DDD時代に考えたいICONIXプロセス/ICONIX in DDD

DDD時代に考えたいICONIXプロセス/ICONIX in DDD

DDD をより駆動させるための ICONXプロセスとの付き合い方を紹介します。

BPStudy#151〜オブジェクト指向、モデリング、設計 LT大会[リモート開催]
2020/03/30

26e25726fc9da2f1e1f88c7be665407d?s=128

hiro@miraito

March 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. DDD時代に考えたいICONIXプロセス BPSTUDY#151〜 オブジェクト指向、モデリング、設計 LT大会 @hirodragon

  2. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 2 いつも時間内におさまりきらなくてごめんなさい

  3. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 3 Today's Topic ICONIX in the DDD era My

    Assumptions / Prerequisites Looking for clues on DDD modeling I will talk about What`s ICONIX ? How to Use ICONIX in DDD I will NOT talk about What`s DDD ICONIX Detail
  4. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 4 My assumptions / Prerequisites Looking for clues on

    DDD modeling DDD ドメインを運用者と開発者がコミュニケーションをとりながら「モデル」育てる そして、そのモデルをソフトウェアとしてコードで表現する為の設計手法。 戦略設計 ドメインエキスパートと共にユビキタス言語を使いながら モデルを育てる 戦術設計 ドメインを表現したモデルをコードに落とし込む実装パターンやテクニック。 またはその考え方
  5. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 5 My assumptions / Prerequisites Looking for clues on

    DDD modeling DDD ドメインを運用者と開発者がコミュニケーションをとりながら「モデル」育てる そして、そのモデルをソフトウェアとしてコードで表現する為の設計手法。 戦略設計 ドメインエキスパートと共にユビキタス言語を使いながら モデルを育てる 戦術設計 ドメインを表現したモデルをコードに落とし込む実装パターンやテクニック。 またはその考え方 ここ難しくないですか?
  6. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 6 要件定義 > 基本設計 > 詳細設計 > 実装 >

    UT > ITa(ITb) > (ST) > UAT 一般的なシステム開発の流れ
  7. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 7 要件定義 > 基本設計 > 詳細設計 > 実装 >

    UT > ITa(ITb) > (ST) > UAT 一般的なシステム開発の流れ 戦略設計ってどこからどこまで?? なんとなくこの辺ぽい
  8. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 8 I will talk about What`s ICONIX ? How

    to Use ICONIX in DDD 今日はその辺のあまり話題にあがらない部分をフォーカスして、 プロセスの例を紹介しようというお話です。
  9. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 9 自己紹介 林 宏勝 Twitter : @hirodragon112 株式会社ミライトデザイン CEO

    株式会社 Jocy CTO OOP/DDD/CQRS/ICONIX/Agile/ PHP/RDRA/ペチオブ/OOC らへんが好きなサーバーサイドエンジニア 上流から下流まで色々やります。
  10. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 10 ICONIXプロセス

  11. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 11 ダグ・ローゼンバーグ マット・ステファン 著

  12. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 12 ICONIXプロセス ユースケースからソースコードを作るプロセス

  13. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 13 ICONIXプロセス ユースケース 分析者は抽象的かつ本質的、技術に依存せず実装から独立したユースケースを書く 序文より アクター目線でこのシステムが何ができるのかを表している。 当然裏でどのような言語、技術が使用されているかはスコープではない

  14. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 14 ICONIXプロセス ユースケース(開発者目線) 不明瞭で曖昧、不完全で正しくない 序文より システムがやりたい事はわかる。 ただし、抽象的で具体的な方法論は記されていない。

  15. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 15 ICONIXプロセス ICONIXプロセスはそのギャップを埋める為のプロセス 本質的ではあるが不明瞭なユースケースを具体的な実装に変換する為のフレームワーク

  16. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 16 論理的には「理論」と「実際」に違いはない。 しかし、実際には違いがある

  17. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 17 ICONIXプロセス 1. 要求 2. 分析 / 予備レビュー 3.

