Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

フルサイクルエンジニアリングとは

 フルサイクルエンジニアリングとは

2022/12/20 : DMM meetup #38〜フルサイクルエンジニアリングの現場【技術書典出版記念】〜
https://dmm.connpass.com/event/267760/

Masato Ishigaki / 石垣雅人

December 20, 2022
Tweet

More Decks by Masato Ishigaki / 石垣雅人

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 2
    - Target
    - プロダクトマネージャー、エンジニア、デザイナーetc...
    - Outline
    - フルサイクルエンジニアとは
    - 技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    Outline

    View full-size slide

  2. 3
    - Outline
    - フルサイクルエンジニアとは
    - 技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    Outline

    View full-size slide

  3. 4
    About me
    Masato Ishigaki - 石垣 雅人
    PF事業本部 第1開発部 部長 / VPoE室
    ・エンジニア 新卒入社
    ・DMMポイントクラブ 責任者
    ・著 : 『DMMを支えるデータ駆動戦略』(マイナビ出版,2020)
    ・連携 : 『スモールチームが武器になる時代へ』(ProductZine)
    @i35_267
    @i35_267
    @i35_267

    View full-size slide

  4. 5
    フルサイクルエンジニアリングとは
    - Full Cycle Developers at Netflix
    Operate What You Build
    - 構築したものを運用する
    - “Operate what you build” puts the devops principles in
    action by having the team that develops a system also
    be responsible for operating and supporting that
    system.
    - サイロを破壊し、学習とフィードバックを最適
    - We could optimize for learning and feedback by
    breaking down silos and encouraging shared
    ownership of the full software life cycle

    View full-size slide

  5. 6
    - Scaling Through Developer Tools
    - 豊富な開発者ツールによるスケール
    - Ownership of the full development life cycle adds
    significantly to what software developers are
    expected to do. Tooling that simplifies and
    automates common development needs helps to
    balance this out.
    フルサイクルエンジニアリングとは

    View full-size slide

  6. 7
    フルサイクルエンジニアリングとは
    モノづくりに集中し、
    学習とフィードバックを繰り返す

    View full-size slide

  7. 8
    - Outline
    - フルサイクルエンジニアとは
    - 技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    Outline

    View full-size slide

  8. 9
    技術の進化がフルサイクルを可能にした
    DevOps
    2009年〜
    Cloud
    2006年〜
    MicroServices
    2014年〜
    Agile
    2001年〜
    Lean Startup
    2008年〜
    トヨタ生産方式
    1973年〜 IDE
    A
    BUI
    LD
    PROD
    UCT
    MEASU
    RE
    DA
    TA
    LE
    AR
    N
    WF
    1970年〜

    View full-size slide

  9. 1
    0
    DevOps
    2009年〜
    Cloud
    2006年〜
    MicroServices
    2014年〜
    Agile
    2001年〜
    Lean Startup
    2008年〜
    IDE
    A
    BUI
    LD
    PROD
    UCT
    MEASU
    RE
    DA
    TA
    LE
    AR
    N
    WF
    1970年〜
    トヨタ生産方式
    1973年〜
    技術の進化がフルサイクルを可能にした

    View full-size slide

  10. 1
    1
    技術の進化がフルサイクルを可能にした
    Application
    Middleware
    Virtualization
    Hardware
    / Network
    OS
    Application
    Middleware
    Virtualization
    Hardware
    / Network
    OS
    Application
    Middleware
    Virtualization
    Hardware
    / Network
    OS
    Application
    Middleware
    Virtualization
    Hardware
    / Network
    OS
    Vendor You
    On - premises IaaS PaaS SaaS
    - Cloudの発展
    - 2005年頃に登場した「クラウド」によるコンピューター
    リソースの可搬性(ポータビリティー)
    - AWSが、2006年に登場。GCPは、2008年に登場
    - 自前でリソースを所有するところから、インターネット
    上で、必要な分だけ利用する時代へ。
    - クリエイティビティを発揮する部分と、任せる部分を思
    案する時代へ。
    - 上から下まで、自前でやる必要はなし。

