダイアグラム、要件定義 等様々な視点からオブジェクト指向を語っ ていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします! こちらからご応募まちしております

    https://fortee.jp/object-oriented-conference-2020/speaker/proposal/cfp