Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織のケイパビリティーをUnlearnとSECIモデルの文脈で語る

 組織のケイパビリティーをUnlearnとSECIモデルの文脈で語る

Transcript

  1. © DMM.com 組織のケイパビリティーを UnlearnとSECIモデル の文脈で語る 石垣雅人 DMM.com LLC 2019/04/17 社内開発マネジメント

    Meetup 社内 : 開発マネジメントMeetup 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 共同化 表出化 内面化 結合化 i i g i i i i i i g g g i g o
  2. © DMM.com 2 About me Masato Ishigaki Product Owner at

    DMM.com #times_ishigaki_masato @i35_267/resume プラットフォーム事業本部 2015年新卒入社
  3. © DMM.com 組織におけるマネジメントの役割は 組織のケイパビリティを上げること Summary 3 Photo by people building

    structure during daytime on Unsplash
  4. © DMM.com そして我々は「スクラム」を採用している 最適なケイパビリティの上げ方は何か → スクラムの原典に戻る Summary 4 Photo by

    people building structure during daytime on Unsplash
  5. スクラムの原典 野中郁次郎・竹内弘高の論文 「The New New Product Development Games」 (1986年) NASAと日本の製品開発プロセスを比較して論じた。

    基にジェフ・サザーランドが「スクラム」を提唱 5
  6. スクラムの原典 6

  7. スクラムの原典 このようなチームを 「スクラム」と名付けた 7

  8. スクラムの原典 TypeCのようなチームで重要な観点として “Unlearn” = 学びほぐし 「Agile x Unlearn」 1. 不安定な状態を保つ

    2. 自ら組織化する 3. 開発フェーズを重複させる 4. 「マルチ学習」 5. 柔らかなマネジメント 6. 学びを組織で共有する
  9. スクラムの原典 “Unlearn” 一度学んだものをほぐして再構築する 人間は、自分の経験してきたもの、学んできたものの範囲でしか、物事を考えることができない 新しい経験 新しい経験 “Unlearn”

  10. Unlearn なぜ、日本が戦争で負けたのか? 社会科学的なアプローチでプロセス分析をした本 野中郁次郎(著) 「創造的破壊による突出」p382 既存の知識を疑い、新しい知識を獲得するの は、学習脱却(Unlearning)が必要 学習脱却(Unlearning)するには 自己否定的学習が必要 10

    = “Unlearn”できなかったから
  11. https://www.magicalquote.com/moviequotes/no-different-only-different-in-your-mind/

  12. Unlearn 新卒 2年目 5年目 10年目 15年目 t 成長度の塊 成長度の鈍化

  13. Unlearn 新卒 2年目 5年目 10年目 15年目 t 成長度の塊 成長度の鈍化 “Unlearn”が必要

    積み上げてきた経験では 勝っている 成長度では負けている
  14. Unlearn 新卒 2年目 5年目 10年目 15年目 t 成長度の塊 成長度の鈍化 “Unlearn”が必要

    積み上げてきた経験 戦略的に “Unlearn”する
  15. Unlearn 新卒 2年目 5年目 10年目 15年目 t 成長度の塊 成長度の鈍化 “Unlearn”が必要

    積み上げてきた経験 何を “Unlearn”する?
  16. © DMM.com 組織におけるマネジメントの役割は 組織のケイパビリティを上げること Summary 16 Photo by people building

    structure during daytime on Unsplash 【再度】
  17. © DMM.com 組織におけるマネジメントの役割は 組織のケイパビリティを上げること = 個と個の「知」の積み重ね Summary 17 Photo by

    people building structure during daytime on Unsplash
  18. © DMM.com Summary 18 Photo by people Ben White on

    Unsplash 「知」も積み重ねると 成長度は鈍化する
  19. © DMM.com 組織におけるマネジメントの役割は 組織の「知」を”Unlearn”させる Summary 19 Photo by Joshua Earle

    on Unsplash
  20. © DMM.com Summary 20 Photo by Joshua Earle on Unsplash

    組織における「知」の流れを理解 知識創造論「SECIモデル」
  21. 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 表出化 内面化

    連結化 i i g i i i i i i g g g i g o E E E E SECIモデル 共同化 i = 個人、g = グループ、o=組織、E=環境
  22. 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 共同化 表出化

    内面化 連結化 i i g i i i i i i g g g i g o E E E E SECIモデル SECIモデルを高速で回すことが 改善が回っている状態で最強。 組織のケイパビリティーを上げる
  23. 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 共同化 表出化

    内面化 連結化 i i g i i i i i i g g g i g o E E E E SECIモデル 戦略的に “Unlearn”する プロセスを注入する
  24. 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 表出化 内面化

    連結化 i i g i i i i i i g g g i g o E E E E 共同化 i = 個人、g = グループ、o=組織、E=環境 重要視するところ
  25. 暗黙知 暗黙知 暗黙知 形式知 形式知 形式知 形式知 暗黙知 表出化 内面化

    連結化 i i g i i i i i i g g g i g o E E E E SECIモデル 共同化 i = 個人、g = グループ、o=組織、E=環境 “Case Study”
  26. t 1week 1week Unlearn Unlearn Learn スプリント スプリント スプリント Learn

    Learn スクラム MTG スクラム MTG
  27. YWT レトルスペクティブ 「Fun/Done/Learn」 「闇鍋」

  28. 最近、”Unlearn”して ”スプリントレビュー”をやめました。

  29. 1on1 1onX

  30. ”モブプロ”を文化として実行 「知」の”Learn”と”Unlearn”を交互に変換する

  31. DMM inside シリーズ化連載 アウトプットの固定概念を”Unlearn”

  32. 既存の開発プロセスを”Unlearn” VSM (Value Stream Mapping)

  33. © DMM.com まとめ 33 Photo by people building structure during

    daytime on Unsplash 今後 “Unlearn”したいこと 1on1 スクラム
  34. © DMM.com まとめ 34 Photo by people building structure during

    daytime on Unsplash 「HumanManagement」は根幹 その上で ProjectManagement, ProductManagement ケイパビティ Unlearn SECIモデル
  35. まとめ ご清聴ありがとうございました。