Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

全ては Fearless Change から学んだ,開発組織の変革を支えた実践的アプローチ / Approaches of Organizational Reformation

全ては Fearless Change から学んだ,開発組織の変革を支えた実践的アプローチ / Approaches of Organizational Reformation

XP 祭り 2017
http://xpjug.com/xp2017/

XP 祭り 2017 で「Fearless Change を活用した組織変革」をテーマに発表してきた
http://kakakakakku.hatenablog.com/entry/2017/09/16/154939

Yoshiaki Yoshida

September 16, 2017
Tweet

More Decks by Yoshiaki Yoshida

Other Decks in Technology

Transcript

  1. \全ては Fearless Change から学んだ/
    開発組織の変革を支えた実践的アプローチ
    2017.09.16
    吉田 慶章 @kakakakakku

    View full-size slide

  2. 吉田 慶章 @kakakakakku
    - Makuake : CyberAgent Crowd Funding, Inc.
    - 約2年前に JOIN (社内異動)
    - 責任範囲
    - インフラ / サーバサイド
    - エンジニアリングマネージャー / スクラムマスター (CSM)
    - 技術広報 兼任はアンチパターンでしょ!
    って言われそう

    View full-size slide

  3. 吉田 慶章 @kakakakakku
    - 趣味
    - 技術ブログを毎週書くこと
    - http://kakakakakku.hatenablog.com/
    - 副業
    - プログラミング講師
    - 「教える」ことが大好き!

    View full-size slide

  4. omoiyari.fm で「組織変革」と「寝不足」の話をしました(笑)
    http://lean-agile.fm/episode/22

    View full-size slide

  5. Fearless Change
    = 組織変革のバイブル

    View full-size slide

  6. - 新しい技術に挑戦できない
    - ツール導入など, アイデアが浸透しない
    - 前向きに着手するものの, すぐ頓挫してしまう
    - 障害対応ばかりで疲弊している
    - なんとなーく, チームの雰囲気が悪い
    - 頑張ってるのに, 全然評価されない
    共感できるものはありますか?

    View full-size slide

  7. Fearless Change を
    実践したアプローチを紹介✌

    View full-size slide

  8. パターン14. 達人を味方に
    Guru on Your Side

    View full-size slide

  9. 新しい技術に挑戦できない
    導入してもすぐ技術的負債になってしまう
    また失敗しそう
    なんて, 経験ありませんか?

    View full-size slide

  10. 達人に相談する
    - 新しい技術に挑戦する場合, 達人 ( ≒ 経験者 ) に相談すると良い
    - 相談をすることによって「ナイーブな技術的負債」を抑制できる
    - 例えば

    - 会社内の別プロダクトのテックリードに相談したり
    - 勉強会などで知り合ったエンジニアに相談したり
    - 技術顧問に相談したり (もしいるなら)
    - 僕のチームでは AWS, Golang を達人に相談しながら設計, 開発している

    View full-size slide

  11. 達人は身近にいる
    - OSS のライブラリで困ったときは GitHub Issue に書いてみる
    - 最近だと Gitter で気軽に質問できるので便利!
    - 実際に Redash, Elastica などで, お世話になった
    - コミュニティフォーラム, 公式サポート, テクニカルサポートにも相談できる
    - AWS, Mackerel, CircleCI, Elasticsearch など
    - 「質問することは誇らしいこと」
    - 恥ずかしい, なんて絶対に思わないで!

    View full-size slide

  12. 達人を開発合宿に呼ぶ
    - 達人を開発合宿に呼ぶことで, 成功体験を飛躍させることができた

    - 技術レビュー, アドバイスをしてもらったり
    - 雑談を通して, 課題の本質に気付けたり
    - 話したり, 質問をすることによって, 考えがまとまることも多い
    - これを「オートクライン」を呼ぶ
    - ラバーダッキングも似たような効果がある

    View full-size slide

  13. パターン6. 協力を求める
    Ask for Help
    パターン20. 個人的な接触
    Personal Touch

    View full-size slide

  14. アンチパターン
    - 考え抜いたアイデアを, 事前共有なく全体ミーティングで提案してしまう
    - ドヤ顔で

    - 個人的には「ビックバンアイデア提案」と呼んでいる
    - 提案する勇気は素晴らしい

    - そもそも, チームに心理的安全がなかったら, 提案すらできない
    - 全体ミーティングにいる人数が多ければ多いほど, 意見は出なくなる
    - 「反応なし」って「賛成なの?」もしくは「反対なの?」

    View full-size slide

  15. 意識してること
    - 提案する前に, 各領域のキーマンにカジュアルに話しておく
    - 「雑談のような質問」を意識する
    - 「どう思いますー?」「気になるところありますー?」
    - 「この部分わからなくて, 調べてもらえませんー?」
    - 協力を求められると誰でも嬉しいし, 助けたくなる心理が働く

