RedHat_Insights_Whatis

C5fb840ed173bd016d543163af340d91?s=47 OMO
September 24, 2019

 RedHat_Insights_Whatis

(仮)RHEL8, Red Hat Insights Tech Seminar での資料です。
(16:50〜17:30 Insights Tips (SIOS))
https://sios.connpass.com/event/143809/

C5fb840ed173bd016d543163af340d91?s=128

OMO

September 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. RHEL 8 Red Hat Insights Tech Seminar Insights Tips SIOS

    Technology 面 和毅
  2. Red Hat Insights 使ってる?

  3. Red Hat Insightsは システムヘルスチェック+薬もくれる お酒飲みすぎ ですよー ここを改善 しましょうね ここを改善 しましょうね

  4. システム登録も簡単!!

  5. システムの登録 1. 登録したいシステムのターミナルで、root権限 で”subscription-manager register --auto-attach”を実行 し、subscriptionの情報を登録します。

  6. システムの登録 2. root権限で“insights-client --register”を実行し、システムを Red Hat社の insightsに登録します。

  7. ほら!こんなに簡単! ・最初から付いてくるんだし ・ヘルスチェック勝手にやってくれるし 寧ろ使わない手はない!!

  8. Red Hat Insights で、何が嬉しいの?

  9. システムの詳細情報が見れるよ

  10. None
  11. None
  12. None
  13. 個別のシステムの危険な所が見れるよ (パッケージ)

  14. None
  15. 緩和策(あれば)の提示

  16. 個別のシステムの危険な所が見れるよ (設定)

  17. None
  18. わざとこうしたら怒られた

  19. インストールしてる危険なパッケージの 情報が見れるよ

  20. None
  21. コンプライアンス違反も見えるよ (別途OpenSCAPとの連携が必要)

  22. None
  23. None
  24. 個別のシステムだけじゃなくて

  25. 全体のシステム状況が見れるよ

  26. None
  27. ルール毎にヒットするシステムが見えるよ

  28. None
  29. None
  30. None
  31. Red Hat Insights 見えるだけ?

  32. 直し方も教えてくれるよ(設定)

  33. None
  34. None
  35. Ansible Playbookも作ってくれるよ

  36. Ansible とは? ©2019 SIOS Technology, Inc.


  37. Ansible とは? ©2019 SIOS Technology, Inc.


  38. None
  39. None
  40. None
  41. Remediations(改善策)に保存される

  42. None
  43. Red Hat Insights 詰まる箇所ある?

  44. Tips 1. Proxyサーバその他の設定 ※ Proxyが必要?認証が必要?それなら /etc/insights-client/insights-client.confを 修正しましょう!

  45. None
  46. Tips 2. Network疎通に気をつけよう HTTPS アップロード (PUT) 疎通確認(10秒タイムアウト)

  47. None
  48. Tips 3. 見せたくないもののフィルタ ホスト名を隠す / IPアドレスを隠す /etc/insights-client/insights-client.conf センシティブで見せたくないもの /etc/insights-client/remove.conf

  49. None
  50. None
  51. None
  52. Tips 4. 実はDaily動作はcronじゃない

  53. Tips 5. 時々WebUIが改善(新機能)

  54. Red Hat Insights まとめ

  55. ほら!こんなに簡単! ・最初から付いてくる ・ヘルスチェック勝手にやってくれる ・直し方まで教えてくれる ・直すためのAnsible Playbookを作ってくれる ・社外に見せたくない情報はフィルタできる ・WebUIの改善で見えるものが増える 寧ろ使わない手はない!!

  56. Questions?