blockchain_kyoto_14

 blockchain_kyoto_14

6d1d48f0ae39e58393bc2d7b6ac95bdc?s=128

いっしー

April 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. Blockchain Kyoto #14 ʙCosmos & Polkadotʙ 2019೥04݄25೔ @גࣜձࣾS-fleage

  2. ੴ໺ ൏ޔʢishino shungoʣ ϑϦʔϥϯεWEBΤϯδχΞ ࣗݾ঺հ

  3. • スケーラビリティ問題 • チェーンが乱立し、連携できない • 通貨の取引に集権的な取引所が必要 ϒϩοΫνΣʔϯͷ՝୊

  4. • Interoperability(相互運用性) • 異なるブロックチェーン間でデータをやりとり。 • scalability、speed、extensibilityが増加する。 • Cosmos、Polkadot、Wanchain、AION、 … ΫϩενΣʔϯ

  5. • 開発はAll In Bits Inc? dba Tendermint Inc? • Tendermintを基盤にしている

    • 2019年3月にメインネットローンチ完了 • ATOMトークン • Cosmos SDK Cosmos
  6. Cosmos

  7. Cosmos Network

  8. Cosmos SDK • アプリケーション固有の独自チェーンを作れる • コンセンサスとネットワーク部分は意識しなくていい • Golang • Cosmos

    Hubに接続して他のチェーンと通信できる
  9. • 開発はParity、Web3 Foundation • 2019年末にメインネットローンチ予定 • Substrate • DOTトークン Polkadot

  10. Polkadot Network

  11. Polkadot Network

  12. Substrate • 独自チェーンを作れる • Rust • コアはWebAssemblyのランタイムを持っている • Relay Chainに接続できる

  13. ͍ͭ࢖͏ʁ • スマコンはプラットフォームの制約を受ける • 独自の設計をしたい場合に簡単にブロックチェーンを 作成できる

  14. ·ͱΊ ・Interoperabilityを高めるクロスチェーン ・注目のプロジェクトはCosmosとPolkadot ・独自チェーンを作成できるフレームワーク