    予備設計レビュー 4. 詳細設計 5. 詳細設計レビュー 6. 実装
  18. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 18 ICONIXプロセス 1. 要求 機能要求、ドメインモデリング、振る舞い要求(ドラフト版ユースケース作成)、要求レビュー 2. 分析 / 予備レビュー

    ロバストネス分析、ドメインモデル更新、論理名付け、ドラフト版ユースケース修正 3. 予備設計レビュー 4. 詳細設計 シーケンス図作成、ドメインモデル更新、静的モデル整理 5. 詳細設計レビュー 6. 実装 コーディングと単体テスト、結合テストとシナリオテスト、次フェーズ準備
  19. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 19 要件定義 > 基本設計 > 詳細設計 > 実装 >

    UT > ITa(ITb) > (ST) > UAT 一般的なシステム開発の流れ ICONIXは開発の大半をカバーする
  20. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 20 ICONIX in the DDD era

  21. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 21 戦術的DDD → わかりやすい 戦術設計はオブジェクト指向のパターンなので開発者が理解しやすい 調べれば答えが見つかりやすい 集約, Entity, ValueObject

    等々
  22. 戦略的DDD → 難しい(く感じる) 実装やツールの操作方法とは違い、実際のプロダクトの中にのみ答えがある。 調べても正解がわからない。 だから難しく感じる DDD時代に考えたいICONIXプロセス 22

  23. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 23 例えば

  24. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 24 戦略設計 ドメインエキスパートと共にユビキタス言語を使いながら モデルを育てる モデルを育てるって? - ドメインモデリングって具体的にどうやる? - ドメインエキスパートと話せばモデルを作れる?

    ここが解決しない限りDDDなんてそもそも難しいよね?
  25. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 25 ICONIX in the DDD era (3回目)

  26. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 26 MDD DDD TDD RDRA 等 要件定義 分析設計 戦略設計

    戦術設計 UT UCDD (ICONIX) これがないと、いき なり戦略設計をして も精度が悪い
  27. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 27 ICONIXプロセス 1. 要求 機能要求、ドメインモデリング、振る舞い要求(ドラフト版ユースケース作成)、要求レビュー 2. 分析 / 予備レビュー

    ロバストネス分析、ドメインモデル更新、論理名付け、ドラフト版ユースケース修正 3. 予備設計レビュー 4. 詳細設計 シーケンス図作成、ドメインモデル更新、静的モデル整理 5. 詳細設計レビュー 6. 実装 コーディングと単体テスト、結合テストとシナリオテスト、次フェーズ準備 ICONIXの分析部分を取り入れるだけでも より効率的にDDDを回せるのでは
  28. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 28 そろそろ時間なくなってますよね

  29. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 29 要求 ドメインモデリング (概念モデル DDDの文脈とは粒度が違うので注意) - プロジェクトの用語集 - プロジェクトで実際に使われるすべての単語を辞書にする

    - 用語の洗い出しをしながら関連も洗い出す - システム目線ではない。現実世界に焦点を置く - ユースケースを洗い出す前に行う ※ ユースケース駆動実践ガイドより引用
  30. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 30 要求 ユースケースモデリング (振舞要求) - 機能要求かをユースケースとドメインオブジェクトに割り当てる - 通常ケース代替ケースを考慮する -

    関連に時間をかけない。何がおきているかにのみ着目する - アルゴリズムではない。アクターとシステムの対話ステップ ※ ユースケース駆動実践ガイドより引用
  31. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 31 要求 要求レビュー - ドラフトユースケースが出来たタイミングで顧客の要求に合致しているかを確認する - ドメインモデリングが顧客のわかる言葉(ユビキタス言語)で作成されているか確認できる - スコープを明確にする

    - ユースケースから全ての要求が追跡できるかを確認する - ユーザーの望みがユースケースに網羅されているかを確認する
  32. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 32 分析 / 予備レビュー ロバストネス分析 - 分析でもあり設計でもある - ユースケースとオブジェクトを紐づける

    - 概念の発見 - ユースケース記述からあいまいさを取り除く - ロバストネス分析中もユースケースの修正を行う - 関連線は気にしない - シーケンスではない ※ ユースケース駆動実践ガイドより引用
  33. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 33 分析 / 予備レビュー 予備設計レビュー - ロバストネス図、ユースケース図、ドメインモデル図の辻褄があっているかを確認する - 代替コースが漏れていないかを確認する

    - 技術者以外(顧客等)双方が参加する
  34. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 34 分析 / 予備レビュー テクニカルアーキテクチャ - ここからでDDDの戦略設計に移行する - アーキテクチャ、パッケージ、コンポーネント等の選定

    - 要求をベースにアーキテクチャの選定ができる - 非機能要件等の考慮 - テスタビリティ - コンテキストマップ
  35. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 35 ICONIXプロセスを一部取り入れる事により DDDはより駆動する

  36. DDD時代に考えたいICONIXプロセス 36 @hirodragon