    View full-size slide

  11. 1
    2
    技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DevOpsの発展
    - 時代として、アジャイルが浸透し始めた
    - 頻繁にデリバリーしながら不確実性に対応している
    - DevチームとOpsチームのセクショナリズム
    - 2009年にO’Reilly主催の「Velocity 2009」
    - 「10+ Deploys Per Day: Dev and Ops
    Cooperation at Flickr」
    - (1日に10回以上のデプロイ: Flickrにおけ
    る開発と運用の協力)
    - DevOpsエンジニアの登場
    - "できるだけ運用を自動化して柔軟に継続的デリバリー
    できる自動化環境を整えそう"
    - → SREの文脈へ

    View full-size slide

  12. 1
    3
    - スモールチームが前提のプロダクト開発へ
    - XaaS / エコシステム / フレームワークが充実
    - 安価で早く、スケールしやすいシステムが簡単に
    - 市場への投入タイミングの激化と開発組織の変化
    リリース9ヶ月でインスタは
    既に3,000万会員
    技術の進化がフルサイクルを可能にした

    View full-size slide

  13. 1
    4
    - Outline
    - フルサイクルエンジニアとは
    - 技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    Outline

    View full-size slide

  14. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    「エンジニアが、1行のコードから財務諸表を意識する世界線を目指したい」

    View full-size slide

  15. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    フルサイクルエンジニアリング x データドリブン
    高速に開発を回し、プロダクト開発の不確実性をデータで解決していく

    View full-size slide

  16. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    チームの戦闘力
    (生産性)
    プロダクトの戦闘力
    (魅力)
    事業の戦闘力
    (価値)
    システムの戦闘力
    (装置)
    総工数(Ex.120人月)
    - 有効稼働率
    - スキルセット(技術力)
    - マインド・志向性
    - 体制・権限・裁量
    - 開発プロセス
    価値
    - 売上
    - 競争優位性(シェア率)
    - (いわゆるビジネス)
    モノとしての魅力
    - UIの心地よさ
    - UXの体験の良さ
    - 機能の優位性
    - ,etc..
    システム
    - 生産性の継続的向上・安定
    - 技術負債
    - 自動化
    - ソフトウェア工学
    マクロ
    ミクロ
    観測可能
    にしていく

    View full-size slide

  17. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    チームの戦闘力
    (生産性)
    プロダクトの戦闘力
    (魅力)
    事業の戦闘力
    (価値)
    システムの戦闘力
    (装置)
    総工数(Ex.120人月)
    - 有効稼働率
    - スキルセット(技術力)
    - マインド・志向性
    - 体制・権限・裁量
    - 開発プロセス
    価値
    - 売上
    - 競争優位性(シェア率)
    - (いわゆるビジネス)
    モノとしての魅力
    - UIの心地よさ
    - UXの体験の良さ
    - 機能の優位性
    - ,etc..
    システム
    - 生産性の継続的向上・安定
    - 技術負債
    - 自動化
    - ソフトウェア工学
    マクロ
    ミクロ
    観測可能
    にしていく

