Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

(3月17日)働き方・キャリアイメージ資料【@cosmeをハックせよ】

istyle Inc.
March 31, 2022
450

 (3月17日)働き方・キャリアイメージ資料【@cosmeをハックせよ】

istyle Inc.

March 31, 2022
Tweet

Transcript

  1. 名前:坂口 良次(さかぐち りょうじ) 
 出身地:神戸
 所属:ブランドソリューション5部 部長 
 業務:業務マネジメント(部内目標設定/環境改善/戦略立案) 
    人材マネジメント(育成)

    
    リスクマネジメント(トラブル対応や予防) 
 社歴:中途入社6年目
 2017年 中途入社 アイスタイルビューティソリューションズ 関西営業部 大阪02G配属
 2017年 サロンプラットフォーム推進部 関西エリアG チーフ登用
 2019年 サロンパートナー部 関西グループ マネージャー登用
 2020年 ブランドオフィシャル本部 パートナーセールス部 戦略セールスG マネージャー
 2020年 ブランド事業本部 ブランドパートナー部 第3グループ マネージャー
 2021年 ブランドコミュニケーション本部 ブランドソリューション5部 部長登用
 2022年 現在に至る 
 仕事の際に心がけていること 
 対話を大切にし相互理解と双方納得する合意形成 
 自己紹介
 簡名前:坂口 良次
 出身地:神戸
 所属:ブランドソリューション5部 部長
 業務:業務マネジメント(部内目標設定/環境改善/戦略立案)
    人材マネジメント(育成)
    リスクマネジメント(トラブル対応や予防)
 社歴:中途入社6年目
 2017年 中途入社 アイスタイルビューティソリューションズ 関西営業部 大阪02G配属
 2017年 サロンプラットフォーム推進部 関西エリアG チーフ登用
 2019年 サロンパートナー部 関西グループ マネージャー登用
 2020年 ブランドオフィシャル本部 パートナーセールス部 戦略セールスG マネージャー
 2020年 ブランド事業本部 ブランドパートナー部 第3グループ マネージャー
 2021年 ブランドコミュニケーション本部 ブランドソリューション5部 部長登用
 2022年 現在に至る 
 仕事の際に心がけていること
 対話を大切にし相互理解と双方納得する合意形成

  2. 自己紹介
 名前:青木 強(あおき つとむ) 
 出身地:横浜
 所属:ブランドソリューション4部 部長 
 業務:同上
 社内横断PJT推進(21年Beauty

    Day) 
 社歴:新卒入社9年目
 2013年 新卒入社 クライアント直営業部門配属
 2015年 代理店営業部門に異動(その後直/代理店営業部門は統合)
 2017年 マーケティングプランニング部 第1G チーフ
 2019年 オンプラットフォームセグメント 統括ディレクター(クライアント専任)
 2020年 ブランド事業本部 戦略パートナー部 第2グループ マネージャー
 2021年 ブランドコミュニケーション本部 ブランドソリューション4部 部長
 2022年 現在に至る 
 
 最近ハマっていること
 ウクレレ・キャンプ

  3. Work Style ~1日の流れ~ case.1
 9:30
 10:15
 11:00
 12:30
 13:30
 15:30
 17:00


    19:00
 出社/メール確認/数字進捗確認 
 朝礼
 商談事前確認
 昼食
 商談①ブランドオフィシャル新規獲得 
 商談②ブランドオフィシャル既存フォロー 
 週次営業ヨミMTG
 退社
 出社/メール確認/数字進捗確認 
 受信メールの確認と対応と昨日時点での自分の目標数字進捗確認をセール スフォースで確認し今日のTODO確認をします。
 
 商談事前確認
 商談①にあたり、MGRと一緒に、最終資料確認を行います。ブランドオフィ シャル導入すべき理由がクライアントの目的と合っているのかを中心に事前 ロープレをします。
 
 
 
 商談①ブランドオフィシャル新規獲得 
 ブランドオフィシャルの導入目的や導入後の未来をしっかりとクライアントとグ リップを握りブランドオフィシャルでできること・優先順位高く活用して頂くポイ ントをお話していき、クライアントからの質疑応答を的確にして導入前の不安 要素を払拭させます。
 
