VeeValidate 3

C9a975aa71aa1b91ca45c7eccffab4db?s=47 igayamaguchi
December 23, 2019

VeeValidate 3

C9a975aa71aa1b91ca45c7eccffab4db?s=128

igayamaguchi

December 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. VeeValidate 3 @igayamaguchi 2019/12/23 Roppongi.vue #4

  2. 自己紹介 ・Twitter: @igayamaguchi ・一休 宿泊事業本部 UI/UXチームで フロントエンド寄りのエンジニア ・業務でVue.jsずっと触ってます ・漫画好き、最近はマガジンが熱い ・VTuberとか好き

  3. VeeValidate Template Based Validation Framework for Vue.js Vueのバリデーションライブラリ コンポーネントの組み合わせでバリデーションができる 今日は3の使い方を紹介

  4. VeeValidate 3 2019/8/24リリース

  5. 1年半越しのアップデート ・2.0.0 2017/12/28 ・3.0.0 2019/8/24 ・3.2.0 2019/12/14 ← 最新

  6. VeeValidateを使う やることは3つだけ ・バリデーションルールの設定 ・コンポーネントの使用 ・コンポーネントから提供されるメソッドの使用 import { extend, localize }

    from 'vee-validate'; import ja from 'vee-validate/dist/locale/ja.json'; import { required } from 'vee-validate/dist/rules'; localize({ ja }); localize('ja'); extend('required', required); <validation-provider name="名" rules="required|alpha|max:10" v-slot="{ errors }" > <label> <input type="text" v-model="firstName" name="first-name"> </label> <p v-if="errors[0]">{{ errors[0] }}</p> </validation-provider>
  7. 初期設定 最低限必要なのはバリデーションルールの設定のみ vee-validate/dist/rulesに基本的なバリデーションは用意されている import { localize, extend } from 'vee-validate';

    import ja from 'vee-validate/dist/locale/ja.json'; import { required, alpha, max } from 'vee-validate/dist/rules'; localize({ ja }); localize('ja'); extend('required', required); extend('alpha', alpha); extend('max', max);
  8. カスタムルール extendの第一引数にルール名 第二引数にvalidate(検証)、message(エラーメッセージ)を定義したオブジェクト import { extend } from 'vee-validate'; import

    hoge from './Validations/hoge'; extend('hoge', { validate: value => { /* 値を検証して真偽値を返す */ }, message: '{_field_}の形式が正しくありません。', });
  9. ValidationProvider バージョン2.1で実装されたコンポーネント このコンポーネントを用いてバリデーションを行う inputに設定された v-modelを監視してくれる 検証結果等がスロットプロパティ として提供される <validation-provider name="名" rules="required|alpha|max:10"

    v-slot="{ errors }" > <label> <input type="text" v-model="firstName" name="first-name"> </label> <p v-if="errors[0]">{{ errors[0] }}</p> </validation-provider>
  10. スロットプロパティにエラーメッセージの配列 スロットプロパティのerrorsにエラーメッセージが格納される デフォルトは最初に引っかかったエラーメッセージのみ 設定によって途中で検証を止めるか止めないかを設定できる import { configure } from 'vee-validate';

    configure({ bails: false }); <validation-provider name="名" rules="required|alpha|max:10" v-slot="{ errors }" :bails="false" > [ "名はアルファベットのみ使用できます" ]
  11. ValidationObserver バージョン2.1で実装されたコンポーネント 内部にネストされた全てのフィールドのエラーメッセージをまとめてくれる <validation-observer ref="validationObserver"> <validation-provider rules="required"> <input type="text" v-model="hoge">

    </validation-provider> <validation-provider rules="required"> <input type="text" v-model="fuga"> </validation-provider> </validation-observer> methods: { submit() { const isValid = this.$refs.validationObserver.validate(); if (isValid) { return; } // 後続処理 } }
  12. VeeValidateを使わなかったら? watch: { firstName(value) { const errors = []; if

    (!value || value.length === 0) { errors.push('名は必須です'); } if (!/^[A-Z]*$/i.test(value)) { errors.push('名はアルファベットのみでご入力ください'); } if (value.length > 10) { errors.push('名は10文字まででご入力ください'); } this.firstNameError = errors[0] ? errors[0] : ''; }, } submit() { if (!this.firstNameError && !this.lastNameError) { return; } // 後続処理 }
  13. バージョン2から変わったこと パフォーマンス向上、ファイルサイズの削減 多くの破壊的変更 v-validateの廃止、data-vv-asの廃止、$validatorプロパティの廃止...etc 新機能というよりは仕様が大きく変わっている 詳しくは技術ブログで https://user-first.ikyu.co.jp/entry/2019/12/03/000000