    View full-size slide

  18. - KPIで事業を語る
    - KPIツリーが分解 → ダッシュボードで数値管理できるようになった
    ら、目標値を設定。
    - Ex. KGI(利益)を1,000万円 → 3,000万円 → どうやったらココにい
    けるか。その差分を埋めていく作業に入る。
    - 正しい方向に対して、どのような戦術で攻めるか。
    - 施策ごとに「予測値」と「実測値」をモニタリングしていく。
    - 必ず、学習しないと同じ失敗を繰り返す
    - だいたい、施策の採用率 / 成功率 = 40 ~ 60%
    19
    どんな戦術 = 施策で攻めていくか
    DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  19. - BMLループのプロセスの浸透
    1. Learn → Idea = 仮説を考える = 正しい方向
    2. Build → Product = どう作るか = 戦術
    3. Product → Measure = 計測する
    4. Measure → Data = 計測してデータをつくる
    5. Data → Learn = データから何を学ぶか
    - 逆回転からの順回転
    - その仮説で証明したいことを確認(先に数値管理ダッシュボードを作成する)してから、施策を
    Buildする
    20
    DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  20. 21
    IDEA
    BUILD
    PRODUCT
    MEASURE
    DATA
    LEARN
    DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  21. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    チームの戦闘力
    (生産性)
    プロダクトの戦闘力
    (魅力)
    事業の戦闘力
    (価値)
    システムの戦闘力
    (装置)
    総工数(Ex.120人月)
    - 有効稼働率
    - スキルセット(技術力)
    - マインド・志向性
    - 体制・権限・裁量
    - 開発プロセス
    価値
    - 売上
    - 競争優位性(シェア率)
    - (いわゆるビジネス)
    モノとしての魅力
    - UIの心地よさ
    - UXの体験の良さ
    - 機能の優位性
    - ,etc..
    システム
    - 生産性の継続的向上・安定
    - 技術負債
    - 自動化
    - ソフトウェア工学
    マクロ
    ミクロ
    観測可能
    にしていく

    View full-size slide

  22. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  23. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    チームの戦闘力
    (生産性)
    プロダクトの戦闘力
    (魅力)
    事業の戦闘力
    (価値)
    システムの戦闘力
    (装置)
    総工数(Ex.120人月)
    - 有効稼働率
    - スキルセット(技術力)
    - マインド・志向性
    - 体制・権限・裁量
    - 開発プロセス
    価値
    - 売上
    - 競争優位性(シェア率)
    - (いわゆるビジネス)
    モノとしての魅力
    - UIの心地よさ
    - UXの体験の良さ
    - 機能の優位性
    - ,etc..
    システム
    - 生産性の継続的向上・安定
    - 技術負債
    - 自動化
    - ソフトウェア工学
    マクロ
    ミクロ
    観測可能
    にしていく

    View full-size slide

  24. DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  25. 19時
    15時
    11時
    MTG : 1h
    Project-A : 5h
    運用保守 : 1h
    1on1 : 30m
    入力(input)
    ・勤怠管理 → 工数管理を紐付けて入力
    開発
    └ プロジェクト名称 : Project-A
    └ プロジェクトID : AAAA-xxxxx
    └ プロジェクト名称 : 運用保守
    └ プロジェクトID : BBBB-xxxxx
    開発外
    └ プロジェクト名称 : 会議・その他
    └ プロジェクトID : CCCC-xxxxx
    出力(output)
    有効稼働率
    └ 開発比率 : 80%(有効稼働率)
    └ 非開発比率 : 20%
    プロジェクトA : 費用
    └ プロジェクトA : 工数 * 諸般単価 = ¥xxx,xxx
    運用保守 : 費用
    └ 運用保守 : 工数 * 諸般単価 = ¥xxx,xxx
    DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  26. 開発
    └ プロジェクト名称 : Project-A
    └ プロジェクトID : AAAA-xxxxx
    └ プロジェクト名称 : 運用保守
    └ プロジェクトID : BBBB-xxxxx
    開発外
    └ プロジェクト名称 : 会議・その他
    └ プロジェクトID : CCCC-xxxxx
    有効稼働率
    └ 開発比率 : 80%(有効稼働率)
    └ 非開発比率 : 20%
    プロジェクトA : 費用
    └ プロジェクトA : 工数 * 諸般単価 = ¥xxx,xxx
    運用保守 : 費用
    └ 運用保守 : 工数 * 諸般単価 = ¥xxx,xxx
    19時
    15時
    11時
    MTG : 1h
    Project-A : 5h
    運用保守 : 1h
    1on1 : 30m
    勤怠と工数管理を紐付けて入力
    入力
    (input)
    出力
    (output)
    DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味

    View full-size slide

  27. 2
    9
    - Target
    - プロダクトマネージャー、エンジニア、デザイナーetc...
    - Outline
    - フルサイクルエンジニアとは
    - 技術の進化がフルサイクルを可能にした
    - DMMポイントクラブでの「フルサイクル」の意味
    Outline

    View full-size slide