healthcareuxdesign#2

5efccbfb96707334563b2a62024358ce?s=47 igakeso
May 16, 2019
310

 healthcareuxdesign#2

5efccbfb96707334563b2a62024358ce?s=128

igakeso

May 16, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    五十嵐健祐(いがらしけんすけ) アプリ開発 心房細動検出アプリ 「ハートリズム」 オンライン診療受付 アプリ「お茶の水内科」 応急救護支援アプリ 「ハートレスキュー」 睡眠時無呼吸検出アプリ 「イビキー」

    なんちゃってキュ レーションメディア 「ちょきたれスタジ アム」中の人 音声アシスタント 「禁煙予約ちゃん」 診察券機能付き ウォーキングアプリ 「おちゃないGO」 慶應義塾大学医学部卒、循環器内科医 お茶の水循環器内科院長 医療法人社団お茶会理事長 デジタルハリウッド校医 デジタルハリウッド大学院専任准教授 デジタルヘルスラボ運営 神保町路地裏 スナックあさこ 共同オーナー
  2. 13.

    医薬品等で解決出来ること =内科学的 医療機器や手術で解決出来ること =外科学的 上記2つのみでは十分に解決出来ないこと =社会学的 =デジタルヘルスの存在意義 今までの医学、医療の発展は、主に、医薬品と医療機器の進歩によるところが大きい。 現在とこれからの未来という中長期的視点で、医療、ヘルスケアにおける課題を整理してみ た時に、内科学的アプローチ、外科学的アプローチの2つでは十分に解決出来ないことに直

    面しているのではないか。 例えば、糖尿病患者の治療中断をいかに防ぐかを解決したい場合に、これからは、クリエイ ティブ、エンターテイメント、コミュニケーション、デザイン、ゲーミフィケーション等、 多分野の知見を活かしていく姿勢が大切ではないか。 我々デジタルヘルスラボは、これらのデジタルテクノロジーとクリエイティビティを武器に、 医療、ヘルスケアの課題を解決していくことを目指している。 医療、ヘルスケアにおける解決したい課題 なぜ今デジタルヘルスなのか?
  3. 14.

    デジタルヘルスラボ関連施設(2019年春現在) 医療法人社団お茶会 お茶の水循環器内科 秋葉原内科saveクリニック ホスピタリティワン 訪問看護ステーション 医療法人社団新潮会 足立慶友リハビリテーション病院 足立慶友整形外科 薬局お茶の水ファーマシー

    医療法人社団三昧耶会 ゆげ耳鼻咽喉科 どい耳鼻咽喉科 医療法人社団一仁会 日本橋インプラントセンター あかばね腎臓内科(仮称) 市川真間駅前歯科(仮称) あずかるこちゃん みぞひろ経由で色々