ラズパイとスラックで作るミーティングスペースモニタリングツール

 ラズパイとスラックで作るミーティングスペースモニタリングツール

ラズパイとスラックで社内のミーティングスペースをモニタリングする装置を作りました。
@TFUG沖縄 vol. 4

044c7f18abdbbd082a453bc951c61c64?s=128

ieiriyuki

July 20, 2019
Tweet

Transcript

  1. RaspiとSlackでミーティング スペースのモニタリング 2019-7-20 家入雄樹

  2. 自己紹介 名前: 家入雄樹 所属: ブレインパッド 職種: データサイエンティスト 専門: データいじり そのほか:

    TFUG 福岡にも登壇しました http://blog.brainpad.co.jp/entry/2018/11/28/112907 http://blog.brainpad.co.jp/entry/2019/07/09/110739 GCPとAWSの資格とったりしました
  3. 合宿をしました 6月に社内の有志で合宿を行いました。 目的: • 部署・役職を超えた交流 ◦ 入社1ヶ月 ~ 10年目 •

    目標観の共有 ◦ 今後こうしたい • これやりたい!をやる ◦ 社内便利ツール 3チームに分かれて取り組み
  4. もくもく組Aが取り組んだもの ラズパイとスラックでミーティングスペース確認するクン 設計1人、開発3人

  5. ラズパイでミーティングスペースの確認 社内のミーティングスペース(通称ファミレス席、会議室とは別) 行ってみるまで空いてるか分からない お手軽に調べる装置が欲しい と言い続けて幾星霜 作ったらええねん! 空いてるかな...? 空いてた!

  6. アーキテクチャ Raspberry Pi 3 B+ - Linux -ランニングコストも電気代のみ - wifiでネット接続

    ①Chatの特定のチャンネル にコマンド投稿 ②空間の撮影 ファミレス席全体をカメラで撮影する APIでラズパイへ命令 自席にいながら席の混雑状態がわかる WEBカメラor RasPi専用カメラ ③画像の確認 撮影した画像をチャットに返す 撮影指示 API経由で画像表示
  7. チャットから指示を送る GitHub 製の hubot を使います。 ラズパイ上でサーバーが動きます。 ボットに対してメンションをすると写真を撮ってくれます。 エンジニアの方が担当してくれました。 (coffee script

    何も分からない。Node.js 何も分からない...) https://hubot.github.com/
  8. コード: coffee script capture というコマンドを受け取ります execute.sh を実行します ‘Capturing done.’ と返信

    (エラーなどがあれば表示 )
  9. 画像を撮る fswebcamを使えば簡単に撮れます。 ただし、撮影環境ごとにカメラの調整が必要です。 (やっぱりここが難しい) 参考: https://qiita.com/stkdev/items/992921572eefc7de4ad8 https://www.raspberrypi.org/documentation/usage/webcams/

  10. コード: capture 日時でファイル名を指定 subprocess でカメラ撮影 画像へのパスを返します

  11. Vision API で物体検知 物体検知は object_localization を使います。 name == ‘Person’ のみ数える。

    返り値が 0 ~ 1 スケールなのに注意。 画像の編集はPILLOWを使います。 公式ドキュメントは分かりやすいです。 https://cloud.google.com/vision/docs/object-localizer?hl=ja
  12. コード: Vision API 顔検出のチュートリアルを参考 検出した顔情報を受け取ります 顔情報に基づいて、 PILLOWで加工 https://cloud.google.com/vision/docs/face-tutorial?hl=ja

  13. コード: Vision API 公式ドキュメントのレスポンス例は、実 際と異なっているが、このような形に なっている コードの方は正しい https://cloud.google.com/vision/docs/object-localizer?hl=ja

  14. コード: Vision API object_localization() を使います 返ってきた JSON の localized_object_annotations が検出された物体

    そのうち、name == ‘Person’ であるものを抽出 物体情報のリストを返します
  15. PILLOW で描画 画像の編集は PILLOW を使います。 公式ドキュメントを参考にしました。 https://cloud.google.com/vision/docs/face-tutorial?hl=ja 発表者編集

  16. コード: PILLOW object_localization() を使います 返ってきた JSON の localized_object_annotations が検出された物体 そのうち、name

    == ‘Person’ であるものを抽出 (OpenCV なんていらないんだ ...!)
  17. スラックに送る files.upload API を使います。 python の slack-client ライブラリなどもあるそうです。 現状 ID

    などがベタ書きなのは要修正。 https://api.slack.com/methods/files.upload
  18. PILLOW で編集された画像を送ります チャンネルやアクセストークンなども指定します コード: スラックへの送信

  19. デモ

  20. 終わりです ご静聴ありがとうございました !