Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Former2でコード生成してGUIポチポチ卒業の第一歩を / Generate code with Former2 and take the first step to graduate from GUI operation.

Former2でコード生成してGUIポチポチ卒業の第一歩を / Generate code with Former2 and take the first step to graduate from GUI operation.

Talked at "AKIBA.AWS ONLINE #03 -IaC を語りたい 編- #AKIBAAWS"

107ea34bd4da51e40f1c30b9ca0c459e?s=128

inomaso

May 20, 2021
Tweet

Transcript

  1. Former2でコード生成して GUIポチポチ卒業の第一歩を
 2021/5/18(火)
 AWS事業本部コンサルティング部 猪股翔 
 1

  2. 2 自己紹介 猪股 翔(inomaso) • 2021年1月入社 (元金融系SIer) • AWS事業本部コンサルティング部 •

    好きなAWSサービス ◦ AWS Certificate Manager ◦ AWS Chatbot • 好きなIaCツール ◦ Terraform @inomasosan
  3. 3 本LTは… 想定聴講者 • 手作業の環境構築に疲弊を感じている • IaCに興味はあるが導入に二の足を踏んでいる • 構築済みのAWS既存環境がある ゴール

    • Former2で既存環境からのコード生成方法がわかる • GUIポチポチ卒業のヒントを得る
  4. 4 ところで IaC is 何?

  5. 5 軽くおさらい • Infrastructure as Code(IaC)は、インフラをコードで記述すること • IaCの歴史を紐解くと、最初はシステム管理の自動化のみが焦点 • Amazon

    EC2のようなAPIでプログラマブルに扱えるIaaSの普及 • IaaSを扱うTerraformやCloudFormation、CDK等のツールやコンテナの 普及によりプラットフォームまで対象領域が拡大 Infrastructure as Codeのこれまでとこれから /Infra Study Meetup #1 https://speakerdeck.com/mizzy/infra-study-meetup-number-1
  6. 6 本日の主役 Former2とは?

  7. 7 Former2とは • ブラウザベースのWebサービス • サードパーティ製でAWS JavaScript SDKを使用 • AWSの認証情報を使用して、既存リソース情報を取得しコード出力

    • アウトプット形式 ◦ CloudFormation ◦ Terraform ◦ Troposphere ◦ CDK (Cfn Primitives) - TypeScript, Python, Java, C# ◦ CDK for Terraform - TypeScript ◦ Pulumi - TypeScript ◦ Diagram - embedded version of draw.io
  8. 8 Former2ダッシュボード

  9. 9 Former2セットアップ 1. Former2のWebサイトにアクセス 2. Former2 Helperブラウザ拡張機能のインストール 3. ReadOnlyAccessのIAMロールか、IAMユーザを準備 4.

    IAMのアクセスキー、シークレットキーを入力 5. (オプション) CloudFormationのスタックパラメータ設定が必要な 場合は設定 6. AWSアカウントに対するスキャン実行
  10. 10 ちょっと気になった ん?

  11. 11 Former2セットアップ 1. Former2のWebサイトにアクセス 2. Former2 Helperブラウザ拡張機能のインストール 3. ReadOnlyAccessのIAMロールか、IAMユーザを準備 4.

    IAMのアクセスキー、シークレットキーを入力 5. (オプション) CloudFormationのスタックパラメータ設定が必要な 場合は設定 6. AWSアカウントに対するスキャン実行 IAMの認証情報を、サード パーティ製のサイトに入 力って大丈夫?
  12. 12 ちょっと調べてみた AWS Open Source Blogで、Former2に関する記事を発見 https://aws.amazon.com/jp/blogs/opensource/accelerate-infrastructure-as-code-development-with-open-source-former2/

  13. 13 AWS Open Source Blog には ブログの以下抜粋部分より、Former2は認証情報をAWS APIのエ ンドポイント以外の外部サーバには決して送信しないよう設計さ れていることがわかった