    - よくある勘違い
    - 必ずしも「全員合意」か「過半数合意」である必要はない
    \超重要/

    View full-size slide

  16. How to start a movement
    https://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement
    重要なのはフォロワー(2人目)

    View full-size slide

  17. 44 engineering management lessons
    http://www.defmacro.org/2014/10/03/engman.html
    Lesson 25. に「エンジニアリングマネージャーがすぐ
    に判断するのではなく, メンバーの意見が聞こえてくる
    まで待つことが重要」と書かれている
    自分のアイデアだったとしても,
    メンバー (フォロワー) から +α で提案してもらえると良い

    View full-size slide

  18. パターン28. 経営層の支持者
    Corporate Angel

    View full-size slide

  19. DevOps is a way of
    thinking and a way of
    working.

    View full-size slide

  20. DevOps は文化であるはずなのに
    - 経営層が全員非エンジニア & CTO 不在
    - 何を伝えるにしても共通言語がなく, 高コストなコミュニケーションになる
    - 価値観の相違により, 伝わらなかったことも多々あった
    - 「なぜ DevOps なのか?」
    - 「なぜ技術的負債と向き合う必要があるのか?」
    - UI/UX などと違って DevOps は特に理解されにくい

    View full-size slide

  21. 経営層に
    エンジニアリングを知ってもらおう
    ターゲット : 子会社:社長

    View full-size slide

  22. 社内勉強会 に必須で参加してもらった
    技術系のブログ記事 を大量に読んでもらった
    技術系のポッドキャスト を聞いてもらった
    重要なのはフィードバックをすること
    「質問ありますかー?」「どうでしたかー?」

    View full-size slide

  23. 社長にプログラミング入門書を買って
    写経 してもらった
    プログラミング / デバッグの難しさを体験してもらえた
    ( js 動かないぞ? )

    View full-size slide

  24. アニメ好きな社長を惹き付ける
    「ソードアート・オンライン」

    View full-size slide

  25. アニメ好きな社長を惹き付ける
    「ソードアート・オンライン」
    実は「数ページ SAO の挿絵」が入ってるだけで,
    残りのページはガチのプログラミング本

    View full-size slide

  26. エンジニアリングを知ってもらえた結果
    - 経営層と価値観を共有できる状態になった
    - DevOps の価値とは?
    - 技術的負債と向き合う必要性とは?
    - なぜ, 問題なく動いているミドルウェアをバージョンアップするのか?
    - 「エンジニアがどんなことに興味があり, 熱狂し, 成長実感を得るのか」
    - 当たり前だけど, 経営層も知りたがっている

    View full-size slide

  27. 成功体験を繰り返すことで
    「信頼残高」を増やす
    「何を言うか」ではなく「誰が言うか」

    View full-size slide

  28. パターン32. 体験談の共有
    Hometown Story
    パターン41. 勢いの持続
    Sustained Momentum

    View full-size slide

  29. 積極的にアウトプットする
    - アイデアを実現することが, 開発組織にとって正義となる文化を根付かせる
    - 次も頑張ろう!という雰囲気になる
    - また同じ悩みを抱えている人のためにもなる
    - ノウハウを横展開し「成功してる感」を演出する
    - そのためには, アウトプットが必須
    - 良かったポイント, 苦労ポイント, などなど

    View full-size slide

  30. 技術広報
    - 2016年11月から「技術広報」を兼任している
    - 任務 : 成功体験を毎月アウトプットすること
    - 現在「11ヶ月連続達成中 (2017年9月時点)」
    - 会社ブログに記事を公開したり
    - 勉強会に登壇したり
    - 社内の技術イベントを企画したり

    View full-size slide

  31. 最近は登壇をメインに
    - 7/05 : AWS Solution Days 2017 登壇
    - 7/21 : JAWS-UG コンテナ支部 登壇
    - 8/27 : July Tech Festa 2017 登壇
    - 9/08 : CROSS 2017 登壇
    - 9/11 : CA.io 登壇
    - 9/16 : XP 祭り 2017 登壇 ← 今日ココ
    \プレゼン芸人/

    View full-size slide

  32. 常にアウトプットを意識して
    「勢いのあるチーム感」を演出しよう

    View full-size slide

  33. Fearless Change
    = 組織変革のバイブル

    View full-size slide

  34. Fearless Change を読んで学んだ
    アプローチを実践することで
    開発組織の変革に繋がった✌

    View full-size slide

  35. @kakakakakku
    Mentor
    パターン37. メンター
    DevOps, 組織マネジメント, 登壇依頼などなど,
    気軽にご相談くださいませー

    View full-size slide

  36. 「経営層を巻き込まないと開発組織は変わらない」
    https://developers.cyberagent.co.jp/blog/archives/4900/

    View full-size slide