Node-RED でつなぐWatson

Node-RED でつなぐWatson

Node-RED をつかってWatson をお気軽に試します

F79ad12f0ba5deb7810caf93bcdc18f9?s=128

Kakimoty-Field

September 24, 2020
Tweet

Transcript

  1. Node-RED でつなぐ Watson 2020-09-24 Kakimoty-Field

  2. 自己紹介 柿本 大地 IBM Champion 2020 Cloud Kakimoty_Field kakimoty.field Kakimoty-Field

  3. 資料などのURL ▪ 出席確認URL (IBM Cloud アカウントをお持ちの方) ・ https://ibm.biz/Bdq9H5 ▪ 手順書URL

    (github) ・ https://bit.ly/3cpTXPW ▪ このスライドURL (connpass イベントページ) ・ https://ibm-developer.connpass.com/event/187961/
  4. 講習の準備 (推奨) •IBM Cloud ライト アカウント作成 (3分程度) 完全無料!!クレジットカード不要!!! •Node-RED 環境準備

    (5分~10分) あらかじめ、Node-RED 環境を IBM Cloud に準備してもらうと Watson の操作を一緒に体験できるかと思います。 (IBM Cloud ログインURL) https://ibm.biz/Bdq9H5 (準備URL) https://bit.ly/3cpTXPW
  5. 今日の目的とゴール • Watson の概要(翻訳、音声、画像認識)を理解する 目的 • Watsonから、どのような結果が得られるのかを体験する ゴール (IBM Cloud

    ログインURL) https://ibm.biz/Bdq9H5 (準備URL) https://bit.ly/3cpTXPW
  6. 今日の取り扱いツールなど ▪ Node-RED ▪ Watson Language Translator ▪ Watson Text

    to Speech ▪ Watson Visual Recognition (IBM Cloud ログインURL) https://ibm.biz/Bdq9H5 (準備URL) https://bit.ly/3cpTXPW
  7. Node-RED • Node-REDはハードウェアデバイス、 APIおよびオンラインサービスを新しく 興味深い方法で接続するためのツー ルです。 • ブラウザベースのエディタによってパレッ トに並ぶ多種多様なノードを結びつ けて用意にフローを作成でき、さらに

    シングルクリックで実行環境にデプロイ することができます。 (Node-RED UserGroupJapan より) [https://nodered.jp/] (IBM Cloud ログインURL) https://ibm.biz/Bdq9H5 (準備URL) https://bit.ly/3cpTXPW
  8. Node-RED デモ https://bit.ly/2FVr6qZ

  9. Watson

  10. Language Translator • 過去数十年にわたるIBMの研究の成果である統計的機械翻訳技術とニューラル・ネッ トワークを利用して、会話・ニュース記事・特許文書といったドメインに最適化した翻訳 機能を提供します。 • カスタム辞書を登録してご利用いただくことや、機械学習により固有のユースケースに合 わせたカスタム翻訳モデルを作成してお使いいただくことも可能です。 (IBM

    サイト より) [https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/watson-language-translator/]
  11. Text to Speech • テキストから人間のような音声を合成できます。 • 複数の言語やトーンでユーザーとやり取りでき、顧客体験とエンゲージメントの向上をサ ポートします。 • ユーザーがそのレベルに関係なくコンテンツにアクセス

    アクセスできたり、不注意運転をしな いように音声オプションを提供したり、あるいは効率性向上のためにカスタマーサービスを自 動化したりできます (IBM サイト より) [https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/watson-text-to-speech/]
  12. Visual Recognition • 画像コンテンツに含まれる意味を検出します。 場面、目的、内容などについて、画像 を分析します。既製のデフォルト・モデルを選択するか、独自のカスタム種別を作成しま す。 • イメージやビデオ・フレームの画像コンテンツを解析し、何が起こっている場面なのかを 理解するためのスマート・アプリケーションを作成します。

    (IBM サイト より) [https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/watson-visual-recognition/]
  13. (宣伝)TJBot / TJBot zero • IBM US Research が、楽しく AI

    を学んだり実 験するために展開したDIY テンプレート • RaspberryPI と段ボールで作られたロボット • プログラミングは Node-RED • AI部分は Watson ファンコミュニティーも! https://tjbotfan.tokyo/ (IBM サイト より) [https://www.research.ibm.com/tjbot//]
  14. 終わり