  14. 14 とはいえ インターネット上のサイトに 認証情報を入力するのに 抵抗が…

  15. 15 実は Dockerでローカル環境に Webサイトをホスト可能

  16. 16 ローカル環境でFormer2のコンテナ起動 • Gitでリポジトリをローカルに複製 • 複製したリポジトリのディレクトリに移動し、コンテナ起動 % git clone https://github.com/iann0036/former2.git

    % docker-compose up -d Creating network "former2_default" with the default driver Creating former2_former2_1 ... done Former2のローカルホスティング https://github.com/iann0036/former2/blob/master/HOSTING.md
  17. 17 ローカル環境のWebサイトにアクセス Chrome等のURLに127.0.0.1:80でアクセスすると、Former2のダッ シュボードが表示されます。

  18. 18 Former2セットアップの詳細はこちらを参考に https://dev.classmethod.jp/articles/former2/

  19. 19 既存AWSリソースのコード化 EC2のコード出力

  20. 20 EC2のコード出力(Terraform) ダッシュボードからEC2をクリック

  21. 21 EC2のコード出力(Terraform) コード化したいEC2にチェックを入れ、Add Selectedをクリック

  22. 22 EC2のコード出力(Terraform) Generateボタンをクリック

  23. 23 EC2のコード出力(Terraform) Default Outputに指定したTerraformのコードが自動生成される

  24. 24 EC2のコード出力(CloudFormation) CloudFormationテンプレートの場合はこちら

  25. 25 自動生成されたコードの考慮点 コードの再利用は 考慮が必要

  26. 26 自動生成されたコードの考慮点 Terraformでの一例

  27. 27 リソースID指定(Before) • リソースIDがそのまま出力される • AWSリソースIDはハイフンと英数字の一意の組み合わせ • 新環境を作成したい場合は考慮が必要

  28. 28 リソースID指定(After) • VPCやサブネット、セキュリティグループを新規作成する場合は 「リソースの種類.任意のリソース名.id」で指定する resource "aws_instance" "EC2Instance" { ami

    = "ami-0ca38c7440de1749a" instance_type = "t3.micro" key_name = "aws-ssh-key" availability_zone = "ap-northeast-1a" tenancy = "default" subnet_id = aws_subnet.sub_app_1a.id ebs_optimized = true vpc_security_group_ids = [ aws_security_group.ec2.id ]
  29. 29 IAMポリシー(Before) • IAMポリシーが直書きで出力される • 共通のIAMポリシーを利用する場合に、運用が煩雑化

  30. 30 IAMポリシー(After) • JSON形式でIAMポリシードキュメントを作成 data "aws_iam_policy_document" "vpc_endpoint" { statement {

    effect = "Allow" actions = [ "*" ] resources = [ "*" ] principals { type = "AWS" identifiers = [ "*" ] } } }
  31. 31 IAMポリシー(After) • IAMポリシーは先ほど作成したポリシードキュメントを指定 resource "aws_vpc_endpoint" "ssm" { vpc_endpoint_type =

    "Interface" vpc_id = aws_vpc.vpc.id service_name = "com.amazonaws.ap-northeast-1.ssm" policy = data.aws_iam_policy_document.vpc_endpoint.json IAMポリシーのリファクタリング https://learn.hashicorp.com/tutorials/terraform/aws-iam-policy セッションマネージャーを使用してプライベートサブネットのLinux用EC2にアクセス(VPCエンドポイント編) https://dev.classmethod.jp/articles/terraform-session-manager-linux-ec2-vpcendpoint/
  32. 32 CloudFormationでの改善例 https://speakerdeck.com/yokoyan/infrastructure-as-code-starting-from-scratch

  33. 33 まとめ Former2≠銀の弾丸

  34. 34 まとめ Former2は、まずは小規模な 環境からIaCを始めたり、検証 環境をとりあえずコード化する のに便利

  35. 35 本セッションは… 想定聴講者 • 手作業の環境構築に疲弊を感じている • IaCに興味はあるが導入に二の足を踏んでいる • 構築済みのAWS既存環境がある ゴール

    • Former2で既存環境からのコード生成方法がわかる • GUIポチポチ卒業のヒントを得る
  36. 36