Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Visual Studio Codeのタスク機能の使い方

Visual Studio Codeのタスク機能の使い方

Visual Studio Codeでタスク機能の使い方を補足資料的に作成したものです

Ishimoto Tatsuya

January 12, 2023
Tweet

More Decks by Ishimoto Tatsuya

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Visual Studio Codeの タスク機能の使い方 日本仮想化技術株式会社 VirtualTech.jp 2023/01/12 1

  2. 概要 • 公式ドキュメントはこちら • Visual Studio Codeが標準で提供している機能の1つ • ターミナル上でビルドやパッケージ化などのコマンドを実行しているタスクの自動化向き •

    tasks.jsonファイルに自動化のシナリオを書く • コマンドパレットからタスクを実行して呼び出す • 複数のタスクを連鎖的に実行できる • 画面上から入力を受け取ってコマンドに引数として渡すことも可能 2
  3. tasks.jsonファイルの作り方 3

  4. 4 ① ⌘ Command + ⇧ Shift + Pを押下してコマンドパレットを表示 ②「task」と入力して検索

    ③ 「タスク:タスクの構成」をクリック
  5. 5 「テンプレートからtasks.jsonを生成」をクリック

  6. 6 「Others 任意の外部...」をクリック

  7. 7 プロジェクトのルートディレクトリに .vscode/tasks.jsonが作成される

  8. タスクの実行方法 8

  9. 9 ① ⌘ Command + Pを実行してファイル検索を表示 ② 「task」と入力してスペースを押下 ③ 「echo」をクリック

  10. 10 「タスクの出力をスキャンせずに続行」をクリック