 
 
 週次営業ヨミMTG
 1週間の営業活動(定性・定量)を部内全体MTGで確認し、自身の営業進捗 状況や部内の営業進捗も把握し、自身他者のGOODトピックスやBADトピック スも共有し次週の営業活動のヒントと今自身が抱えている不明点や課題点 を払拭するMTGになっています。
 

  4. Work Style ~1日の流れ~ case.1
 出社/メール確認/数字進捗確認 
 受信メールの確認と対応と昨日時点での自分の目標数字進捗確認をセールスフォースで確認し今日のTODO確認をします。 
 
 商談事前確認
 商談①にあたり、MGRと一緒に、最終資料確認を行います。

    
 ブランドオフィシャル導入すべき理由がクライアントの目的と合っているのかを中心に事前ロープレをします。 
 
 
 
 ブランドソリューション部では営業支援ツールとしてセールスフォースを導入しています。 
 営業活動や受注・失注を管理し、商談中のお客様が「今どういう状態なのか」をセールスフォースで管理 
 営業課題であった商談の進捗状況が「見える化」し、個別案件はもちろんのこと全体像の把握も 
 リアルタイムで行えます。営業活動で収集したデーターからメンバー個人の新たな営業戦術考案の材料であったり、 
 部内営業戦略考案のデーターとして活用しています。 
 
 
 クライントと対峙する中でクライアントのなりたい姿と現状のGAP(課題)を早く高く成し遂げていけるように、クライントと課題解 決(目的)に向けて伴走しています。クライアントからヒアリングした内容を深堀り、 
 その背景を知り仮説立てを行いながら目的達成のためにアイスタイルのアセットを用いて戦略・戦術を提案していきます。その ため、目的がずれていないか?その目的を早く高く達成するために最適な戦略・戦術が用意されているかを事前ロープレを行 い確認しながら本商談を迎えます。 
 
 

  5. Work Style ~1日の流れ~ case.1
 商談①
 ブランドオフィシャルの導入目的や導入後の未来をしっかりとクライアントとグリップを握りブランドオフィシャルでできること・優先順位高く活用して頂くポイン トをお話していき、クライアントからの質疑応答を的確にして導入前の不安要素を払拭させます。 
 
 
 


    週次営業ヨミMTG
 1週間の営業活動(定性・定量)を部内全体MTGで確認し、自身の営業進捗状況や部内の営業進捗も把握し、自身他者のGOODトピックスやBADトピックス も共有し次週の営業活動のヒントと今自身が抱えている不明点や課題点を払拭するMTGになっています。 
 
 
 
 
 クライント課題解決案がブランドオフィシャルのできることを提案書の中でリンクさせ、 
 さらにプローモーション提案をすることで課題解決にかかるスピードが早まる事も盛り込んだ提案をします。 
 また『売る』だけではなく、導入後の定例会(データーを元にした仮説検証やユーザー分析)の 
 レポート等も説明し、継続的なお付き合い(信頼構築の醸成)を実施していく事も伝えています。 
 
 
 
 週次営業ヨミMTGでは、個人目標の達成度の確認と営業活動においてのボトルネックを払拭することを 
 目的にメンバー全員が発言の機会を持っており、相談や生産性高く活動するためのポイント等を 
 インプット&アウトプットする場が週次で設定されています。当事者意識高く且つ主体性をもち、 
 メンバー全員がポジティブなマインドセットをしています。 
 

  6. 商談①shopping企画提案
 Work Style ~1日の流れ~ case.2
 10:00
 10:15
 11:00
 12:30
 13:30
 15:30


