Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

cc20200820

5efccbfb96707334563b2a62024358ce?s=47 igakeso
August 20, 2020
18

 cc20200820

医療従事者のためのクリエイティブコース20200820

5efccbfb96707334563b2a62024358ce?s=128

igakeso

August 20, 2020
Tweet

Transcript

  1. 医療従事者のためのクリエイティブコース 「コミュニケーションデザインで医療は変わるか?」 2020/8/20 お茶の水循環器内科院長 五十嵐健祐

  2. Q1:ビジョン このコミュニケーションを通じて 実現したいことは何か? Q2:ゴール このコミュニケーションを通じて 社会に期待する変化は何か? Q4-A:デリバリー どのような伝達ツール、伝達形式 で伝えるのが良いか? Q4-B:テクニック

    伝わりをより効率化、最適化出来 ないか? Q5:ジャーニー 伝えた後の行動のデザインはどの ように設計すれば良いか? 1、ビジョン、ゴール 2、ターゲット、コンテンツ、デリバリー、テクニック 医療コミュニケーションデザインのためのCreative Criteria Q3:ターゲット 1、2の実現のためは 誰に伝えば良いか? Q1、2:フィードバック 1、2は達成されたか?不十分の場 合はどこに問題があるのか? Q4:コンテンツ 1、2の実現のためには 何を伝えれば良いか? 3、ジャーニー、フィードバック
  3. Q1:ビジョン このコミュニケーションを通じて 実現したいことは何か? Q2:ゴール このコミュニケーションを通じて 社会に期待する変化は何か? Q5:ジャーニー 伝えた後の行動のデザインはどの ように設計すれば良いか? 医療コミュニケーションデザインのためのCreative

    Criteria Q1、2:フィードバック 1、2は達成されたか?不十分の場 合はどこに問題があるのか? Q3、4 色々アクションしてみる ターゲット、コンテンツ デリバリー、テクニック
  4. https://speakerdeck.com/masashiokawa/special-lecture おさらい

  5. 医療従事者のよくある間違い: 1、そもそも期待価値のないことをやろうとしている 正義感、自己顕示欲、専門家としてのプライド、公衆衛生的視点、等 2、期待価値と想定期待価値のギャップをそもそも見ない、把握しようという気がない フィードバック機構がないとそもそもギャップすら認知出来ない、投げっぱなし型情報発信の限界 3、期待価値と想定期待価値のギャップは把握出来たが、想定期待価値こそ正義と考える 医学的価値の過大評価、患者解釈モデルの軽視、テクノロジーへの過度な期待 4、事前期待、提供プロセス、成果品質のうち、成果品質しか重視しない おさらい

  6. Q1:ビジョン このコミュニケーションを通じて 実現したいことは何か? Q2:ゴール このコミュニケーションを通じて 社会に期待する変化は何か? Q5:ジャーニー 伝えた後の行動のデザインはどの ように設計すれば良いか? 医療コミュニケーションデザインのためのCreative

    Criteria Q1、2:フィードバック 1、2は達成されたか?不十分の場 合はどこに問題があるのか? Q3、4 色々アクションしてみる ターゲット、コンテンツ デリバリー、テクニック
  7. ケーススタディ

  8. ケーススタディ

  9. https://togetter.com/li/1576635 ケーススタディ

  10. https://diamond.jp/articles/-/245187 合成の誤謬

  11. ケーススタディ http://循環器内科.com https://ochanomizunaika.com ・最善の治療を受けたい ・自分の心臓病のことを(多少難しくてもいいので) 正確に理解したい ・(可能な限り)全て自分で納得した上で治療を決めたい ・医師と(可能な限り)対等に治療相談をしたい ・予防可能、治療可能な心臓病を減らしたい 循環器内科.comのコンテンツ内容と説明、治療方針を一致

    相手の理解度に応じつつ、可能な限り正確な理解を促す 最新の論文等のアップデート、専門家としての知見 自分の医療体験に納得感の向上 同様のニーズを求めた層への紹介
  12. 過度な期待は2つの欠如によって人工的に作られる 1、現場の課題感把握の解像度の欠如 2、技術の距離感の深度の欠如 https://www.gartner.com/jp/research/methodologies/gartner-hype-cycle

  13. None
  14. 医療従事者のよくある間違い: 1、そもそも期待価値のないことをやろうとしている 正義感、自己顕示欲、専門家としてのプライド、公衆衛生的視点、等 2、期待価値と想定期待価値のギャップをそもそも見ない、把握しようという気がない フィードバック機構がないとそもそもギャップすら認知出来ない、投げっぱなし型情報発信の限界 3、期待価値と想定期待価値のギャップは把握出来たが、想定期待価値こそ正義と考える 医学的価値の過大評価、患者解釈モデルの軽視、テクノロジーへの過度な期待 4、事前期待、提供プロセス、成果品質のうち、成果品質しか重視しない おさらい

  15. Q1:ビジョン このコミュニケーションを通じて 実現したいことは何か? Q2:ゴール このコミュニケーションを通じて 社会に期待する変化は何か? Q5:ジャーニー 伝えた後の行動のデザインはどの ように設計すれば良いか? 医療コミュニケーションデザインのためのCreative

    Criteria Q1、2:フィードバック 1、2は達成されたか?不十分の場 合はどこに問題があるのか? Q3、4 色々アクションしてみる ターゲット、コンテンツ デリバリー、テクニック