    17:00
 19:00
 在宅勤務開始/メール確認 
 TODO/進捗確認MTG 
 社内連携MTG(新ブランドの先行発売に向けて) 
 昼食
 商談②プラットフォーム活用提案 
 効果検証レポート作成 
 終業
 社内連携MTG(新ブランドの先行発売に向けて) 
 @cosmeだけでなくEC/店舗でのお取引もあるクライアントに向けて
 複合的な提案をしていく際は、社内外のステークホルダーがうまく連携できる よう、まずは社内関係者との目線あわせを行います。
 商談①shopping企画提案
 12月のスペシャルイベント"@cosme Beauty Day"のご提案。
 広告プロモーションの提案だけでなく、istyleのプラットフォームをよりよく活用 していただくためにあらゆるご提案をします。
 商談②プラットフォーム活用提案
 istyleが抱えるデータベースの価値やプラットフォームとしてクライアントと目 指せる姿を共有することで、「istyle=@cosme(クチコミサイト)」 というクライアントの パーセプションチェンジを図ります。
 効果検証レポート作成 1施策の広告効果だけではなく、EC/店舗や@cosmeならではのクチコミ、その 波及効果など、プラットフォーム視点での効果検証を行い、様々な角度から 打ち手を提案します。
 
 

  7. Work Style ~1日の流れ~ case.2
 社内連携MTG(新ブランドの先行発売に向けて) 
 @cosmeだけでなくEC/店舗でのお取引もあるクライアントに向けて複合的な提案をしていく際は、 
 社内外のステークホルダーがうまく連携できるよう、まずは社内関係者との目線あわせを行います。 
 


    
 
 商談①shopping企画提案 
 12月のスペシャルイベント"@cosme Beauty Day"のご提案。 
 広告プロモーションの提案だけでなく、istyleのプラットフォームをよりよく活用していただくためにあらゆるご提案をします。 
 
 
 
 
 
 istyleのアセットをフル活用したご提案をしていくために、部門の垣根を超えた情報交換と 
 連携が非常に重要です。単なる広告プロモーションと売り場の連携だけでなく、直近では 
 新製品の発売に先駆けた@cosme shoppingでの先行販売なども実績として増えてきました。 
 流通・販促施策を絡めたコミュニケーション設計を行うことで、 
 web上のプロモーションだけでは叶えられないブランド貢献が可能です。 
 ブランド向き合いの”istyleの顔”として、EC企画/店舗企画/編集企画等あらゆる 
 情報をキャッチアップし、クライアントにご案内します。昨年4回目の実施となりました"@cosme Beauty Day"も一見スポットのEC企画に見えるかもしれませんが、 
 ブランドからユーザーに向けた@cosme上での事前のコミュニケーション・プロモーション・販売戦略な ど、社内は勿論クライアントも含めあらゆる関係者が一つの目標を目指すビッグイベントになっていま す。
 また、21年は約11億3000万円の売上を記録しましたが、11億円売れたという事実だけでなく11億円分 の購買データを得られた施策でもあり、データを基にどのような価値をブランド・ユーザーに還元できる かが重要なポイントになります。 

  8. Work Style ~1日の流れ~ case.2
 商談②プラットフォーム活用提案 
 istyleが抱えるデータベースの価値、プラットフォームとしてクライアントと目指せる姿を共有することで、「istyle=@cosme(クチコミサイト)」というクライアントの パーセプションチェンジを図ります。 
 
 


    
 効果検証レポート作成
 
 
 1施策の広告効果だけではなく、EC/店舗や@cosmeならではのクチコミ、その波及効果など、プラットフォーム視点での効果検証を行い、様々な角度から打 ち手を提案します。
 
 
 
 
 
 
 
 まだまだistyleを@cosmeというクチコミメディアとしてしか認識していないブランドが 
 沢山いるのも事実…プラットフォームとしての価値を啓蒙し続けることで、istyleへの期待感を高め、より発 展的なお取組みができるよう日々コミュニケーションを取っています。 
 認知・検討・体験・購入のカスタマージャ―二―が1つのプラットフォームで実現しており、可視化できること。 また、体験・購入後のクチコミがまた新しい認知に繋がり、顧客体験がサイクルになっていることがistyleの 大きな強みです。
 施策のレポートに関してもPVやクリックなどの「面」としての効果だけでなく、購入にどう繋がっているのか? 購入者からのクチコミはどれだけ投稿されているのか?そのクチコミを見た人がどれくらいいて、その内何 人が購入に至ったのか?など、サイクルを可視化したistyleならではの効果検証を基にお取組みの価値と次 の打ち手を提案します。